Q.昔の○○と何が違いますか?


商品紹介文を書く時に使える「よくある質問」。今日の“質問”はこちら!

昔の○○と何が違いますか?

新製品新サービスが発売された時、お客様が一番気になるのは「新しいモノは何が違うのか?」「昔のものとどこが違うのか?」ということではないでしょうか。

新型も旧型も“見た目”があまり変わらなかったりすると、お客様には「何が変わったんだろう…?」と思われてしまうかも知れません。

どこが変わったのかわからなければ、「よし、買い換えようか」とはなりませんよね。

そこで伝えていきたいのが、「昔のものとの“違い”」です。

新しいブルーレイレコーダーは何が違いますか?

新しいブルーレイレコーダーは、ココが変わりました!

新しいブルーレイレコーダー(AZP-S920)は、旧来の製品(AZP-M850)に比べ、

1) 録画時間が4倍長くなりました

2) 4番組同時録画モード搭載(従来は2番組まで)

3) インテリジェント4Kモードで動きが速いスポーツやアニメがより鮮明に

といった点で進化しました

このように“違い”を示してもらえれば「これまでは裏番組の録画を諦めることがあったんだよなぁ」とか「動きの速い番組はブロックノイズが出ていたんだよね」といった不満があったお客様は「よし、買い替えを検討してみようか」という気持ちになりますね。

新商品を作ったということは、お客様のリクエストに応えたり、新しい何かを投入したりしたからだと思います。伝えていきたいのは、まさにそこ。

・ (新商品になって)変わったところ

追加されたこと / 削除されたこと

増えたこと / 減ったこと

などを伝えていきましょう。

新しいチーズケーキは何が変わりましたか?

新しいチーズケーキは○○が半分に?!

この春、発売になった新しいチーズケーキは、使う砂糖の量をなんと半分に減らしました。

その変わり、“ハチミツ”を贅沢に使っています。

そして、「あとのせハチミツ」もたっぷりと。

甘さ控えめにしたい方はそのまま、甘~く食べたい方はたっぷりとハチミツをかけてお召し上がり下さい。

ただでさえ新しいものが好きな方は少なくありません。

その上、このように言われたら、期待感がとても高まりますね!

・・・

“昔のイメージが強く残っているモノ”にも、この“質問”は使えます。

昔の冷凍食品とどこが違いますか?

昔の冷凍食品しか知らない方は、きっと驚きます

昔の冷凍食品、特に20年くらい前のものは、正直言って味がイマイチなものもありました。

保存がきくから冷凍庫にとりあえず入れておく…、あまり美味しいものではない…そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、現代の冷凍食品は違います!

そのままレストランで出しても良いような材料を使い、進化した冷凍技術で味をそのままフリージング。

手軽なだけではない、「おいしさで選ばれる食べ物」に進化しています。

・ 昔は確かにそうでした

・ でも、今は違います!

以前のイメージを持ち続けてしまい、“食わず嫌い”になっている人にはこのようなアピールが効きます。

昔のものより進化している、進歩しているものは、ぜひ「昔との違い」をアピールするこの質問を使ってみて下さい!

昔の○○と何が違いますか?

新しい商品は、ココが変わりました!

新しい商品は○○が半分に?!

昔の○○しか知らない方は、きっと驚きます

従来の商品と新商品との“違い”を明らかにしていきましょう。

“昔のイメージ”で止まっている人の食わず嫌いを直すのにも有効です。

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください