志太榛原発酵茶研究会

発酵茶研究会講師

発酵茶研究会は、志太榛原地区の茶農家さん、茶商さんが集まって、発酵茶(紅茶・ウーロン茶)の製法やトレンドを勉強する会です。

前回に引き続き、マーケティングの分野として、「ことのは塾」の山梨栄司が、和紅茶の売り方についてお話させていただきました。

地元の和紅茶を発展させようとがんばっている皆様は真剣に聞いてくださいました。ありがとうございます。

 

発酵茶研究会1

会場の窓からは、広大な茶畑の景色が・・・・!

さすがはお茶の産地ですね。

暑い日でしたが、良い風が通っていました。

発酵茶研究会2

後半は、地区の発酵茶の試飲会。

紅茶がほとんどで、ウーロン茶がすこしだけあります。

茶葉の種類や摘み取り時期、製法などで味も見た目も変わります。

様々な茶園の紅茶をあじわえるので、この「違い」がとっても面白い!

試飲会に参加させていただいたのは2回目なのですが、おどろいたことに前回のものよりもおいしくなっているのです!!

あきらかに、味も香もアップしている!

職人さんの向上心が見えました。すばらしい。

発酵茶研究会4

和紅茶のパッケージはだいたいがこのスタンドタイプのアルミパックになってきました。

どこも、オリジナル感を出そうとがんばっています。

赤いパッケージの川根紅茶はちょっとレトロ感があって上品な感じ・・・

一方、可愛らしさで見せているパッケージもあります。

発酵茶研究会3

杉谷さんの紅茶。親しみやすい名前入りです。

薄いピンクのパッケージと、ほんわかしたイラストがいいですね!

とても印象的でした。

パッケージのデザインも、味覚を左右すると言われています。

この先、茶葉そのものだけでなく、それをイメージさせるデザインにも目を向けていくことが大事ですね。

 

 

 

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください