【会議のコツ】 - 「何が悪いのか?」の会議から、 「どうやってやるか?」の会議へ

【会議のコツ】(1)

~ 会議では「何が悪いのか?」を探るのではなく、「どうやってやるか?」を決める

com-001

--- 日産自動車の会議法「V-up」では、『会議では「いかに◯◯するか?」など建設的な表現をしなくてはならない』という“会議憲法”があるそうです。

確かに多くの会議では、

「◯◯だからできない」

「◯◯が××しないとどうしようもない」

といったネガティブな意見が飛び交うだけ飛び交って、

「じゃあ、何をするか?」

を決める時にはモチベーションが下がり切ってしまっている・・・ということがよくあります。

だからこそ、「◯◯がダメ」 という表現ではなく、「◯◯のダメな状態をどうしたら良く変えられるだろうか?」というポジティブ表現に変えるのが重要。

(例)

×:「部長が協力してくれないからダメ」

◯:「部長が協力したくなるようにするには、どうしたら良いだろう?」

◯:「部長が協力できなくても実行するには、何をどうしたら良いだろう?」

【ポイント】

「◯◯がダメ」ではなく、「◯◯がダメだけど、どうしたらそこが良くなるだろう?」とポジティブ表現にして、改善策(=行動)を模索する会議にする

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください