【見える化サービス】 ~ 良心を売る店 よしだ (静岡県 三島市)

 

~ 良心を売る店 よしだ (静岡県 三島市)

三島市 大場駅からすぐにある呉服店、「よしだ」さん。

http://www.daiba-yoshida.com/

DSC_1838
「良心を売る店」という屋号が示す、"誠意"の一端をこの日は目の当たりにしました。

お店に持ち込まれたのは、汚れ落としが必要な和服。

長い間、タンスの中で折り畳まれてしまわれていたため、絵柄の部分の金箔が他の部分に移ってしまっていたのです。

こういった着物が汚れてしまったというトラブルは多いそう。

その一つひとつに、よしださんはとても丁寧に対応します。

着物のクリーニングを専門にやっている業者に的確な指示ができるよう、着物をじっくりチェックします。

お客様が安心できるように、資料となる写真を撮ることも忘れません。

DSC_1808

なぜここまで慎重にするのですか?

よしださんに聞いたところ、

「その人、その家族の思い出がつまっているから」

という答えが返ってきました。

和服は“晴れ着”。

「この着物、あの時に着たなぁ」

と“ハレの日”を思い出すことができる、特別な服。

そして、和服は洋服とは違い、何代にも渡って着ることができます。

大事な人に、その思い出と共に受け継いでもらうことができます。

そんな和服ならではの魅力を絶やすことがないよう、よしださんはまさに全身全霊で一着の和服に向き合います。

・・・

今年、富士山が世界遺産に認定されました。

その富士山の麓に、こんな和の心を大事にするお店があるのは、偶然ではないのかも知れません。

「娘の七五三には、絶対和服を着せてあげよう」と思った一日でした。

DSC_1818

line01

【 店舗情報 】

有限会社 よしだ

設立 昭和28年4月1日

代表者 吉田幸枝

所在地 静岡県三島市大場128-8

TEL / FAX 055-977-1160 / 055-977-1519

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください