商品説明が上手な人は、こう考えていました! ~ ポイントは『 ○○のA 』

eizi-icon-03

こんにちは! 文章作成講座~「ことのは塾」の やまなし です!

今日のテーマは「商品説明」!

・・・皆さんもアタマを悩ませているのではないでしょうか?(苦笑)

紹介したい気持ちが強くなりすぎて長々と語ってしまうと、逆にお客様がわかりにくくな
ってしまうこともあって・・・。

「商品説明は難しい・・・」

と悩まれている方は少なくないでしょう。

では、「商品紹介文を書くのが上手な人」たちは、いったいどんな風に考えているのでし
ょうか?

今日はそのあたりを探ってみることにしましょう!

「ことのは塾」のお客様で「商品説明」が得意な方たちは、自分の商品を、

『 ○○のA 』

という形で言い表すのが上手です。

たとえば、

・ 『 お姉さんの焼酎 』

・ 『 静岡県のための保険 』

・ 『 出張用のスーツ』

・ 『 3月からのティッシュペーパー』

・ 『 パティシエのあんみつ』

・・・などなど。

このように自分の商品を『○○のA』というパターンに当てはめてみると、商品の持つ"特長"が、だんだん見えてくるようになるんです。

例えば、こんな"視点"で商品を見直してみて下さい。

?)「誰が使うのに適しているんだろう?」

?)「どこで利用するのが一番?」

?)「どんな風に使う人がいるのかな?」

?)「他のライバル商品との違いはどこかな?」

そんな風に様々な"面"から商品を見てみると、色々な発見がありますよね。

ここで考えなくてはならないポイントがあります!

それは、今、考えているのが「商品紹介文」だということ。

いくら万人にウケる味だからといって、

・ 「みんなの肉まん」

と言ってしまったら、特長がぼやけてしまいます。

商品を上手に魅せるポイントは、

1) 『 絞り込み 』

2) 『 ちょっと外し 』。

・ 「真夜中の肉まん」

・ 「10代の肉まん」

・ 「経理部の肉まん」

というように「○○」をグッと"絞り込む"ことで、初めて面白い表現になります。

その絞り込みを考える際に、「普通」からちょっとだけ離れる言葉を考えるようにするといいでしょう。

たとえば、

・ 「寒い日の肉まん」

は、とてもストレートです。

これはこれで商品の「あたたかさ」を表現していて良いのですが・・・、

寒い日に似合わない肉まんって・・・あまり無いですよね?

つまりこの表現では、「あなたの売っている肉まん」ではなく、「一般的な肉まん」の特長を表す言葉になってしまっているのです。

携帯電話を販売する時に「コレは遠く離れた人と会話ができるんです!」などと言わないように、一般的なアピールポイントをお客様に伝えても興味を持ってはくれませんよね。

"常識"からちょっとだけ外れたトコロを表す言葉・・・それを探していくと魅力ある紹介文になるというわけですね。

「ことのは塾」は昔、『 働くオトナのための学習塾 』という表現を使っていたことがあります。

学習塾といえば、一般的には学生向けのモノ。働くオトナはあまり行かない所です。

そこで、"ちょっと外れ"ているその表現を使いました。

・・・

あなたの商品にも、他のライバル商品とちょっとだけ違うところ(差別化ポイント)がきっとあるでしょう。

「男子高校生に人気」

「宮城県の人に使いやすいようにした」

「普通は朝に食べるものだけど、夜食にも良いようにした」

なんていう商品特長があるのではないでしょうか。

そこに注目して絞込みをして、『○○のA』という表現を考えてみてはいかがでしょう。

きっと面白い表現が見つかるはず!

出来上がった『○○のA』という言葉は、キャッチコピー や POPに使うのに適して
います。

短文で、しかもちょっと目を引く表現になっていますからね。

『○○のA』というアピールポイント探し、ぜひ試してみて下さい!!

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください