Q.いつから始めるのが良いですか?


商品紹介文を書く時に使える「よくある質問」。今日の“質問”はこちら!

『いつから始めるのが良いですか?』

趣味でもスポーツでも資格の勉強でも、“それを始めるのに適した時”というものがあると思います。

例えば“年齢”

お子さんの習い事などでは、「どのくらいの年齢から始めるのがいいの?」“目安”を欲しがっている人も少なくありません。

はじめての自転車、何歳くらいから始めるのが良いですか?

キックバイクなら、2歳くらいから始めるのがオススメです

ペダルが無い自転車、キックバイクから始めるのなら2歳くらいから始めるのがオススメです。

足を地面で蹴って進む感覚を小さいうちから育てると、普通の自転車にもすぐに乗れるようになりますよ。

幼稚園や保育園に通うようになると、おともだちがキックバイクに乗っていることもあります。

その頃までに乗れるようになると一緒に遊ぶことができていいですね

このような情報を耳にしたら、「じゃあ、そのくらいの年齢になった始めようか」と“目安”にすることができますね。

・・・

「いつから始める?」という話題は小さなお子さんだけのことではありません。

定年後の生活に向けて、いつ頃から準備を始めたら良いでしょうか?

52歳~55歳くらいに準備を始める方が多いです

私たちの経験から言うと、52歳~55歳くらいに準備を始める方が多くいらっしゃいます。

そのくらいの年齢になると、会社員人生もゴールが見えてきて、定年後の生活もリアルに考えられるようになります。

しかし本当に定年間近の58歳、59歳になってしまうと、仕事の引き継ぎ業務などで忙殺されて、定年後を考える時間が取れなくなってしまう方も多いです。

余裕をもって定年後のことを考えられるよう、50代前半のうちから“定年後活動”=定活セミナーに参加してみませんか?

定年のようにタイムリミットがあるようなものだと、よりリアリティを持って気にしている方も多いでしょう。

しかし、得てしてそういったテーマほど“先送り”してしまう人も多いもの。

だからこそ、「この時までに行動に移しましょう」と期限を区切ってあげると、重い腰が上がりやすいです。

「○歳くらいで始める方が“多い”」と言われると、そこが一種の“基準”になります。

「いつ頃から始めたらいいんだろう…?」、「まだ早いのかな? もう遅いのかな?」と不安に思っているお客さまが知りたい情報ですので、きっと注目していただけるでしょう。

・・・

始める時期は、“年齢”だけに限りません。たとえば、始めるのに適した“季節”があるようなものもあるでしょう。

テニスを習い始めたいと思いますが、どの季節に始めるのが良いですか?

テニスを始めるなら“初夏”がオススメです!

テニスを始めるのなら、ちょうど今ごろ、“初夏”がオススメです。

気温も高くなってくるこの季節は体が活動的になってきますので、思った通りに体を動かしやすい季節。

当スクールでもケガの発生が最も低い時期です。初夏の爽やかな風の中、体を動かして、気持ち良い汗をかきませんか?

テニスを始めるなら“秋”がオススメです!

テニスを始めるなら、ちょうど今ごろ、“秋”がオススメです。

スポーツの秋と言われるように、涼しくなってきた今は体を動かすのにも最適。

食欲の秋でもありますので、おいしいものを食べた分、体を動かしていきましょう。

今ならオータムキャンペーンで入会金がおトクになっています

実際、テニスを始めるのに良い時期に“正解”は無いそうで、それぞれの季節に「始めるのに良い理由」があるのだそうです。

しかし、だからと言って「いつでもOKです」というのはオススメしません

「いつでもいいのか…じゃあ今でなくてもいいか」と先送りする口実を与えてしまうことになります。

実際、この質問が気になる方は、「始めたいけど…誰か背中を押してくれないかなぁ」と思っている方も多いもの。

「始めるなら“今”です!」と言って、背中を押してあげて下さい。

いつから始めるのが良いですか?

キックバイクなら、○歳くらいから始めるのがオススメです

○歳~△歳くらいに準備を始める方が多いです

○○を始めるなら“この季節”がオススメです!

始めるのに適している「年齢」や「季節」を教えてあげましょう。

「いつでもOK」は逆効果。それぞれのタイミングの“オススメの理由”を示しましょう。

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください