おいしさが伝わる表現レシピ 02「”味の違い”は自分の感想で伝えよう!」

飲食店さん・食品小売店さんなど、”おいしいもの屋さん”のための商品紹介アイデア。
~ おいしさが伝わる表現レシピ

02「”味の違い”は自分の感想で伝えよう!」


こんにちは。食の販促アドバイザー、山梨若菜です。

私は昔、お茶の専門店で少しだけ働いたことがありました。
お茶の世界はワインやコーヒーに似ていて、とにかく味の表現がとても難しいんです!

微妙な違いをお客さんにも説明しなきゃならない。
そのために、スタッフは一生懸命に試飲をして味を覚えていきます。

この試飲の時に、先輩からおもしろいアドバイスをいただいたのです。それは・・・

「一応パッケージには、どんな味か書いてあるけど、飲んでみて自分が感じた味のほうを優先していいからね。」

・・・ということでした。


例えばパッケージのほうには「甘くフルーティーな風味が…」などと書いてあったとします。

でも、自分で飲んでみたら、甘味やフルーティーさは感じられず、どちらかというと「お花みたいな香りがする」と感じた。

この場合、パッケージに沿った文句ではなく”私の感想”のほうを優先。

「私が飲んでみたところお花みたいな香りがしました」と表現していい。ということなのです。


そんなことをしたら、スタッフみんなが違う味を表現してしまってお客さんが混乱するんじゃないか、と思ってしまいます。

しかしこれが意外にもうまくいくんですよ。


来店されるお客さんのほとんどは専門知識があるわけではなく、ただ純粋に”お茶を楽しみたい”という気持ちで来られています。

たくさんのお茶の中から「どれを選ぼうかな~」「どれがおいしいのかな~」というのを楽しんでいる。

そこに私たちスタッフがサポートとしているわけです。

だから、実をいうと”正しい答え”はあまり求められていなかったりします。(;^_^


”正しい商品紹介”をしようと思ったら、パッケージにある言葉だけで十分。

それよりも「私はコレ飲んだことがありますが、一番おいしいと思ったお茶ですね~」とか

「スッキリした紅茶なんですが、飲んでみたら意外にクセがあっておもしろいんですよ!」とか

「このお茶はスタッフの中でも好みが分かれるみたいで・・・」など。

”お茶に興味があるもの同士”としての会話が盛り上がったほうが、お買い物を楽しんでもらえるのです。


けっきょくお客さんはその会話の中から、自分で好みのお茶を選んでいかれます。

私が思うに、この”買い物行動”も、後のおいしさのひとつなんじゃないかと。


あとで買ったお茶飲みながら、「スタッフさんとこんな話したよなぁ~」って思い返しながら飲んだりしますよね。

お客さんのほうでもスタッフとはまた違う味わいを感じているかもしれません。

目的としては”正しい味”を感じてもらう事ではなく、お茶を楽しんでもらうことなので、それでいいんです。

なのでスタッフ側も”正しい商品紹介”をする必要はない。


もちろん、使いかたが特殊な商品だったり、甘さや辛さが特徴的な食品など、注意点があるものは明確に言うべきですが、

味の違いについては、個人の感想をそのまま言ったほうがお互いに楽しく、良い関係が築けます。


商品知識はある程度必要ですが、私は”体験”したことの方が重要だと思います。

それはやっぱり、お客さんに伝えやすいから。

個人の感想はお客さんのほうでもキャッチしやすい、心に響きやすいのです。


---おわり。

「ことのは塾」山梨若菜

wakana@kotonoha-juku.co.jp

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください