【よくある質問でつくる商品紹介文】~ どのくらいの期間で変化が現れますか?


商品紹介文を書く時に使える「よくある質問」。今日の“質問”はこちら!

『どのくらいの期間で変化が現れますか?』

「14日間、お試し下さい」

シャンプーやヨーグルトのコマーシャルでよく聞かれる言葉です。

髪質が良くなったり、おなかの調子が良くなったりするためには、やはりある程度の期間はその商品を使ってもらう必要があるのでしょう。

すぐに使うのをやめられてしまっては、せっかくの良い商品であっても、なかなか効果を実感してもらうことはできません。

それでは満足感も低いままになってしまいますし、マイナスのクチコミをされてしまうかも知れません…。

だからこそ、効果が現れるまで使い続けていただく必要があります。

人間の習慣が変わるまでの日数は、21日間説、66日間説などがありますが、どちらにしてもちょっと長いです…(^_^;)

(それほど長い期間、強い意志を持っていられるかな…)と自信を持ちきれない人も多いでしょう。

最終的なゴールまでは何ヶ月、何年かかるのは仕方ないとしても、“最初の目標地点”は、現実的に行けそうだぞと思うくらい近くにあってほしいものです。

そこでお客様に伝えていきたいのが、「○日間くらい使っていただくと、効果が実感できる」という“目安”

Q.この英語教材は、どのくらいの期間で変化がわかるようになりますか?

A.まずは「5日間」、この教材を聴き続けてみて下さい

すると今までは聞き取れなかった英会話の“単語”がまず聞き取れるようになってきます。

「この人は駅に行きたいんだな」、「ステーキを食べたいんだな」とおおまかな内容がわかってきたら、それが“英語耳”になっていくファーストステップです

このように書かれていたら、「じゃあ、まず5日間はがんばって聴いてみようか」という気持ちになりますよね。

5日後はこうなります…2週間後はこういう変化がわかるようになってきます…3ヶ月後にはこのような効果を実感していただけます…そのように“期間”“変化”を描いていくと、「そこまでは頑張ってみようか」「あ、ホントにそうなってきた」効果を実感していただきやすくなりますね。

・・・

逆に「このくらいの期間でやめたくなる」というタイミングを先に予告しておく、というのも良いですね。

Q. ファスティング(断食)は「2日目がキツい」と聞きますが本当ですか?

A.はい、初めての方は特に2日めがタイヘンだと思います。

眠気や寒気を感じる方も多いのですが、それは胃腸の活動の種類が入れ替わっている証拠です。

当サロンでは、独自に作った「2日目の酵素ドリンク」などで、そのツラい”2日目”を乗り越えるお手伝いをさせていただきます。

あらかじめ「2日目はキツいものだ」と知っていれば、気持ちの準備が出来ます。

そして、「そこを乗り越えるサポートをします」と言ってくれているのですから、安心してチャレンジが出来ますね。

あなたの商品はどのくらいの期間で、“変化”が現れますか?

どのくらいの期間はがんばって続けてほしいですか?

ぜひ、その“期間”と“変化”を表現していきましょう。

どのくらいの期間で変化が現れますか?

お客様が感じる“変化”と、それまでにかかる“期間”を描いていきましょう。

もし続けるのが難しそうなチャレンジであるなら、「続けるサポートが充実しています」ということをアピールしていきましょう

— 「ことのは塾」 山梨 栄司


あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください