Q.何個 つくることができますか?


何個 つくることができますか?

稀少価値は、単純に言えば、

1) 生産数が少ない

2) 欲しい人が多い

のどちらか、またはその両方で生じます。

たとえば、あなたの商品やサービスが「提供に時間がかかる」というものなら、それを“稀少価値”としてアピールしていくことができます。

このプリンは1日に何個つくることが出来ますか?

この「プレミアム プリン」は、卵、牛乳、生クリームなどの材料から一つひとつ“手作り”で作るため、とても時間がかかります。

そのため、1日に“20個”しか作ることができません

予約は受け付けておらず、早ければ数時間で売り切れとなってしまいますので、ご来店は午前中の内がおすすめです。

こう言われたら、「レアなプリンなんだな」、「午前中から並ぼうか」と思いますよね。

それが「“残り”はあと3個です!」そんな風に言われたら、その商品が以前から欲しかった人は「早く買わなきゃ!」と焦ることでしょう。

その商品を知らなかった人にとっても、「へぇ、なんだか売れているモノなんだな」と印象に残ります。

あるケーキ屋さんでは、ショーケースの上の目立つところに小さなホワイトボードが置いてあり、

『 1日限定10本の「プレミアムロールケーキ」、本日はあと「2」本です。』

と、手書きで書かれています。

1日限定10本のロールケーキ、それがあと2本しか無いと聞かされたら、ちょっとそそられますよね?

・・・

原材料や素材に稀少価値がある、というのもアピールポイントになります。

「プレミアムオイルマッサージ」が、毎月、限定10名までなのはなぜですか?

「プレミアムオイルマッサージ」は、その名の通り、“特別なオイル”を使ったマッサージコースです。

希少なクロアチア産オリーブや、月曜日にしか収穫されない“マンデーアルガンオイル”など、レアな素材を使い製造されるこのオイル。

世界中にファンがいるため、いつも争奪戦になります。

私どものサロンでも交渉をして、何とか現在の輸入量を確保している状態です。

そのため、これ以上、人数を増やすことができません。なにとぞご了承下さい。

このように説明されたら、「なるほど、貴重なオイルなんだな」ということがわかりますね。

そして、「そのオイルを使うマッサージコースも、また良いものなんだろうな」と想像してもらえることでしょう。

・・・

あえて生産量を絞っている、というケースもあるでしょう。

なぜ、月に10着までしか服を作らないのですか?

わたしたちのお店では開店当初から、月に10着だけしか作らない、と決めています。

それは以前、いただいた服の注文をすべて受けたことで職人3人全員が体調を崩してしまったからなんです。

職人としては、お客さまからのご注文は本当に、本当にありがたいのです。

( 私たちは1ヶ月の注文がゼロだった時を経験しているので、なおさら)

だからこそ、一つひとつのご注文を大切にしたい、自分たちも万全の状態で服を作りたい、そのような考えから、1月に作る服は10着まで、というルールを決めました。

そのような“理由”“ストーリー”を聞かせてもらうと、そのブランドに対する気持ちも変わってきますよね。

ビジネスとしては、たくさん売れるなら売ってしまいたいとなるところ、生産量を抑えるのですから、そこには何かしらの“理由”があるでしょう。

それを語ることで、稀少価値、ならびに企業や職人としての“誇り”が見えてきます。

さぁ、あなたの商品、サービスは何個作ることができますか?

その“稀少性”をアピールしていきましょう。

『 何個つくることができますか? 』

『 作るのに時間がかかるため、月に○個だけ生産しています 』

残り○個です! 』

『 とても貴重な原材料を使うため、これだけしか作れません 』

『 あえて生産量を抑えています。それはこういう理由からです 』

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司


--- 「ことのは塾」が20年かけて集めてきた“商品紹介文のノウハウ”を、オンライン教室で公開しています!

講座ラインナップはこちら!

オンライン教室
【無料】2021/08/19 14:00~「よくある質問」ページの上手な使い方
オンライン教室
【無料】2021/07/21 14:00~ツカミの達人!キャッチコピーのつくり方(2)
オンライン教室
【無料】2021/07/07 14:00~「お客さまの声」の描き方
オンライン教室
【無料】2021/06/23 14:00~欲しくなる商品紹介文の書き方講座

・・・

各講座には【実践の時間】があり、その場で自社商品の紹介文を書いていくんです!

これまでの講座には、全国各地からたくさんの方にご参加いただき、たくさんの“商品紹介文”が出来上がりました (*^^*)

この時代だからこそウケる“商品紹介文”の書き方を知りたい方は、ぜひいらっしゃって下さい!

あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください