【よくある質問でつくる商品紹介文】~ どんな服装で行けばいいですか?


商品紹介文を書く時に使える「よくある質問」。今日の“質問”はこちら!

『どんな服装で行けばいいですか?』

この質問は、マッサージサロンで実際によく聞かれる質問なのだそうです。

マッサージサロンに行き慣れている人ならともかく、“はじめてサロンに行く人”にとって“服装”というのはとても気になることのようです。

「持っていくモノ」と同様に、「どんな服装で行くのが良いか」というのも、伝えていきたい情報です。

Q.初めて釣り船に乗ります。どんな服装で行けばいいですか?

A.風がそれほど強くない日でも、船の上は思った以上に波しぶきがかかり、濡れることになります。ナイロンのジャケットや、お子様はレインコートなどもご用意いただくと安心です。

また、大切なのは「シューズ」です。船上はすべりやすいので、こちらにあるような滑りにくい靴をおすすめします。

このように書いてあれば、当日までに準備をすることができますね。

ある釣り船では、予約の確認メールの中に「Q.どんな服装で行ったらいいですか?」というQ&Aを入れていました。

・・・

また逆に「NGな服装」を示すのもお客様にとって良い情報です。

Q.ねこカフェに行くときは、どんな服装が良いですか? NGな服装はありますか?

A.ねこと楽しく遊んでいただくために、デニムなど動きやすい格好がオススメです。

床に座って遊んでいただく所もありますので、タイトスカートやミニスカートなどしゃがんだり、動いたりしづらい服装は避けていただくと安心です。

また、レースがあしらわれた服やストッキングは、ねこの爪がひっかかりやすいので避けていただくとありがたいです。

このように「避けた方がよい服装」を示してもらえると、服選びの時に参考にできますね。

・・・

服装というものは、“好み”など微妙なニュアンスによって感じ方が違うものでもありますので、“写真”を見せるのも効果的です。

Q.婚活パーティに、皆さんどのような格好で来ているのですか?

A.私たちの主催するパーティでは、参加される方の内面がわかるように、「休日デートをする時の格好でお越し下さい」とお願いしております。

※ 過去に開催されたパーティの写真がこちら

アウトドアが好きな方、美術館めぐりが好きな方など、その場所や好みに合わせた服装を皆さん、選んで来ていただいております

「休日デートをする時の格好」という“お題”は、“答え”が幅広すぎて難しいですよね。

でも、実際の写真を見せたら、「あ、こんな格好でいいんだ」、「みんなバラバラでいいんだ」、「ドレスなんかは必要無いのね」ということがわかっていただけます。

(逆に「みんなドレスで来て下さい」というパーティの場合も、その様子を写した写真を見せておくことで、「ドレスで着飾って行く場なんだな」ということが伝わります)

・・・

あなたのお店に行く時、サービスを受ける時の“服装”は、どのような感じが良いですか?

ぜひ、それをお客様に伝えていきましょう!

どんな服装で行けばいいですか?

お客様の不安を軽くするよう、「このような服でお越し下さい」、「このような服装は避けて下さい」、「みなさん、こんな服装でいらっしゃいます」といった情報を用意しておきましょう

— 「ことのは塾」 山梨 栄司


あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください