Q. 店員さんのオススメはなんですか?


店員さんのオススメはなんですか?

飲食店やお惣菜屋さんに行くと、店員さんの名札に「わたしのおすすめメニュー」が書いてあることがあります。

そんな風に“店員さんのオススメ”があると、やはり気になりますよね。

とあるカーテン屋さんでは、スタッフそれぞれのオススメをホームページやチラシに掲載しているそうです。

店員さんのおすすめはどのカーテンですか?

お店で働くスタッフに、それぞれの“おすすめカーテン”を聞いてみました!

◆ 接客担当の佐藤のおすすめは、遮光カーテン「ネイション」シリーズです。私はちゃんと暗くないとよく眠れない方なので、「ちゃんと真っ暗になってくれる」この遮光カーテンが大のお気に入りです。

◆ 仕入担当の山田のおすすめは「アーバングレイス」シリーズのエンジ色のカーテンです。家で妻とお酒を飲む時間が好きなのですが、この色と風合いのカーテンがあると、いつもの食卓も少し良いレストランのように思えてきます。

◆ 黄色が大好きな私は、「サンアンドパーク」社の黄色のカーテンが大好きです。他のメーカーさんより、少しだけ深み(?)のある黄色なので、黄色好きの方はぜひ見てみて下さい!

このように“それぞれのスタッフさんのオススメ”が書いてあると、それだけでバリエーションに富んだ商品紹介ができますね。

ポイントは、「私はこういう人なので、これが好き(オススメ)」という“自己紹介”の部分が入っていること。

その方の人となりを少し書き添えるだけで、「あ、私と同じような境遇だ」と共感を覚えたり、「私と同じような趣味の人は、どんなモノをオススメしてるのかな?」と興味をそそられたりします。

(あまり難しく考える必要はありません。「黄色が好き」といった、個人的な好みだって立派にその商品が好きな理由になります!)

・・・

おすすめの中でも、「私も使っています!」は特に強力なオススメ言葉になります。

例えば、とある輸入食材店では、こんなQ&Aを書いています。

店員さんが自宅でも使っている調味料はどれですか?

私が自宅でも使っているのはコレです!

ヨシダが自宅でも使っているのはタイの「グリーンスパイス」です。少々、辛味が強いのですが、辛い本格的なアジア料理が大好きなので、使いすぎないようにと思いながらも、魚料理やサラダにいつもかけています

こんな風に「使い方」を具体的に挙げると、お客様も使い方のイメージがしやすいですね。

美容師さんが自宅でも使っているシャンプーはどれですか?

わたしは「No.6」シャンプーと「M.C.」コンディショナーを一緒に使っています

ワタシが使っているのは、アリシアの「No.6」シャンプーと、同じブランドの「マイルド・コンディショナー」を組み合わせて使っています。

この組み合わせにすると、さらさらが長持ちするんですよ。夜8時以降のお客さまがいらっしゃる日も、最後までさらさらが続いています

このように「これと一緒に使っています」といった“組み合わせ”を示してあげると、お客さまも参考にできますね。

・・・

あなたのお店・会社のスタッフさんのオススメは何ですか?

店員さんのオススメはなんですか?

『私の“個人的オススメ”は○○です』

『私が“自宅でも使っているのは○○です』

『私は○○を△△と一緒に使っています』

店員さんや社員さんのオススメは、バリエーション豊かに商品紹介ができるのでオススメ。

その方の“人となり”を伝えることで説得力が増します。

具体的な「使い方」や、「組み合わせ」を見せるのもGoodです!

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司


--- 「ことのは塾」が20年かけて集めてきた“商品紹介文のノウハウ”を、オンライン教室で公開しています!

講座ラインナップはこちら!

オンライン教室
【無料】2021/08/19 14:00~「よくある質問」ページの上手な使い方
オンライン教室
【無料】2021/07/21 14:00~ツカミの達人!キャッチコピーのつくり方(2)
オンライン教室
【無料】2021/07/07 14:00~「お客さまの声」の描き方
オンライン教室
【無料】2021/06/23 14:00~欲しくなる商品紹介文の書き方講座

・・・

各講座には【実践の時間】があり、その場で自社商品の紹介文を書いていくんです!

これまでの講座には、全国各地からたくさんの方にご参加いただき、たくさんの“商品紹介文”が出来上がりました (*^^*)

この時代だからこそウケる“商品紹介文”の書き方を知りたい方は、ぜひいらっしゃって下さい!

あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください