カンタンなのに注目度 がぜんUP!~ セリフ・タイトル

e_ha001こんにちは! 「ことのは塾」の やまなし です!

販売促進のための文章を書いていると、「短文でお客様の興味をひかなくてはならない」ことってありますよね。

例えば「メールのタイトル」。

メール本文を興味をもって読んでもらうための"仕掛け"を、何十文字かの短い文章の中に入れ込まなくてはなりません。

ホームページに載せる「キャッチコピー」なんかもそうですね。短い言葉であっても、お客様の興味をひかなくてはなりません。

また「3行広告」や「5行広告」なども、短い中でお客様の目にとまるようにしなくてはなりません。

短いのに読者の興味をひかなくてはならない・・・

そんな「短い文章」を書く時、こんな文章作法を使ってみてはいかがでしょうか!

最初にちょっと面白い実験結果をご覧いただきましょう。

ずっと以前、「ことのは塾」が一般のかたにアンケート調査をした時の結果です。

以下に挙げたのは、フィギュアスケートの荒川静香選手に関するウェブニュースのタイトルです。

-----------------------------

1) 静香金メダルフィーバー、周囲過熱

2) 荒川、金メダルは『思ったより重いですよ』

3) 荒川ら選手団、帰国の途に〔五輪〕

4) 荒川 魅せた 凱旋イナバウアー

-----------------------------

この4つのニュースがあったとしたら、あなたならどのニュースをクリックして読んでみたいですか?

一般の方、20人に手伝ってもらって、「どのニュースが読みたいですか?」と聞いてみたところ、 2)番のニュースを選んだ人が圧倒的に多かったのです。

その数、約7割。

4つとも内容は同じ「荒川静香選手」に関係する記事なのに、大多数の人が2番のニュースに興味をひかれたのです。

何がその"原因"となっているのでしょうか?

その違いをよく見てみると・・・2)番だけには『思ったより重いですよ』というセリフ表現が入っていることがわかりますね。

実はコレが重要なんです。

普通の小説よりマンガの方が読みやすいように、「セリフ」表現は私たちにとって、とても読みやすい表現方法です。

人との会話にそんなに難解な言葉を使う人は少ないですよね。そのため、セリフ表現も自然とわかりやすいものになるのが普通です。

セリフ表現はパッと目に入りやすく、またわかりやすい。

そんなところが、読者の興味をひく要因となっているのでしょう。

・・・

これって実は私たちが書く「商品紹介文」などにも同じことが言えるんです。

先日「いちご狩り」に行こうと思い、「いちご狩り情報」のリンク集ページを見ていたのですが・・・

-----------------------------

・ 秩父の名山に囲まれた静かな風景の中でいちご狩りを楽しめます。送迎アリ

・ 可動式ベンチ栽培によるバリアフリー完備のいちご園。いちごの他に無農薬野菜も

-----------------------------

といったような、よく見かけるタイプの宣伝文句が並ぶ中・・・

-----------------------------

・『ほんとのイチゴってこんなに甘いんだ!』 驚かせたいなら、さつきいちご園

-----------------------------

というコピーのいちご園があったんです。

30以上のいちご園が集まったリンク集で、上記のような一行コメントがずらずらっと書かれているページだったのですが、ココが一番目立っていました。

多くのいちご園の中から選んでもらうためには、まず読者にわかりやすくなくてはいけません。

また、他園のキャッチコピーに紛れ込んでしまわないよう、差別化を図る必要もあります。

そんな時、タイトルの中にセリフ表現を入れ込んだ、『セリフ・タイトル』が役に立ったのです。

この『セリフ・タイトル』、きっとあなたにも使いこなすことができます。

難しく考える必要はありません。

短文の中に、誰かのセリフを入れ込めば良いのです。

代表的なのは「お客様の声」。

-----------------------------

・『もっと早く買えば良かったです』 資生堂の新美容液、あなたはもうお使いですか?

-----------------------------

といったような感じです。

他にも「店員さんの声」も使えますね。

あるお店のメールマガジンのタイトルにこんなものがありました。

-----------------------------

・『ごめんなさい。仕入れすぎました・・・』お店を救って! 大放出セール開催中!

-----------------------------

こんな感じのも面白いですよね (*´∀`*)

カンタンにでき、しかも他社と差別化しやすい『セリフ・タイトル』。

あなたが文章を書く時にも使ってみませんか?

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください