藤枝エフドアFC 今回は「古民家ぶらり」さんで開催いたしました。

wakana-icon-01

こんにちは!ことのは塾の山梨若菜です。

静岡県藤枝市で、毎月2回開催中の「エフドアFC」。

7月28日はいつもの会議室ではなく、「古民家ぶらり」さんで行われました。

 

今回のテーマは、「古民家ぶらり」を経営されている小林さんの商品について。

小林さんが今、商品化を考えていらっしゃるパンは、かなり硬めで、食べるとボリボリと音がするほど。

パンというよりは、硬いクラッカーのような感じです。

アーユルヴェーダの考えに基づいた食材を使うなど、素材も健康的。

ちょっと変わったこのパンを・・・

どのような人に向けて、どのような商品として売っていこう?

ということについて、参加者全員でアイデアを出し合いました。

2015-0728-01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、小林さんがパンについての紹介をしてくださいました。

話を聞きながら、試作品をみんなでいただきます。

味にバリエーションがあり、カレー、トマト、ほうじ茶、緑茶、または、スリランカの「キトゥルハニー」という甘い蜜を練りこんだものなど様々。

試作を何度も繰り返し、研究されているのがよくわかります。

ひとくちサイズで小さいのですが、意外にお腹が膨れるのも特徴。

さて、このパンを誰にどのように売っていくか・・・・

アイデア出しがスタートしました。

 

今回は以下の3つのグループに分かれて、それぞれ考えをまとめます。

・おいしそうな商品にするには?

・健康によさそうな商品にするには?

・面白い商品にするには?

ターゲットは誰になるのか、どのような形状で、どのような売り方をしていくのか・・・

商品化したパンのイメージを模造紙にまとめて、発表の時間。

2015-0728-02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-0728-03

 

 

 

 

 

 

 

 

3チームとも、それぞれ異なった視点の商品ができあがりました。

・パンをお皿の形状にして、食器ごと食べられる料理をつくる

・アーユルヴェーダのの視点を伝えられる商品にする

・バチや笛など、楽器の形状にする

など、現実的なものから難しいけど話題になりそうなものまで、様々なアイデアが挙がりました。

自分が想像もしなかったアイデアが出てくるので、とても刺激になる時間です。

今後、みなさんが出されたアイデアを材料として、小林さんの試作は続きます。

どんなパンが出来上がるのでしょう?

商品化がとても楽しみです!

 

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください