『○○のプレゼントに使われています!』

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

良いモノは、誰かへの「贈り物」として使われることが少なくありません。

贈る側の人は、「これだったらきっと気に入ってくれるだろうな」「あの人ならコレが似合うだろう」「こういう場に持っていくモノなら、こういったものがいいだろう」といったように、想いを巡らせて商品を選ぶのではないでしょうか。

昨今はカタチあるモノだけでなく、無形のサービスも贈り物として使われています。

母の日に「家のお掃除チケット」を贈ったり、結婚祝いとして、乗馬や陶芸などの「体験サービスのチケット」を贈ったりすることが増えてきていますね。

あなたの商品やサービスも、「こんな人への贈り物として喜ばれています」「こんな時のプレゼントとしてよく使われています」とアピールしていきましょう!

そうすれば、「そういうのを探してました!」という方がきっと現れるはず!

あなたの商品は、どんな時の贈り物として、よく使われていますか? あるいは使ってほしいですか?

また、どのような特長が贈り物として好まれていますか?

それを描くと、こんな商品紹介文になります (*^^*)


文章例 ~ プチ アイスケーキ 】

『このプチ・アイスケーキは、”ホームパーティーの手土産”によく使われています。』

かわいくてキレイなアイスケーキがたくさん入ったセットです。

パーティーがとても華やかになりますし、インスタ映えするので、パーティーの主催者さんにも喜んでもらえますよ。


【 文章例 ~ 選べる“2人で体験”チケット 】

『“両親の結婚記念日”にと、贈られるお子さんが増えています』

 「貸し切り露天風呂」、「ゆったりアフタヌーン・ティー」、「ガラス工芸体験」など、お二人で過ごすアクティビティが選べるギフトです。

いつも忙しくしているお父さん、お母さんに「ふたりですごす時間」をプレゼントしたい…そんなお子さんたちに選ばれています。

このように「こんな時の贈り物として使われていますよ」と描いておけば、「なるほど、そういう時に使うモノなんだな」「私もマネしてみようかな」という人があらわれるでしょう。

では、あなたの商品もこのテンプレートに当てはめて書いてみましょう!

A)あなたの商品やサービスは、どんな贈り物に適していますか?

~ 「誕生日」や「父の日」、「出産祝い」、「入学祝い」など、具体的なイベントを描いてもいいですし、

「友人へのお礼にちょっとしたものをプレゼントしたい時」、「県外に住む旧友に贈り物をしたい時」といったようなシーンを描くのもオススメです。

B)その商品にはどんな“ギフトに適した特長”がありますか?

~ その商品やサービスは、どのような点がギフトとして喜ばれているのでしょうか?

「こんなところが贈り物として喜ばれている」という特長を描いていきましょう。


C)そのためにどんな人たちに好まれていますか?

~ そのような特長を喜んでくれる人はどんな人でしょうか?

「こういうモノだから、贈りやすい」、「こういうモノだから、もらって嬉しい」

「贈る人」、「贈られる人」の両面から考えてみて下さい。


・・・

あなたの上質な商品やサービスを「プレゼント」に使ってもらえるよう、ぜひ「こんな贈り物に使われています」をアピールしてみて下さい!

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください