Q.いくらで販売していますか?


いくらで販売していますか?

何かの商品を買う時、機能や品質もさることながら、“価格”は最も気になるトコロではないでしょうか。

それゆえにお客様とトラブルになりやすいのが”価格の表記”でもあります。

商品紹介文の中にしっかり価格を書いてあったとしても、

「値段がわかりづらかった」

「注文した後に料金がわかった。その値段だったら注文していなかった」

といったようなクレームが入ることがあります。

そのようなトラブルをできるだけ減らすため、Q&Aにも「価格」や「料金」について書くお店、会社も増えてきました。

英会話教室の月謝について教えて下さい。平日コースと土日コースでは料金が違いますか?

「平日コース」と「土日コース」では料金が異なります

はい、「平日コース」と「土日コース」では料金が異なります。

・平日コース(月~金のレッスンが受けられます):28,600円 / 月

・土日コース(土日、平日を含む、すべての日のレッスンが受けられます):35,200円/月

このように書いておくことで、「土日もこの値段で受けられると思った」というようなクレームが少なくなったケースがありました。

この英会話教室のケースでは、公式ウェブサイトで「平日コース」と「土日コース」のページが分かれていたため、それぞれのコースの料金はわかりやすく書いてあったのですが、当初、2つのコースを比較する表などを載せるところを用意していませんでした。

そのため、お客様が2つのコース(料金)を混同してしまったこともあったのかも知れません。

Q&Aに「料金はいくらですか?」という項目を載せることで、2つのコースの料金を見比べることができるようになりました。

こうしてあれば、お客様も「料金が違うのだな」ということに気づきやすくなるでしょう。

・・・

商品紹介ページでは、商品特長やアピールポイントを伝えた“後”に価格の話をするのが一般的です。

しかし、お客様はその順番ではなく、“先”に値段や料金を知って「それなら買えそうだな」と確認してから、商品について説明を読みたいという方が決して少なくありません。(むしろ、その方が普通という商品や業界の方が多いでしょう)

しかし、値段の安さがウリの商品というわけでもなければ、商品紹介文のアタマから値段のことを書くのは、あまりスマートではありませんよね。

しかしQ&Aであれば、いきなり値段の話をしてもおかしくありません

そこを開いて読むお客様は、値段に興味があることが確定ですので、いきなり値段の話をしても読んでいただけます。

また、最初に読む人が多いということをうまく利用して、「お試し価格」「今なら初回 2ヶ月は無料」といったキャンペーン情報をこの部分でお知らせする、というテクニックを使っている企業もあります。

・ 同じ商品であっても、コースや種類ごとに価格が異なるもの

・ 追加するオプションによって、価格が大きく変わるもの

・ 「学生割引」など、人によって料金や価格が変わるもの

などは、ぜひ価格・料金のQ&Aを作って、お客様にわかりやすく伝えていきましょう。

『いくらで販売していますか?』

価格や料金の話は、お客様も興味のあるところ。

一方で見落としや勘違いも発生しやすいトコロです。

商品紹介文に載せるのはもちろん、Q&Aの表現を使って繰り返し伝えていきましょう。

— 「ことのは塾」 山梨 栄司


--- 「ことのは塾」が20年かけて集めてきた“商品紹介文のノウハウ”を、オンライン教室で公開しています!

2021年6月の講座ラインナップはこちら!

◆ 2021年 6月 10日 (木) 14:00~16:00

『欲しくなる 商品紹介文の書き方 勉強会』 【無料】

2021年 6月 17日 (木) 14:00~16:00

『ツカミの達人! ~ キャッチコピーのつくり方』【無料】

2021年 6月 23日 (水) 14:00~16:00

『欲しくなる 商品紹介文の書き方 勉強会』【無料】 ※ 6/10と同内容です

・・・

「商品紹介文の書き方 勉強会」は、

・ 今の時代に合った“商品紹介文”とは?

・ どんなポイントに気をつけたら、効果的な紹介文になる?

・ 具体的な書き方のコツは?

といった、“基本”の内容をお話しています。

5月に開催したところ、大変ご好評をいただきまして、6月にも同じ内容で開催させていただくこととなりました。

一度参加された方から「面白い」、「わかりやすい」、「実際に商品紹介文が書ける」などのクチコミを聞いて参加される方も多く、前回は“満席”となりました(≧∇≦)/

・・・

その講座には、全国各地から25名の方にご参加いただき、たくさんの“商品紹介文”が出来上がりました (*^^*)

( 時間内に【実践の時間】があり、その場で自社商品の紹介文を書いていくのです! )

この時代だからこそウケる“商品紹介文”の書き方を知りたい方は、ぜひいらっしゃって下さい!

あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください