Q.なぜ誕生日プレゼントに適しているのですか?


なぜ誕生日プレゼントに適しているのですか?

もしかしたら、このような質問をお客様から受けることは無いかも知れません。

しかし、このように「伝えたいコトを質問のカタチにする」というのも、効果的な表現方法の一つです。

あなたの商品やサービスが“誕生日プレゼント”に使ってほしいものだとしたら、ぜひこのような質問を作っていきましょう。

なぜ家事代行サービスは、誕生日プレゼントに適しているのですか?

誕生日…特別な日だからこそ、“非日常”を贈りませんか?

誕生日はその方にとって年に一日だけの“特別な日”。

だからこそ、日常を忘れ、特別な一日を過ごしてもらいたいですよね。

お母さんやお父さんにとっての“日常”の代表格は日々の家事ではないでしょうか。

特別な一日は、毎日の家事を忘れて、自由に過ごしてもらいたい…そんな想いが伝わるものとして、誕生日プレゼントに選ばれています

このようなQ&A、誕生日プレゼントを探している人はきっと注目しますよね。

おそらく、質問もその答えも読んでくれるでしょう。「なるほど、そういうプレゼントもアリだな」と思っていただけたら、選択肢の一つに仲間入りです。

・・・

この質問、なにも誕生日プレゼントに限定しなくてはならないものではありません。

なぜケーキセットが「父の日」のプレゼントに適しているのですか?

意外に思われるかも知れませんが、実は「甘いものが好きなお父さん」は多いんです

芸能人でもスイーツ好きの男性が多くいるように、甘いものが好きな男性が多いことはもうすでに知られています。

しかし、ケーキショップで好きなスイーツを選ぶのは、まだまだ多くの男性にとっては照れくさいもの。

お父さん世代ならなおさらかも知れません。

このケーキセットが“父の日のプレゼント”として選ばれているのは、男性が好きな甘いスイーツ、かわいいスイーツを集めたセットになっているから。

これならお父さんも好きなスイーツを選び放題、食べ放題です。

父の日だからこそ、お父さんに“甘い贈り物”をしてみませんか?

このように「父の日」のプレゼントとして描いてもいいですし、

なぜ高級イヤホンが「入学祝い」に選ばれているのですか?

増えています。入学祝いに「高級イヤホン」

当店ではプレゼント包装を承っておりますが、毎年、3月・4月に「入学祝い」として高品質なイヤホンを贈られる方が年々増えております。

スマホを持つ学生も増えており、音楽の定額制サービスや動画、SNSなどで音楽や音声を聞く機会はずっと増えています。そんな時にうれしいのが、音の良い高品質なイヤホン。英語のヒアリングが宿題に出るような学校も多く、趣味だけではなく、勉強にも役立ちます。

ほとんど毎日使うモノでありながら、友だちにも少し差をつけられるのが、高級なイヤホン。せっかくの機会ですから、贈った相手に喜ばれるモノをプレゼントしてはいかがでしょうか

このように「入学祝い」というシーンでも、この質問は効果を発揮します。

・・・

結婚祝い、新築祝い、出産祝い、卒業祝い…

開店記念、勇退記念、○周年記念…

様々な“お祝い”や“記念日”があります。

あなたの商品・サービスは、どんな贈り物に適していますか?

『 なぜ誕生日プレゼントに適しているのですか?

特別な日だからこそ、“非日常”を贈りませんか?

意外に思われるかも知れませんが、実は「○○な人」は多いんです

増えています。△△祝いに「○○」。

「こんな時に使ってほしい」というメッセージを伝えるのに最適な質問です!

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください