おいしさが伝わる表現レシピ ~ 第17号「干物屋さんの活気がおいしさを演出」


飲食店さん・食品小売店さんなど、”おいしいもの屋さん”のための商品紹介アイデア。
~ おいしさが伝わる表現レシピ

第17号「干物屋さんの活気がおいしさを演出!」


こんにちは!食の販売促進アドバイザー 山梨若菜です。

景気の悪いニュースがどうしても入ってきてしまう昨今ですね。

そんな中、ある干物屋さんが、新聞記事の取材に答えていた内容が元気でとても良かった!

「2020年の年末は節約志向の人が増えると予測されていますがどう思いますか?」

という質問に、こう答えていたのです。


「今年は外食をしたりせず、家でゆっくりおいしいものを食べたいと思う人が増えると思います。

おいしい魚で年末を過ごしたい人が多いはず。

おいしい魚って言えば干物でしょう!

うちの干物は特別おいしいですから、よい年末が過ごせますよ!」



なんとも景気の良い回答です!(≧▽≦)

ここの干物屋さんの干物は、きっとおいしいだろうなぁ~と。

なんとなく干物食べたくなってしまった!

”年末のおいしい魚”と言われて、干物を思い浮かべる人、どれくらいいるかわからないけど・・・

(正直、私は思いつかなかったけど・・・(^^;)

「おいしい魚って言ったら干物!みんなおいしい干物を年末に食べたいはず!」

という発想は、特別においしい干物をつくっている人だからこそ言えるような気がします。


実際のところ、この干物屋さんだってもしかしたら大変な状況かもしれないけど、それでも、

「うちの干物は特別おいしいから、今年も売れるぞ~!」

って思っていたほうが、結果的に良い!


自信をもってお客さんにアピール → 元気な印象が活気になり、おいしそうな感じ! → 干物買うお客さん増える!

という風に、企業さんの元気が”おいしさ”を引き立てることになるのです。

逆に、元気がない感じを見せてしまうと、良いものを作っていても、なんとな~く活きが良くない、新鮮じゃない、おいしそうじゃない感じが出てしまう。

これは食品には、より大きく差が出てくるものではないかと思います。

”おいしそう”は元気や活気とも関係しているからです。

よ~し!元気にやっていきましょう!

—おわり。

★ 食の販売促進アドバイザー 山梨若菜(山佳若菜)


メール:wakana@startkotonoha-juku-co-jp







「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください