おいしさが伝わる表現レシピ ~ 第20号「ガッツリ系ごはん屋さんのポリシー」


こんにちは!食の販売促進アドバイザー 山梨若菜です。

近所にオープンした「松のや」さんの「チーズトマト厚切りロースカツ定食」がおいしくて、ここ最近でもう2回食べています。

カツの上にトマトソースとチーズがかかっているんです。

けっこうしっかり大きめのカツで、ご飯もたっぷりめ。ボリューミーなガッツリ系ご飯!

毎日じゃないけど、たまに「がんばったな~」っていう日に食べたくなるんですよね。


こういうガッツリ系ご飯のお店、増えた気がします。

店内は飾り気のない質素な感じで、お昼になるとサラリーマンや工事関係のおじさん方がいっぱいになっているような。

カロリーが高そうだけど、元気出そうなメニューが揃ったお店。

牛丼屋さんやラーメン屋さんが今までそのポジションとして大きかったですが、

最近の牛丼屋さんやラーメン屋さんは、女性のお客さんも想定したサービスになっています。

女性も入りやすいし、気兼ねなくひとりでも食事ができる。それもいい!

・・・それもいいんだけど、ガッツリ系に振り切ったご飯屋さんも私は大好きです。


はじめのうちは働く男性たちが食べにくるようなガッツリ系ご飯の店だったのに、

女性のお客さんも来るようになると、方向を変えていくお店が多いです。

小盛りやヘルシーメニューを用意したり、美しく食べられるよう工夫をしたり、店内を飾ったりとか・・・

そうなってしまうと、私はちょっと残念。

”ガッツリ系”の雰囲気が薄まってしまう感じがするのです。


お店の方としては、女性のお客さんへの配慮をしてくれているんだろうな~

でも、実は”働く男性向け”のままでも、そのガッツリ系ご飯を食べたい女性のお客さんはたくさん来るのです。

むしろ、女性客向けに配慮したサービスにしていくほど、その”ガッツリ系ご飯を食べたい女性客”は減ってしまうかも。

小盛りやヘルシーメニューを好む女性は、もっとオシャレでヘルシーな料理があるレストランに流れて行ってしまう。

お店の方向性がブレてしまうと、いままでの働く男性たちも居心地が悪くなって来なくなってしまうかもしれません。

なので、やっぱりガッツリ系ご飯やさんは、しっかり振り切って、そのポリシーを守ったほうがいい!と私は思うのですよ。


振り切ってるお店は、お客さんからの共感度が高いです!

コアなファンがついて、SNSでも話題になりやすくなるから、さらにお客さん増えていく。

お客さんに配慮するのも大事、でもポリシーも大事ですね~

みなさんはどう思いますか?



—おわり。


食の販売促進アドバイザー 山梨若菜(山佳若菜)

★メール
wakana@startkotonoha-juku-co-jp

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください