静岡県島田市 カネトウ三浦園さんのお茶パッケージ企画

wakana-icon-01

こんにちは! ことのは塾の山梨若菜です。

先日、静岡県島田市のお茶農家さん「カネトウ三浦園」さんに訪問させていただきました。

ことのは塾では、ここ数年、お茶農家さんやお茶屋さんのご相談が多くなりました。

カネトウ三浦園さんからも、パッケージや商品コンセプトのことなど、度々ご相談をいただいています。

今回は、東京のお茶専門店に期間限定で出品するお茶についてのご相談。

夏休み期間中に、東京のお茶専門店「おちゃらか」にて、期間限定でお茶を出品します。

出品するお茶は冷茶専用ブレンドの茶葉。

とって暑い時期なので、冷たいお茶はお客様に受けそうです!

20150626-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真が、その「冷茶用ブレンド」の茶葉で煎れていただいたお茶。

緑が とってもきれいです!

味も、スッキリとしていて、良いお茶ならではの深みもあってとてもおいしい!

三浦さんがおっしゃるには、「夏の暑い日に冷た~くしてゴクゴク飲んでほしい」ということでした。

じっくり味わう「特別なお茶」というよりは、「日常で気軽に楽しむお茶」というイメージ。

そこから、商品名を「真夏日冷茶(まなつびれいちゃ)」と決めました。

 

パッケージは「夏」をイメージさせるひまわり柄。

しかし、これだけではオリジナル感に欠けます・・・

そこで、思いついたのが「夏の俳句」。

五七五の俳句を入れて、パッケージを作ろう!ということになりました。

20150626-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はもう、この時点で商品完成までの期限がわずか数日と迫っておりました。

急いで俳句を決めなくては!

オリジナルの俳句をつくろうと皆で頑張りましたが、どうも良い案が出てこない・・・

そこで、思い切って「夏の俳句」を募集することにしたのです。

急いでこの企画の内容をFacebookに投稿!

3日間の募集期間で、どれくらい集まるか心配でしたが、多くの方からのご協力をいただくことができました。

私たち「ことのは塾」で集めただけでも、数十通りの夏の俳句が集まりました!

パッケージには複数の俳句を使う予定。

素敵な「夏の冷茶」になりそうです!!

 

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください