「焼津さかなセンター取材」裏話

 

------------------

2013年11月より、焼津さかなセンター(静岡県)の情報発信プロジェクトを行っています!  

さかなセンター内のお店を「ことのは塾」が取材し、記事にしています。  

https://www.facebook.com/sakanacenter

-------------------

こんにちは!若菜です。

さかなセンターの取材をはじめて2ヶ月たって、なんとなく皆さんの状況がつかめてきた最近。

規模は小さくてもおいしいお店があること、そしてイチオシの自慢のおすすめ品が意外と隠れたところにあって、お客さんの目に入っていないことがわかってきました。う~・・・もったいない!!

取材記事と撮影用に、商品のサンプルをいただくことがあるのですが、食べてみて初めて「こんなにおいしいものがあったのか!」とびっくりします。

でも、その商品自体は大きく表に出ていない(あまりアピールされていない)ことが多い!

 

たとえば、「サバの麹漬け」

各店で味付けや製法が違って、面白い商品です!

ご飯に合って、とってもおいしいんですよ~!!

・・・が、カニなどに比べると商品自体が地味目なため、店頭であんまり目立っていない(アピールもされていない)のが残念。

105

 

 

 

 

 

 

もちろんお店の人も隠しているつもりはないのだと思いますが、さかなセンターの定番品「カニ」「桜海老」「しらす」などが売れ筋のイチオシアピールをしているため、どうしてもそれ以外の「魚の漬け」や「煮込み」なんかは地味になってしまうのです。

観光で焼津に来た人は、やっぱり桜海老やしらすを買いたいのだろうけど・・・

それ以外のおいしいものが実はたくさんあることを、もっと知ってほしい。

それと、地元の人もさかなセンターに買いにきたらいいのに・・・

と、思います。

普段の食卓で食べる「魚の切り身の漬け」や「干物」なんかをさかなセンターで買うと、その後、適当なところで魚買うのが惜しくなりますよ。

だけど、おそらく地元の人たちは、年末利用しかしないからか、そういう「普段のお魚」があることを知らないんでしょうね。

さかなセンターは、これから「地元の魚市場」としてのイメージをつけていく必要があるのではないかと思います。

 

 

 

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください