Q.何と一緒に使うのが良いですか?


何と一緒に使うのが良いですか?

「○○を使う時、△△も一緒に使うと効果アップ!」というように、相性の良い商品・サービスというものがありますよね。

そのように相乗効果が見込めるような”組み合わせ”を知りたいと思っているお客様も少なくありません。

筋力アップのためにジムに通うつもりです。どのようなものを一緒に使うと良いですか?

せっかくのジム通い…公式サプリメントも使ってみませんか?

せっかくジムに通っていただくのですから、トレーニング前にこの公式サプリメントを摂取していただくことをおすすめいたします。

筋力アップに必要なプロテインをベースに、摂取タイミングや吸収速度、体内での代謝ルートを考えた配合にしてあります。

当ジムで日頃からトレーニングをされているアスリートやジムメンバーにも愛用者が多い、この公式サプリメントをぜひお試し下さい。

スポーツジムに通う方は、筋力アップ、持久力アップなどの“結果”を求めて来られている方が多いでしょう。

その目的に近づくためのアイテムがあるのなら、お客様もそれを知りたいはず。

お店側にとっても、お客様が結果を出してくれることは“継続利用”につながりますし、追加の商品を買ってもらえることは“客単価アップ”につながります。

このような相乗効果のあるアイテムを伝えることは、お客様にとっても、お店側にとっても良いことなのです。

・・・

たとえば食品の場合、“食べ合わせ”を紹介するのもオススメです。

アンチエイジングのためなら、豆苗と何を組み合わせるのが良いですか?

「アンチエイジングしたい!」なら、この“組み合わせ”!

アンチエイジングが目的のメニューなら、「豆苗」「オリーブオイル」を一緒にお召し上がりいただくのがおすすめです。

アンチエイジングに良いとされているビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは豆苗に豊富に含まれています。

その吸収を促すのが、オリーブオイルのような植物油。

若々しさを保つためには「豆苗とオリーブオイルのサラダ」がおすすめです

このような質問と答えが書いてあれば、「なるほど、豆苗はアンチエイジングに良いんだな」ということがわかってもらえますね。

アンチエイジング以外にも、「免疫力アップ」、「美肌」、「野菜が苦手なお子さんに食べさせたい」など、様々な“目的”に合った“食べ合わせ”を紹介するのはいかがでしょう。

「あ、そんな目的にも使えるんだな」とお客様は気づいてくれるでしょう。

・・・

「○○を買ったらコレも」というリコメンド(おすすめ)は、ネットショップなどでは珍しくなくなっています。

そのようなリコメンドをする時、ただ関連商品を見せるだけでなく、「お客様の声」で表現してみるのはいかがでしょう。

キャンプ用のテントを買ったら、他に何を買うのが良いですか?

先輩キャンパーさんたちに聞いてみました!

テントと一緒に何を購入したか? 先輩キャンパーさんたちに聞いてみました!

「テントの中に敷く“インナーマット”は厚手のものを買いました。石ころの多いキャンプ場も多いので、薄いシートでは寝心地が悪いです。厚手のマットがオススメ!」

「せっかくの屋外を愉しむため、チェアは良いモノを買いました。テントより使用時間が長いので、座り心地を試してから買いました」

このように書いてあれば、とても参考になりますね。

お店側だけのリコメンドより、第三者の意見として信用度も高そうです。

・・・

あなたの商品は、どんなものと一緒に使うのが良いですか?

ぜひQ&Aでアピールして下さい!

『何と一緒に使うのが良いですか?』

せっかくの△△…○○も一緒に使ってみませんか?

『○○したいならこの“組み合わせ”!』

先輩○○さんに聞いてみました

一緒に使うと効果が上がる、満足度が上がる、より使いやすくなる…そんなものがあったら、ぜひオススメしていきましょう!

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください