相談サービス開始!~”赤ちゃんのプロ”小林知世さんのご相談

eizi-icon-01 ことのは塾のビジネス相談サービス、開始しました!

【 「ことのは塾」の相談会 】
https://kotonoha-juku.co.jp/?page_id=1184

今のところ、県内藤枝市と静岡市(清水区)にて会場をお借りして活動しています。

先日、11月19日は、藤枝の「古民家カフェ ぶらり」さんをお借りしての相談会。

午後に来てくださったのは、ロイヤルセラピスト協会指定スクール「Smile Magic(すまいるまじっく)」の小林知世(こばやしともよ)さん。

”赤ちゃんとのコミュニケーション”に関する専門資格を取得し、その知識を活かした活動をされています。

 

知世さんご自身も小さいお子さん2人のママさん。

この日は小さな娘さんを連れて、相談に来られました。

2015110902

知世さんはご自宅で教室、「Smile Magic(すまいるまじっく)」を経営されています。

赤ちゃんのマッサージ「ベビーマッサージ」や、赤ちゃんとコミュニケーションを取るための方法「ファーストトーク」「ファーストサイン」などを教える教室です。

今年の5月には、さらに、赤ちゃん専門の撮影知識を勉強し、「ベビグラファー」という専門資格を取得されたそうです。

”赤ちゃんとのコミュニケーション”のプロとなった知世さん。

自分と同じ資格を取得したいママさんたちに向けて、資格取得のための講座もされています。

「この仕事は、子供の成長をそばで見守りながらできる仕事なんです。子育てを楽しみながらできる、こういう選択肢もあるんだよ!っていうことを伝えたい」

とおっしゃっていました。

お子さんへの愛情に溢れ、子育てを心から楽しんでいる様子がとても印象的でした。

 

今回のご相談内容は、「教室の生徒さんをどのように集めて行ったらよいのか」という内容でした。

教室としては、

・”赤ちゃんとのコミュニケーション”を学べる場

・ママさんが自宅起業するための資格取得の場

という2つの面がありますが、お話を伺ってわかってきたのは、「子育てを楽しんでほしい」という大きなテーマ。

ママはもちろんのこと、パパも、おじいちゃんおばあちゃんも、今しかない子供の成長をめいっぱい楽しんでほしい。

という、想いでした。

赤ちゃんとのコミュニケーション手段があれば、もっと幸せな時間を過ごすことができます。

知世さんが伝えたいのはその「子どもとの幸せな時間」なのだと感じました。

 

「子育てと愛情」というこのテーマを、誰にどのように伝えていくのか、これからじっくり一緒に考えていきたいと思います。

ママとしての経験を活かした温かみのあるビジネスですね!

2015110903

娘さんは途中までお絵かきをしていましたが、おやつを食べて眠くなっちゃったみたいです・・・・(*^^*)

ことのは塾の相談会は子育て中の女性の方も多いので、お子さん連れで来ていただいても大丈夫です。

一緒に、「想い」をビジネスにしていきましょう!

 

wakana-icon-03 【 「ことのは塾」の相談会 】についてのページはこちらです。

https://kotonoha-juku.co.jp/?page_id=1184

 

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください