PMS(月経前緊張症候群)対策プロジェクト「PMSのためのスイーツ」

 

こんにちは!若菜です。

【女性のPMS対策商品開発プロジェクト】

このプロジェクトの目的は、PMSのことを多くの人に知ってもらうこと。 それによって、本人や、巻き込まれてしまう周囲の人の心の負担を減らすことが目的です。

前回の記事も読んでいただけるとわかりやすいかと思います。(クリックして前回の記事へ)

 

PMSに関しての情報を発信したり、悩んでいる人たちになにか対策になるようなものを作れないかと思っていたのですが、なにからはじめたらよいのか迷っていました。

そんなときに、たまたま経営相談のコンサル依頼をくださった料理教室の先生のところで、体にやさしい素材でできたスイーツの話を聞くうちに、コレだ!と思ったのです。

 

アトリエ・ナナ スイーツ400

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨県にある「アトリエ・ナナ 料理教室」の末木弥栄子先生は、野菜を中心にした体にやさしい料理を研究されている方です。

◆先生のブログはこちら

http://ameblo.jp/millepa

上の写真のスイーツは、お砂糖を使わないでつくったスイーツなんです。

でも、甘味はちゃんとあるんですよ!

先生のスイーツは、お砂糖の代わりに、甘麹(あまざけ)やりんご、デーツ(ナツメヤシの実)などを使ってやさしい甘味をつくりだしているのが特徴。

卵や乳製品なども使わず、体への負担を減らしたスイーツです。

 

PMSの対処法のひとつとして、「食生活の改善」があげられることがあります。

どんな病気でもそうですが、食事を見直して体質改善をしていくことは大事です。

しかしPMSで困っている女性は精神面のコントロールに目が行くためか「心のケア」をすることに一生懸命になり、食事や体質のことまで考えが行き届いていないところがあるんですね。

これは私も思い当たるところです。

自分のイライラや無気力感によって周りに被害が出ないようにするために、「イライラを我慢すること」「無気力に見えないようにすること」をまず第一に考えるのです。

でも、それでは根本的な解決策になっていません。

症状を軽くすること、症状が出ないようにすることが大事なのです。

「ストレスを無くす」などの精神的なコントロールと共に、体の改善をしていかなくてはと思います。

そのときに、末木先生の考える「体にやさしいスイーツ」の考え方は、PMSの女性に合っている!と思いました。

 

早速、末木先生にPMSについてのお話をさせていただきました!

先生はPMSをご存知なかったのですが、症状についてのことや私の体験についてのことなど、メモをとりつつ大変熱心に聞いてくださいました。

料理や健康という分野で活動されている方なので、きっとPMSの女性に合ったスイーツを考えてくださるだろうと思います。

違った分野の方に相談してみるものだなぁと感じた日でした。

 

続く・・・

 

————————

PMS対策プロジェクトについてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

山梨若菜:wakana@kotonoha-juku.co.jp

 

・PMS対策の商品開発をお考えの方、お問い合わせ歓迎いたします!

・私はこんな症状で困っている、という方、これからの商品開発の参考にさせてください。

・周りの女性でPMSの人がいて、対処に困っているという男性の方のご意見お聞かせください。

————————

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください