"いい人"が気になっちゃうフレーズ ~ 「○○さんには悩みがありました」

e_ha003こんにちは! 文章作成講座~「ことのは塾」の やまなし です!

今日は皆さんのようなマジメで"いい人"がつい気になっちゃうというフレーズをご紹介いたします! (*´∀`*)

"いい人"がつい気になっちゃうフレーズ・・・それは、

『 ○○さんには"悩み"がありました・・・ 』

というもの。

例えば、ブログやfacebookのタイトルに

『 人事部長には"悩み"がありました・・・ 』

と書かれていたらどうでしょう。

心のやさしいあなただったら、人が悩んでいるのを見てみぬフリしたくないですよね。

「悩みって何だろう?」と気になって、ついクリックしてしまうのではないでしょうか?

実は多くの人がそのような優しさを持っています。

(まぁ、多少の"やじ馬"的な気持ちもあるでしょうけれど (^_^;))

人が悩んでいると聞いたら、やはり気になってしまうんですね。

そのため、このフレーズを「キャッチコピー」や「3行広告」などに使うと、非常に目を引くものになるんです

実際に「ことのは塾」のお客様が使っていたフレーズをいくつかご紹介いたしましょう。

◆ 『 朝に弱い佐藤さんには、ある"悩み"がありました・・・ 』

◆ 『 この時期になると、尾上社長は"社内のアレ"に悩まされるのです・・・。 』

◆ 『 就職活動中の川本くんには、ある"悩み"がありました。それは・・・ 』

どうでしょうか。

なんだかちょっと"続き"が読みたくなるような言葉ですよね?

・・・

このようなフレーズを作るのは、実にカンタン。

あなたの商品やサービスを「喜ぶ人」を探せば、そこにヒントが見つかります。

先ほど、例に挙げた、

『 朝に弱い佐藤さんには、ある"悩み"がありました・・・ 』

というフレーズは、実は「レンジで温める朝食セット」のキャッチコピーです。

栄養バランスの良い3品が一つのトレーに入っているという商品で、あとはパンでも焼けばカンペキな朝食のできあがり。

そんな商品を喜ぶ人は、どんな人でしょうか?

「朝に弱い人」なんかは、いつも適当な朝食で済ませてしまっているでしょう。

そのような人なら、きっと喜びますよね。

そんな人を、

『 ○○さんには"悩み"がありました・・・ 』

というパターンに当てはめてみるのです。

すると、

『 朝に弱い人には、"悩み"がありました 』

となります。

そこに「実際の苗字を入れ込む」など少しアレンジを加えると、

『 朝に弱い佐藤さんには、ある"悩み"がありました 』

となるわけですね。

・・・

あなたの商品、あなたのサービスを喜んでくれる人をちゃんと把握することが、このフレーズを上手に使うためのコツとなります。

「どんな人に喜んでもらっているのかな?」

「どんな人に使ってもらっているのかな?」

そんなことを想像するのは、楽しいことですよね!

ぜひ、楽しくアピール文を考えてみて下さい!

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください