『コレを買おうと思った“キッカケ”は○○でした。』

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

今、注目されている商品説明を「物語」=“ストーリー”で語ろうという伝え方。前回は「どんな人が買う?」ということを考えていただきました。

2回めの今回は、「それを買おうと思った“キッカケ”」について考えてみましょう。

どんな商品、サービスであっても、「それが欲しいと思ったキッカケ」となる出来事があるはず。

『友人にバンドに誘われて、20年ぶりにギターを買いました』

『店頭で見かけた食器のデザインが“どストライク”で。すぐに買っちゃいました』

『去年のブーツが入らなくて…脚のダイエットに通い始めました…』

などなど。

この「キッカケ」というもの、深掘りして考えると、“2つの段階”があることが多いようです。

1つめは、「それが気になった理由」

そしてもうひとつは、「買おうと決意した“発火点”」

文例の『友人にバンドに誘われて、20年ぶりにギターを買いました』という人は、おそらく突然ギターを買ったわけではないでしょう。

「楽器、演奏するの楽しいんだよなぁ。昔、ちょっとだけやったことがあるんだよなぁ。また再開しようかなぁ…」と思っていながらも、なかなか最後の一歩を踏み出せない。

でも、「友人にバンドに誘われた」ことをキッカケ(=発火点)にして、またギターを始めた。そんなエピソードが内側にはあるのではないでしょうか?

あなたの商品やサービスも同じように、① 気になっている理由、② 発火点があるはず。それを想像してみましょう!

まずはこちらのテンプレートをご覧ください。

あなたの商品やサービスなら、この中にどんな言葉が入りますか?

A)の理由で「○○(商品名)」が気になっていました。

B) こんなコトがキッカケで買いました。

◆ 『 引っ越しをしたので、食器を新しいモノに変えたいとずっと思っていました。ふと立ち寄った店頭で見かけた食器のデザインが私の好みに“どストライク”。すぐに買っちゃいました』

◆ 『 ちょっと脚がむくみやすくなってきたなぁ…って思ってはいたんです。ネットでそういう記事が目に入ったりして。なんとなく先延ばしにしていたんですが、去年のブーツが入らないことに気づいた時に…ダイエットに通おうと決心しました…』

このような「①気になっていた理由」と、購入を決心する「②“発火点”となった出来事(キッカケ)」が、どんな商品やサービスにもあるのではないでしょうか?

【 (例) 湿度調整をしてくれるエアコン】

① 気になっていた理由

--- エアコンをかけて寝ると、すぐにノドをやられてしまう…。でも、暑いと寝られないし…。湿度を下げすぎないエアコンがあることを知って、気になっていた

② 発火点となったキッカケ

--- 今年最初の「夏日」だとニュースで知って、「今年の夏は快適に過ごしたい!」と思った


このような「気になっていた理由」と「発火点となったキッカケ」を、“あなたの商品・サービス”でも考えてみましょう

① 気になっていた理由

--- お客様があなたの商品が気になっていた理由はなんでしょうか?

「同じようなモノを持っていたけれど、使えなくなってしまった」からでしょうか?

個人的な、あるいは職場の「悩みを解消してくれそう」だったからでしょうか? 「」

それともあなたの「好みに合っていた」から気になっていたのでしょうか?

「友人が使っていた」「家族が欲しいと言っていた」などの理由もありますね。

「雑誌やテレビで紹介されていた」、「ネットで話題になっていた」というのも、気になる理由としては大きいでしょう。

あなたの商品は、どんな理由で「気になる」存在だったのでしょうか?

② 発火点となったキッカケ

--- ただの「気になるモノ」を、「それ欲しい!」、「買おう!」、「今、買わなきゃ!」と購入に踏み切らせた“キッカケ”は何なのでしょうか?

ダイエットのキッカケのように「必要だと思い起こさせる出来事」があったのでしょうか?

納期締切など、「どうしても必要なタイミングが来た」のでしょうか?

「安売りをしていた」ことがキッカケになることも多いでしょう。

「閉店や販売終了が決まって慌てて買った」というモノもあるかも知れませんね。

「展示会で実物を触った」「友人が持っているものを使わせてもらった」といったように、実際に使ってみたことがキッカケになることも多そうです。

誕生日、母の日、お正月など、「何かの“日”」が購入のキッカケになることもありますね。

・・・

あなたの商品やサービスは、どのような「理由」で、お客様にとって気になる存在になっているのでしょうか?

そして、実際に買ってくれたお客さまは、どのようなことが「キッカケ」となって、購入に踏み切ってくれたのでしょうか?

これらのエピソードは、「これから買おう」としているお客さまにとって、とても共感できる情報になります。

特に、そのエピソードと同じような理由で気になっている方は、「自分と同じような境遇にいる人が買っているんだな」と思って、その商品・サービスに親近感を抱くようになるでしょう。

そして、同じようなキッカケに出会ったとしたら、きっと購入を強く意識するでしょう。

「こんな理由で気になっていました」

「こんなキッカケで購入しました」

これらのエピソードをぜひアピールしてみて下さい!

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください