Q.何個 つくることができますか?


何個 つくることができますか?

稀少価値は、単純に言えば、

1) 生産数が少ない

2) 欲しい人が多い

のどちらか、またはその両方で生じます。

たとえば、あなたの商品やサービスが「提供に時間がかかる」というものなら、それを“稀少価値”としてアピールしていくことができます。

このプリンは1日に何個つくることが出来ますか?

この「プレミアム プリン」は、卵、牛乳、生クリームなどの材料から一つひとつ“手作り”で作るため、とても時間がかかります。

そのため、1日に“20個”しか作ることができません

予約は受け付けておらず、早ければ数時間で売り切れとなってしまいますので、ご来店は午前中の内がおすすめです。

こう言われたら、「レアなプリンなんだな」、「午前中から並ぼうか」と思いますよね。

それが「“残り”はあと3個です!」そんな風に言われたら、その商品が以前から欲しかった人は「早く買わなきゃ!」と焦ることでしょう。

その商品を知らなかった人にとっても、「へぇ、なんだか売れているモノなんだな」と印象に残ります。

あるケーキ屋さんでは、ショーケースの上の目立つところに小さなホワイトボードが置いてあり、

『 1日限定10本の「プレミアムロールケーキ」、本日はあと「2」本です。』

と、手書きで書かれています。

1日限定10本のロールケーキ、それがあと2本しか無いと聞かされたら、ちょっとそそられますよね?

・・・

原材料や素材に稀少価値がある、というのもアピールポイントになります。

「プレミアムオイルマッサージ」が、毎月、限定10名までなのはなぜですか?

「プレミアムオイルマッサージ」は、その名の通り、“特別なオイル”を使ったマッサージコースです。

希少なクロアチア産オリーブや、月曜日にしか収穫されない“マンデーアルガンオイル”など、レアな素材を使い製造されるこのオイル。

世界中にファンがいるため、いつも争奪戦になります。

私どものサロンでも交渉をして、何とか現在の輸入量を確保している状態です。

そのため、これ以上、人数を増やすことができません。なにとぞご了承下さい。

このように説明されたら、「なるほど、貴重なオイルなんだな」ということがわかりますね。

そして、「そのオイルを使うマッサージコースも、また良いものなんだろうな」と想像してもらえることでしょう。

・・・

あえて生産量を絞っている、というケースもあるでしょう。

なぜ、月に10着までしか服を作らないのですか?

わたしたちのお店では開店当初から、月に10着だけしか作らない、と決めています。

それは以前、いただいた服の注文をすべて受けたことで職人3人全員が体調を崩してしまったからなんです。

職人としては、お客さまからのご注文は本当に、本当にありがたいのです。

( 私たちは1ヶ月の注文がゼロだった時を経験しているので、なおさら)

だからこそ、一つひとつのご注文を大切にしたい、自分たちも万全の状態で服を作りたい、そのような考えから、1月に作る服は10着まで、というルールを決めました。

そのような“理由”“ストーリー”を聞かせてもらうと、そのブランドに対する気持ちも変わってきますよね。

ビジネスとしては、たくさん売れるなら売ってしまいたいとなるところ、生産量を抑えるのですから、そこには何かしらの“理由”があるでしょう。

それを語ることで、稀少価値、ならびに企業や職人としての“誇り”が見えてきます。

さぁ、あなたの商品、サービスは何個作ることができますか?

その“稀少性”をアピールしていきましょう。

『 何個つくることができますか? 』

『 作るのに時間がかかるため、月に○個だけ生産しています 』

残り○個です! 』

『 とても貴重な原材料を使うため、これだけしか作れません 』

『 あえて生産量を抑えています。それはこういう理由からです 』

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください