【よくある質問でつくる商品紹介文】~ どこで買えますか?


商品紹介文を書く時に使える「よくある質問」。今日の“質問”はこちら!

『どこで買えますか?』

広告などを見て、その商品が気に入ったとしても、どこで売っているのか?がわからなければお客様は入手することができません。

しかし、意外なほど「どこで買えるのか?」という情報が載っていないことが多いのです。

Q. この商品はどこで買うことができますか?

A. 弊社直売所(場所はこちら)、もしくは公式オンラインショップで購入することができます。

また、佐賀県内ではこちらのリストにあるお店に置いていただいております。

(※ 売り切れ・終売の場合もございます。ご了承下さい)

このように書いてあれば、「じゃあオンラインショップで買おうか」、「この店が近いから行ってみよう」と行動に移すことができますね。

・・・

メーカーなどでは「自社では卸売会社に販売するところまでで、どこの小売店で売っているのかは把握できていない」ということもありますね。

昨今ではSNSなどで「弊社の○○を店頭で見かけたよ、という方はご連絡下さい!」というように呼びかけているメーカーさんも少なくありません。

Q. このわさび漬けはどこのお店で買えますか?

A. 申し訳ありません。小売店様に直接、販売しているわけではないため、どのお店で販売しているかを把握できているわけではありません。

参考ではありますが、SNSでお客様から送っていただいた情報では、次のようなお店で見たという声が寄せられています(20**年 1月現在)

というように「ネットでお客様に教えてもらった情報」として、載せているメーカーさんもございます。販売店情報が伝わるのはもちろん、お客様と距離が近いメーカーで、みんなから愛されているのだな、ということも伝わりますね。

・・・

ネットショッピングでの買い物も一般的になってきましたが、「実物を見てから買いたい」というニーズも依然としてあります。

Q. 実物を見てから買いたいのですが、置いてある店はありますか?

A. 実機での視聴ができるのは、下記の店舗です。

・ 東京ショールーム

・ 名古屋ショールーム

・ 大阪ショールーム

・ 長野本社 オフィシャルショップ

このように書いてあれば、「じゃあ大阪ショールームに行ってみよう」とか、「近くに無いから視聴は諦めるか」と判断ができますね。視聴はムリだとわかったら、ネットでクチコミや評判をみて、それで買うことを決める方もいるでしょう。

逆に「どこで実物に触れるのか?」が書いていないと、お客様はずっと探し続けてしまうかも知れません。

お客様に無駄足を踏ませないため、また次の行動に移っていただくため、「どこで実物に触れられるか」を書いておくのも大切です。

あなたの商品はどこで買うことができますか?

どこで買えますか?

どこで買うことができるか? 実物はどこで触れるか?などの情報を載せておけば、お客様は次の行動に移ることができます!

— 「ことのは塾」 山梨 栄司


あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください