”食”の販売促進メモ
おいしさが伝わる表現レシピ 04「 ”高級だけど気軽”な ジョンソンヴィルソーセージ 」

こんにちは。食の販売促進アドバイザー、山梨若菜です。 お客さんは高級な商品には手を出しづらいもの。 しかも、安さ・お得感がテーマのスーパーだったら、なおさら高級なものはハードル高すぎて見向きもされない。 ・・・いやいや、そうでもないんですよ! みなさん「ジョンソンヴィル」っていうソーセージご存知ですか?

”食”の販売促進メモ
買うのは今!

こんにちは。食の山梨若菜です。 このレトルトカレー、おいしいです! 最近ふとしたキッカケがあって買ったのですが、おいしくてリピートしてしまいました。 「にしきや」さんの「レモンクリームチキンカレー」。 レモン味のカレーな […]

”食”の販売促進メモ
ローソン まるまるTAMAGOサンドを食べて考える。

こんにちは。食の山梨若菜です。 最近のローソン、遊びゴコロがあっておもしろい商品が多くないですか? こちらは↓昨日つい買ってしまったローソンのサンドイッチ。 「まるまるTAMAGOサンド」 たまごサンドにハチミツとクリー […]

”食”の販売促進メモ
おいしさを伝える表現レシピ 03「食べられない!けどおすすめの商品 → どうする?!」

みなさん、嫌いなたべものってありますか?これは絶対食べられない!ってたべもの。 私はなんでも食べますが、唯一これはダメだと思ったのが、中華料理のピータンですね。 あの独特な見た目と匂いが・・・(^^; もしも私がピータンの商品紹介をするとなったらきっと困るでしょう。 なにせひとくちもたべられないわけですから。味の説明もなにもあったものではない。

”食”の販売促進メモ
おいしさが伝わる表現レシピ 02「”味の違い”は自分の感想で伝えよう!」

こんにちは。食の販促アドバイザー、山梨若菜です。 私は昔、お茶の専門店で少しだけ働いたことがありました。 お茶の世界はワインやコーヒーに似ていて、とにかく味の表現がとても難しいんです! 微妙な違いをお客さんにも説明しなきゃならない。 そのために、スタッフは一生懸命に試飲をして味を覚えていきます。

”食”の販売促進メモ
おいしさを伝える表現レシピ 01「商品を知るための基本。まず食べてみる」

こんにちは。食の販促アドバイザー、山梨若菜です。 たべものにおける商品紹介は、なによりもまず、自分で食べてみることが大事。 お客さんに「これどんな味かしら?」って聞かれたときにも、自分で味を知っていれば自然に答えることができてとてもスムーズ。 たとえ商品数が多い場合でも、せめて”おすすめ商品”や”お店の看板となるメニュー”などは積極的に食べていきましょう。

”食”の販売促進メモ
商品のミリョクをわかってくれる人に持っていく

こんにちは!食の山梨若菜です。 新聞記事から紹介。 ちょっと変わったノンアルコールカクテルが登場しましたよ! 日経MJ 2020年9月4日(金)号より スパイスや果汁などで風味づけされていて、ベースはお茶だそうです。 フ […]

「売れる言葉」の知恵袋
卵焼きじゃない 卵おかず

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。 今日の“言葉”はこちら!(≧∇≦)/ 【 卵焼きじゃない 卵おかず 】(オレンジページ 2019年 4月17日号) 卵でつくるおかずといえば、「たまご焼き」しか作れないワタシに […]

「売れる言葉」の知恵袋
【売れる言葉のうらばなし】お土産物のPOP、こうして作りました

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。 今日は、「ことのは塾」が以前作らせていただいた“店頭POP”について少し解説をさせていただきたいと思います (*´ェ`*) 静岡・焼津で有名な「カネヨ」さんが作っている、さばの […]