Q.何を持っていけばいいですか?


『何を持っていけばいいですか?』

あなたが初めてお茶会に呼ばれたとします。

そんな時、「何を持っていけばいいんだろう…」と不安になったりしませんか?

初めてあなたのお店を訪れるお客様も、同じように思っていらっしゃいます。

そこで大切なのは、「○○や△△をお持ち下さい」先に伝えておくこと。

そうすることで、お客様は安心してあなたのお店に来て、サービスを受けることができます。

意外なのは、何も持ってくる必要はないので「手ぶらでお越し下さい」と伝えても“不安”が消えないこと。

「“平服でお越し下さい”と言われても、普段着で行くのは失礼、みたいな“落とし穴”があるに違いない…」と勘ぐってしまう方もいらっしゃいます。

心配をしすぎるお客様は、その不安が消えないと「…やっぱり行くのやめておこうか…」となってしまうことも…。

そのような機会損失を防ぐためにも、「必要なモノ」を一つでも伝えておくのが大事です。

初めてコテージに泊まります。何を持っていけばいいですか?

ご注意下さい、当コテージには「食材」の用意がございません

はい、このコテージには調理器具は一通り、備え付けてございますが、「食材」のご用意がありません。事前にご予約いただくか、近くの道の駅などでご用意下さい。

そのほか、「あると便利なモノ」のリストを用意させていただきましたので、こちらのページをご覧下さい。

このように書いてあったら、初心者の方でも安心して準備ができますね。

・・・

結婚式のような“一生に一度”の機会なら、そこに来るのは大抵が“初心者”。

だからこそ、「持ち物」の情報はお客様を安心させることにつながります。

ブライダルフェアに参加する時の“持ち物”は何が必要ですか?

カメラやスマホをお持ちいただくと、後日、役に立ちます

当日はドレスやお料理、席次表などのペーパーアイテムも趣向を凝らしたものをご用意させていただきます。

すべての写真撮影はOKですので、ぜひカメラスマホをご用意下さい。

後日、「このドレスが良かった」、「こんなペーパーアイテムを私たちも作りたい」といったように、写真を見ながら打ち合わせをさせていただくと、私たちスタッフもイメージの共有ができ、よりご希望に沿った式の準備をさせていただくことができます。

このように「なぜ、その持ち物が必要なのか?」を示してあげると、より説得力が増しますね。

・・・

また、持ってくるのが当たり前だと思うようなモノでも、意外とお客様は忘れてしまいがち、というモノもQ&Aの中で示しておくと“忘れ物”が少なくなる効果があります。

ビジネス勉強会に参加する時に必要な“持ち物”は何ですか?

「お持ちいただきたいもの」は、“筆記用具”と“名刺”です

今回の勉強会は“考えて書く時間”が多いので、『筆記用具』だけは必ずお持ち下さい。

また、勉強会終了後に他の参加者の皆さんと名刺交換をしていただくと、今後のお仕事のお役に立つかと思いますので、『名刺』を参加人数分(約20枚ほど)お持ちいただけると良いかと思います。

この案内文は「ことのは塾」が実際に勉強会を開く時に使っていたものなのですが、会場の地図などをお送りするご案内メールに、このように「持っていくモノは何ですか?」と書いておくと、忘れ物が減る効果がありました。

「これは持ってきてもらいたい」…そのようなモノがあるのならば、ぜひQ&Aでそのことを表現していきましょう!

何を持っていけばいいですか?

【ご注意下さい】こちらには「○○」の用意がございません

○○をお持ち下さい。△△に役立ちます

忘れがちな持ち物は○○です

初めて来店されるお客様は、「何を持っていけばいいんだろう…」と不安になっています。

持ち物リストや“忘れてしまいがちなモノ”を伝えてあげて下さい!

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください