Q.いくらで販売していますか?


いくらで販売していますか?

何かの商品を買う時、機能や品質もさることながら、“価格”は最も気になるトコロではないでしょうか。

それゆえにお客様とトラブルになりやすいのが”価格の表記”でもあります。

商品紹介文の中にしっかり価格を書いてあったとしても、

「値段がわかりづらかった」

「注文した後に料金がわかった。その値段だったら注文していなかった」

といったようなクレームが入ることがあります。

そのようなトラブルをできるだけ減らすため、Q&Aにも「価格」や「料金」について書くお店、会社も増えてきました。

英会話教室の月謝について教えて下さい。平日コースと土日コースでは料金が違いますか?

「平日コース」と「土日コース」では料金が異なります

はい、「平日コース」と「土日コース」では料金が異なります。

・平日コース(月~金のレッスンが受けられます):28,600円 / 月

・土日コース(土日、平日を含む、すべての日のレッスンが受けられます):35,200円/月

このように書いておくことで、「土日もこの値段で受けられると思った」というようなクレームが少なくなったケースがありました。

この英会話教室のケースでは、公式ウェブサイトで「平日コース」と「土日コース」のページが分かれていたため、それぞれのコースの料金はわかりやすく書いてあったのですが、当初、2つのコースを比較する表などを載せるところを用意していませんでした。

そのため、お客様が2つのコース(料金)を混同してしまったこともあったのかも知れません。

Q&Aに「料金はいくらですか?」という項目を載せることで、2つのコースの料金を見比べることができるようになりました。

こうしてあれば、お客様も「料金が違うのだな」ということに気づきやすくなるでしょう。

・・・

商品紹介ページでは、商品特長やアピールポイントを伝えた“後”に価格の話をするのが一般的です。

しかし、お客様はその順番ではなく、“先”に値段や料金を知って「それなら買えそうだな」と確認してから、商品について説明を読みたいという方が決して少なくありません。(むしろ、その方が普通という商品や業界の方が多いでしょう)

しかし、値段の安さがウリの商品というわけでもなければ、商品紹介文のアタマから値段のことを書くのは、あまりスマートではありませんよね。

しかしQ&Aであれば、いきなり値段の話をしてもおかしくありません

そこを開いて読むお客様は、値段に興味があることが確定ですので、いきなり値段の話をしても読んでいただけます。

また、最初に読む人が多いということをうまく利用して、「お試し価格」「今なら初回 2ヶ月は無料」といったキャンペーン情報をこの部分でお知らせする、というテクニックを使っている企業もあります。

・ 同じ商品であっても、コースや種類ごとに価格が異なるもの

・ 追加するオプションによって、価格が大きく変わるもの

・ 「学生割引」など、人によって料金や価格が変わるもの

などは、ぜひ価格・料金のQ&Aを作って、お客様にわかりやすく伝えていきましょう。

『いくらで販売していますか?』

価格や料金の話は、お客様も興味のあるところ。

一方で見落としや勘違いも発生しやすいトコロです。

商品紹介文に載せるのはもちろん、Q&Aの表現を使って繰り返し伝えていきましょう。

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください