【よくある質問でつくる商品紹介文】~ 返品はできますか?


商品紹介文を書く時に使える「よくある質問」。今日の“質問”はこちら!

『返品はできますか?』

ネットショッピングが当たり前のものになり、「返品できます」という表示もよく目にするようになりました。

今や「返品できるかどうか」も大切な情報となってきています。

「返品できる」という情報は、お店側にとってもメリットがあります

「買おうかな、どうしようかな…」と迷っている人は、「損したらイヤだな」と思っています。

そんな気持ちを察して、カミソリのメーカーなどは『ご満足いただけなければ全額返金 ~ 実感キャンペーン 実施中』といったアピールをしています。

Q. 肌に合わなかった場合、返品はできますか?

A. はい、敏感肌の方に向けたカミソリですので、ぜひ実際に使用してご自身の肌にフィットするかどうかをお試し下さい。

もしご満足いただけなかった場合は、対象商品とレシートを事務局あてに”着払い”でお送り下さい

このように書かれていたら、少し安心して買うことができますね。

・・・

“返品”はお客様にとってはうれしい仕組みでありますが、店舗側にとっては残念ながら“返品トラブル”を生み出してしまうことにもつながりかねません。

あるネットショップの店長さんいわく、「返品でトラブルになる人ほど、説明を読んでくれていない」ということもあるようです…。

トラブルを未然に防ぐために大切なのは「返品ルールをしっかりわかってもらうこと」。

そのためにはルールを商品紹介文の中で書き記すだけではなく、「よくある質問」のページなどで複数回、返品ルールについて触れることが大切です。

Q. 返品はできますか?

A. 製品が破損していた、正常に動作しなかったなどの初期不良品は返品(返金・交換)が可能です。

【返品期限】

購入後 14日以内のものに限ります

【返品・交換に必要なもの】

1) 商品

2) お買い上げの店舗と日付がわかるレシートや領収証

といったように「返品ができる期限」「返品するのに必要なモノ」を明記しておくのは基本です。

Q. 「おまかせ鮮魚セット」は、返品ができますか?

A. 大変申し訳ございませんが、「おまかせ鮮魚セット」は生ものであるため、返品ができません

「不在だったので受け取ることができなかった」、「あまり好きでない魚が入っていた」などの理由を問わず、返品をお受けすることができませんので、その点をご了解の上でお申し込み下さい。

( ☆ お届け日時は指定が可能です / 鮮魚の種類を選びたい場合は「特鮮ボックス」などの内容の指定ができる商品をお選び下さい)

といったように、“返品不可”の場合はその旨をしっかり明記しましょう。

上記の例のようにただ「返品はできません」と書くだけではなく、他の代替案を示したりするのも良い工夫です。

売り手と買い手、双方が気持ちよく取引できるよう、“返品”のルールはしっかり明記しておきたいですね。

返品はできますか?

返品の可・不可、返品の条件や必要なものなどを明記しましょう。

返品ができない場合は、特に丁寧に説明をしておきましょう

— 「ことのは塾」 山梨 栄司


あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください