おいしさが伝わる表現レシピ 04「 ”高級だけど気軽”な ジョンソンヴィルソーセージ 」

飲食店さん・食品小売店さんなど、”おいしいもの屋さん”のための商品紹介アイデア。
~ おいしさが伝わる表現レシピ


04「 ”高級だけど気軽”な ジョンソンヴィルソーセージ 」

こんにちは。食の販売促進アドバイザー、山梨若菜です。

お客さんは高級な商品には手を出しづらいもの。

しかも、安さ・お得感がテーマのスーパーだったら、なおさら高級なものはハードル高すぎて見向きもされない。

・・・いやいや、そうでもないんですよ!


みなさん「ジョンソンヴィル」っていうソーセージご存知ですか?

ちょっと外国風のパッケージで、かなりジャンボなソーセージでとても目立ちます。


普段からスーパーにいかれる方だったら、お肉のコーナーでよく目にしているはず。

このソーセージ、600円~700円ぐらいします。(種類、お店の価格によって違います)

高い!です。(^^;

でもすごく人気で売れています。


売れている理由は、もちろん「おいしいから」というのはあると思いますが、このおいしいものだらけの世の中で「おいしいから」だけで売れるのは難しいはず!

ポイントは、”みんなが気軽に食べられるようなハードルの低さ”にあると思うのです!

私は普段、スーパーで300円台以上のソーセージは買いませんが、これは買ってしまった!


そのキッカケは、ツイッターでした。

ソーセージのおいしそうな写真がたくさんアップされているのを見たのです。

ジョンソンヴィルを食べたお客さんの、「こんな風に食べた。おいしかったー!」というツイート(投稿)を、ジョンソンヴィル側がリツイート(再投稿)しているものでした。



これが、リアルにおいしそうなんですよ!

高級食品によくありがちな、華やかなアレンジで、ワインなんか一緒に並べて、映えを意識したステキ写真・・・

というものではなく、けっこう庶民的なんです。


600円以上するソーセージなんですが、お客さんはとても”普通に”おいしく食べている。

焼いただけ、とか、茹でただけ。

映えを意識したお料理の写真があっても、定番のホットドッグくらいでしょうか。

ホットサンドメーカーをつかって焼いている写真も多くみられますが、特にみんなそれほど凝ったことをしない。

ごく簡単な楽しみ方のものがほとんど。

ジョンソンヴィル側が発信している食べ方も、かなりストレートで、ご飯とお味噌汁とジョンソンヴィルという日常的なものがあったりするのです。(^^)

え~! そんな気軽に食べていいんだ~?!(゚ロ゚) という感じで衝撃を受けました。

でもこの雰囲気がジョンソンヴィルにはよく似合っていて、おいしそうな感じが伝わってくるのです。



高級品だからこそ、特別な時の豪華な食材という方向もアリ。

でも、すべてがそうではないですよね。

値段は高いんだけど気軽に日常的に使ってもらいたいな~

できればご飯とお味噌汁みたいな普通の食事の中に登場させてほしいなぁ~

って商品もあると思います。

そんなときは、ちょっと敷居を下げてあげると、お客さんも気軽に買いやすいのかも。


---おわり。

「ことのは塾」山梨若菜

wakana@kotonoha-juku.co.jp

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください