Q.なぜ長年愛され続けているのですか?


なぜ長年愛され続けているのですか?

「愛され続けて60年」、「長年のご愛顧をありがとうございます」…こんなフレーズを聞いたことはないでしょうか?

長く続けるということがいかに難しいか、ベテラン社会人の方ならわかる人も多いでしょう。

しかし…一般のお客様がその価値を正しく理解してくれているかというと…意外とそうでもない…のが現実ではないでしょうか。

歴史を重ねてきたということには、もちろん大きな価値があります!

それを知ってもらうためにもこんなQ&Aを作ってみましょう。

和菓子店として100年以上も愛されているのはなぜですか?

この点は100年経っても変わりません

「おいしい和菓子を楽しんで召し上がっていただく」それが創業以来の私たちの使命です。

そこは100年経っても何も変わりません。

しかし、時代の流れに即して、変えるべきところは柔軟に変えてきています。

洋菓子の材料を使うことに挑戦したり、通信販売に取り組んでみたり、外国人の方の味覚に合う和菓子を開発してみたり…そういった“挑戦の姿勢”もお客様に認めていただいているのではないでしょうか。

長年続いている企業・店舗は、このような「変わらないこと / 変わっていくこと」の両方を持っていることが少なくありません。

しかし、そのようなことは商品を見ただけでは伝わらないことも多いでしょう。

Q&Aのカタチを借りて、ぜひその奥底にある理念を伝えていきましょう。

・・・

長く続けてこられたのは「人に恵まれていたから」という会社やお店も多くありますね。

ヤマダ板金工場が50年以上、地域に愛されてきたのはなぜ?

長く愛されてきた“理由”は、ひとえに「人」だと思います

ひとえに“人に恵まれた”からだと思っております。

私たちを信頼して仕事を預けてくれた地域の企業様、「地域防災のため、こんなモノが欲しいんだけど」とご要望を教えてくれた地域自治会の皆さん、「あなたの会社はこんなところがいけない」と愛ある叱咤をして下さった取引先や金融機関の皆さん…そういった方たちのおかげで今があると感じています。

そして“従業員”にも私たちは恵まれました。熟練の技術者、それを支える事務員、熱意を持って駆け回ってくれる営業部隊…一人として欠けていたら、この会社は無かったと思います。

これからも“人”を大切にして、100年、150年と精進していきたいと思います。

こういった“人”を大切にしているという企業の姿勢は、リクルート時などにもプラスポイントになりそうですね。

・・・

なぜ「お米の宅配」は、長年愛され続けているのですか?

20年、「家族においしいものを食べさせてあげたい」という“想い”を大事にやってきました

お米の宅配は、おかげさまで20年目に入りました。

愛され続けているのは、「家族においしいものを食べさせてあげたい」という、人間の本質があるからではないでしょうか?

米農家であった創業者の父、重治も「家族にはおいしいものを食べさせたいよなぁ。そう思うのは自然なことだよなぁ」といつも言っておりました。

私たちはこれからもその自然な想いをたいせつに、「家族に食べさせたい、おいしいお米」をお届けしてまいります

このように「どんな“想い”を持って長年、やってきたか」を伝えることは“ファンづくり”にもつながっていきます。

ただ、その商品が好きというだけでなく、それを作っている人、それを売っている人、その会社やお店の“理念”に“共感”した時に人はその商品や会社のファンになるのではないでしょうか。

なぜ長年愛され続けているのですか?

『長年愛されてきた”理由”は、○○だと思います』

『○年、・・・という“想い”でやってきました』

『この点は、○年経っても変わりません』

長く続けるために大切にしてきたこと…それを伝えることで、ファンをさらに増やしていくことができます。

長く続けてこられた理由や背景、理念をぜひ伝えていきましょう

— 「ことのは塾」 山梨 栄司


--- 「ことのは塾」が20年かけて集めてきた“商品紹介文のノウハウ”を、オンライン教室で公開しています!

2021年6月の講座ラインナップはこちら!

◆ 2021年 6月 10日 (木) 14:00~16:00

『欲しくなる 商品紹介文の書き方 勉強会』 【無料】

2021年 6月 17日 (木) 14:00~16:00

『ツカミの達人! ~ キャッチコピーのつくり方』【無料】

2021年 6月 23日 (水) 14:00~16:00

『欲しくなる 商品紹介文の書き方 勉強会』【無料】 ※ 6/10と同内容です

・・・

「商品紹介文の書き方 勉強会」は、

・ 今の時代に合った“商品紹介文”とは?

・ どんなポイントに気をつけたら、効果的な紹介文になる?

・ 具体的な書き方のコツは?

といった、“基本”の内容をお話しています。

5月に開催したところ、大変ご好評をいただきまして、6月にも同じ内容で開催させていただくこととなりました。

一度参加された方から「面白い」、「わかりやすい」、「実際に商品紹介文が書ける」などのクチコミを聞いて参加される方も多く、前回は“満席”となりました(≧∇≦)/

・・・

その講座には、全国各地から25名の方にご参加いただき、たくさんの“商品紹介文”が出来上がりました (*^^*)

( 時間内に【実践の時間】があり、その場で自社商品の紹介文を書いていくのです! )

この時代だからこそウケる“商品紹介文”の書き方を知りたい方は、ぜひいらっしゃって下さい!

あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください