いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ。Apple創始者 スティーブ・ジョブズ

 

— iPhoneを世に出したスティーブ・ジョブズは、このように言っています。

あれほど秀逸で、デザインも優れ、他に無いような製品でさえ、「伝えなければ、ないのと同じ」

いくら良い商品であっても、その存在や特長を人々に知らしめなければ、ただただ埋もれてしまう・・・。

これはとても恐ろしいことではないでしょうか?

 

世の中には数多くの「良い商品」「素晴らしいサービス」が存在します。

しかし、その存在をまだお客様はご存知ないかも知れません。

 

あなたの商品、あなたが提供しているサービスが“良いもの”であるのなら、ぜひそれを“言葉”にして伝えていきましょう。

 

最善の“コツ”は、「自社商品の“ほめ言葉”を数多く知ること」

 

自社商品をちゃんと“ほめる”ためには、

・ 自社商品を様々な方向から見て、“魅力”を再発見するチカラ(視点)

・ その魅力を“言葉”で伝えるチカラ(ボキャブラリー)

が大切です。

 

「ことのは塾」は、あなたの商品の“魅力”をうまく見つけための“視点”や、それを伝える“言葉”を数多く紹介しています。

ぜひこの“言葉のノウハウ”を活用して、あなたの商品・サービスでもっとたくさんのお客様を笑顔にしてあげて下さい!

 

代表  山梨 栄司

 

【 自社商品の魅力を“言葉”にするセミナー/講演が人気です 】

— 「ことのは塾」一番人気のメニュー「講演・セミナー」

 

小さなお店の「店内研修」から、大きな企業の「新入社員研修」、商工会議所にお招きいただいて「地元の企業・店舗向けの講演」を行ったり、県庁など自治体が行う「地元産業の活性化」のためのセミナーを担当させていただくなど、幅広い業種、様々な規模の講演を開催させていただいております。

 

 

皆さんのご希望は、やはり「商品やサービスをもっと多くのお客様に知ってもらいたい」というもの。

そのために、商品の魅力を正しく伝える“言葉”を学びたい、というものでした。

もしあなたがこのようなご希望をお持ちなら、ぜひ“自社商品の“ほめ言葉”を知るセミナー”の開催をご検討下さい。

参加された方が、「ウチの商品って、こんなに良いものだったんですね」と“笑顔”になること、間違いありません!

そして、それはお客様にも必ず伝わりますので、売り上げアップブランド力アップといった“結果”にもつながっています。

・・・

『 自社商品の“ほめ言葉”セミナー 』~詳しい内容は、こちらのページで紹介しております。

◆【「ことのは塾」の講演/セミナー 】について詳しく知りたい

◆ これまでの“講演実績”を見たい

全国各地で好評を頂いております、「ことのは塾」の勉強会。

「良い商品が、ちゃんと売れるように・・・」

“言葉のチカラ”を活用するためのノウハウをDVDに収録いたしました。

『社内勉強会に使っています』という会社やお店も多く、そのノウハウを使って「お客様が増えました!」、「売上が上がりました!」という嬉しいご報告もたくさん寄せられています。

“お客様の声”の使い方や、“キャッチコピーの作り方”など、実に様々な“言葉のノウハウ”が揃っています。

ぜひ、こちらのネットショップをご覧になってみて下さい!

 

メールマガジン“自社商品のほめ言葉”が満載です!

「このとっても良い商品を、ぜひお客様におすすめしたい!」

社員さんやスタッフさん、協力会社さんが、そのような前向きな気持ちであなたの商品をオススメしてくれたら・・・お客様もきっと期待して買ってくれるに違いありません。

逆に、「どうも自社商品に自信が持てないんだよなぁ・・・」という気持ちで営業活動をしても、いい結果には結びつかないでしょう。

お客様と良い関係を持つためには、まず自分たちが“商品愛”を持つことが大事。

そして、それを“文字”や“言葉”にして発信していくことが大事。

「ことのは塾」は、これまでの業務の中で、実に20,000時間以上、“商品をほめる”ことをしてきました。

その実務経験の中で蓄積された「自社商品のほめ言葉」をここに公開いたします!

購読はもちろん“無料”。

ブログには載らない、メルマガだけの情報も掲載していきます!

お申込みはこちらのページからどうぞ!

「ことのは塾」のブログ ~ 毎日、更新中!

【自社ほめ】~ “あなたらしさ”を演出します

誰にでも「ここは特にチカラを入れたい!」ということってあります。 誕生日やデートの日など、“特別な日”には、いつもよりヘアスタイルやファッションにチカラを入れてみたり・・・ とても大事なお客様へのプレゼンの時には、いつもより資料作りを念入りにしてみたり。 そういった“特別”を応援することができる商品・サービスは、ぜひそこをアピールしていきましょう!

【自社ほめ】~ “特別”を演出します

誰にでも「ここは特にチカラを入れたい!」ということってあります。 誕生日やデートの日など、“特別な日”には、いつもよりヘアスタイルやファッションにチカラを入れてみたり・・・ とても大事なお客様へのプレゼンの時には、いつもより資料作りを念入りにしてみたり。 そういった“特別”を応援することができる商品・サービスは、ぜひそこをアピールしていきましょう!

【自社ほめ】~ 新しい商品はココが違います!

「 周りの人とは趣味が合わなくて… 」 「 こういうマニアックなモノが好きって、あんまり周りには言えないんです… 」 と、そんな風に思っている人の中には、 「同じものが好きな“仲間”が欲しい!」 「好きなものについて、同じ熱量で話せる友達が欲しい!」 と思っている人も少なくないでしょう。

【自社ほめ】~ あなたを“ひとり”にしません!

「 周りの人とは趣味が合わなくて… 」 「 こういうマニアックなモノが好きって、あんまり周りには言えないんです… 」 と、そんな風に思っている人の中には、 「同じものが好きな“仲間”が欲しい!」 「好きなものについて、同じ熱量で話せる友達が欲しい!」 と思っている人も少なくないでしょう。

【自社ほめ】~ “ひとり”でも大丈夫です!

「 おひとり様 カラオケ 」、「 おひとり様でも入りやすい焼肉店 」など、 “おひとり様向けサービス”が増えてきています。 面白いのは、そういったサービスが ・ ひとりでも“寂しくない”ですよ、という主張をするのではなく、 ・ ひとりだからこそを楽しみましょう! というアピールをしていること。

【自社ほめ】~ あなたを“ひとり”にします

現代は携帯電話でどこでもつながれるようになったこともあり、なかなか “本当のひとりの時間”が取りにくくなっています。 他にも、「ずっとSNSが気になってしまう」という“SNS疲れ”も、多くの人が 感じていることでしょう。 そんな状況だからこそ、「ひとりの時間」が今、貴重なものになってきています

【自社ほめ】~ 日本(人)に合わせました

「 日本人の好きな、淡いイメージで作りました 」 「 日本の風土に合う家にしました 」 「 日本人が“懐かしい”と感じるような味に整えました 」 「 日本人の標準的なサイズで作りました 」 「 日本人の肌質に合わせたエステです 」 ・・・など、自然と“日本人”に合わせているコトもきっとあるでしょう (*^^*) あなたの商品・サービスが“日本”に合わせているコトは何ですか?

【自社ほめ】~ あまり知られてはいませんが・・・

「あまり知っている人はいないけれど、実はウチの商品、○○なんです」 そんな、“知る人ぞ知る”、あなたの商品の良いところってありませんか? 「 あまり知られてはいませんが、県内ではこのお店だけなんです 」 「 あまり知られてはいませんが、人工甘味料は一切使っていないんです 」

【自社ほめ】~ 男性/女性、“限定”しません!

「男女差別をなくしていこう」 そう言われるようになった昨今、商品やサービスも「男性向け」、「女性向け」という“くくり”が取り払われているように感じます。 ・ 女性がひとりで入りやすいような工夫をしている居酒屋 ・ 男性客が入りやすいネイルサロン ・ 男性用の「化粧品」 ・ 女性用の「トランクス」 のように、男女の垣根はだんだん取り払われてきています。

【自社ほめ】~ “初心者”にやさしい○○です

世の中には日々、新しいものが生まれています。 新しい仕事、新しい趣味、新しいスポーツ、新しいアプリ、新しい言葉・・・ 新しいモノ・コトが次々に生まれている…ということは、それだけ“初心者”も生まれている…ということになります。 “初心者対応”がしっかりしているということは、他社に比べて、大きな アドバンテージ。

【自社ほめ】~ “シニア”にやさしい○○です

2025年には、3人に1人がシニア(65歳以上)となる、わが日本。 お店や商品、サービスにも「シニアにやさしい」ことが求められるようになってきています。 「朝が早くて、夜も早い」、「目がよく見えない」、「人生経験が豊富」・・・ そんな特徴を持つシニアのお客様・・・あなたの商品・サービスはどんな風に 対応していきますか?

PAGE TOP
MENU