商品の魅力をわかりやすく伝えたいなら、『 対決! 』を書こう!

e_ha001こんにちは! 文章作成講座~「ことのは塾」の やまなし です!

チラシやメールマガジンを何回も書いていると、

「なんだか、いつも同じようなコトを書いてるなぁ・・・」

とマンネリ化に悩まされたりしませんか?

そこで今日はちょっと変わった「商品紹介の仕方」をご紹介しましょう!

今日ご紹介するのは、とある「中古車センター」の所長さんがメールマガジンを書く時に使っている文章作法です。

彼も実はメールマガジンをどう書こうか悩んでいた人の一人でした。

中古車の魅力を語ろうとすると・・・

「このクルマはここが良いです」

「このクルマはこんなところが魅力です」

という書き方になってしまいます。

それ自体は悪くはないのですが、毎週書いているとマンネリになってしまい、書いている本人も面白くないのです。

そのせいか、メルマガの反響も悪くなっていく始末・・・。

 

(読みやすく、それでいて中古車のアピールになるような書き方は無いものだろうか?)

所長さんは、それをずっと考えるようになっていました。

そのような書き方のヒントは、所長さんがいつも読んでいる"本"の中にありました。

職場にあったクルマの本に、

『 レクサス vs メルセデス ~ 今、買いなのはどっちだ!?』

という特集があったのです。

その特集では、レクサスとメルセデスの両陣営の代表的なクルマを取り上げ、

「走り」では、どちらが優れているか?

「安全性」では、どちらが上か?

「内装の豪華さ」では、どちらに軍配が上がるか?

といったことを"対戦形式"で紹介していたのです。

 

「これをウチのメルマガに応用してみたらどうだろう?」

所長はそう考えました。

毎週、2台のクルマを取り上げて、

「どっちのクルマが優れているか?」

というテーマでお店のスタッフが意見を出し合うという特集を組むようにしたのです。

ちなみに第一回の対決は、『TOYOTA ヴィッツ vs 日産 マーチ』でした。

お店のスタッフ8人に、「買うとしたらどっちがいい?」と聞いたところ、

「ヴィッツは(中古車の)数があるから、自分の好みに合った色や内装のクルマが見つか
る」

「マーチは女性ユーザーが多いから、内装がほとんど汚れていないクルマが多い」

といったように、それぞれの良いところ・悪いところが挙がってきたのです。

メールマガジンには、出された意見を、

-----------------------------

☆ ヴィッツ派が吼える!

『ヴィッツはこんなところがいい!』、『マーチはココがちょっとねぇ・・・』

★ マーチ派が叫ぶ!

『マーチのココが魅力的!』、『ヴィッツのココがどうも・・・』

-----------------------------

というように分類して載せていきました。

こうして"対比"してみると、ヴィッツの良さ、マーチの良さ、そしてそれぞれの弱点が、単独で紹介する時よりも鮮明に見えてきます。

中古車が欲しいなぁと思っている人にとって、これらの意見はとても参考になるものだったのでしょう。

この「対決!」をメルマガ上で行うようになってから、

・メルマガの反響

・メルマガの新規購読者数

がともにアップしたのです!

 

今ではメルマガ上で、

「A車に乗っている方」、「B車に乗っている方」

を募集し、それぞれのクルマの良いところ・不満なところをメールで送ってもらうようにしました。

(※応募してくれた方には謝礼として、抽選で賞品がもらえるようにしました)

お客様も巻き込んだカタチの『対決!』になっているわけですね。

・・・

この『対決!』という文章作法、みなさんのお店や会社にも応用できます!

この中古車センターのように、色々なメーカーやブランドのモノを扱っているお店なら、同じようにメーカー対決、ブランド対決をしてもいいですね。

あるブティックでは、

『 プラダ vs グッチ ~ 春の新作対決 』

という企画でチラシを作っていました。

対決と言っても、勝ち負けをハッキリさせる必要があるわけではありません。

双方の良いところを挙げる「応援合戦」のカタチになることも多いでしょう。

(良いところを挙げる中にも、少しだけ「ココがこうだったら、もっと良かったのに」的なポイントを入れ込むと、より面白い企画になりやすく、お客様の反応も良くなりがちです)

 

自社の商品やサービスだけを扱っているというお店・会社ならば、

『 自社商品同士の対決! 』

というのも中々面白くなるのでオススメです!

あるケーキ店では、お店の2大売れ筋ケーキで

『 レアチーズケーキ vs チョコレートスフレ ~ どっちがおいしい?対決!』

を大々的に行ったことがありました。

それぞれのケーキのファンを自認するお客様に集まってもらい、それぞれのケーキの魅力やおいしい食べ方を語ってもらい、それをチラシやダイレクトメールに載せたのです。

(この企画はマスコミにもリリースしたため、雑誌や新聞にも載りました)

あなたのところで同じような商品を2つ以上扱っているのなら、『対決!』という手法が使えるはずです。

「紙面がいつもマンネリ化しちゃってるなぁ・・・」と悩んでいるのなら、この文章作法を使ってみませんか?

 

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください