ChatGPTには『カンニング』をさせると良い?!

「ことのは塾」のやまなしです。

……ココは『日本一ハードルが低いChatGPT講座』……。

今日も教室に生徒さんたちがやってきましたよ (*^^*)


上田:先生、ウチの親戚が「和食屋」をやっててね…

やまなし:あぁ、あの公園通りの老舗の…

上田:そうそう。今度、新しい和食のメニューを考えたいんだって。

小林:老舗だからって、いつも同じメニューじゃ飽きちゃうもんね。

上田:そうなのよ。それでワタシにもアイデアを出してよって言ってきてね。

小林:なら、ChatGPTくんに聞けばいいじゃない。そういうの大得意よ。

上田:そう思って聞いてみたのよ。『新しい和食屋のメニューを考えて』って

やまなし:アイデアが出てこなかったんですか?

上田:いやいや、たくさん出してくれたのよ。コースの提案までしてくれて。

小林:その中から上田さんが選べばいいのよ。そこはニンゲンの役目だわ。

上田:それがさぁ。選ぶほど面白いアイデアが出なかったのよ。

やまなし:どういうことですか?

上田:いや、“数”はたくさん考えてくれるのよ。でも……なんて言うか……“よくありそうなメニュー”ばっかりで…。

「鯛のカルパッチョ」とか「ゆずシャーベット」とか…。

やまなし:あぁ…確かにChatGPTくんは「よくあるアイデア」を出しがちですね (苦笑)

小林:せっかく「新しいメニュー」を考えるんだから、斬新なアイデアとか、コレはっ!!っていうひらめきが欲しいわよね。

上田:でしょ? 先生、何か良いヒントはありませんか?

やまなし:そういう時、「和食メニューの斬新なアイデアを出して下さい」って言う前に、『カンニングをさせる』っていう手がありますよ。

小林:えぇっ?!カンニング~?

やまなし:そうです。たとえば、先にこんな質問をするんです。

『近年、話題になった「和食レストランのメニュー」はどのようなものがありますか?』

ChatGPT:近年話題になった和食レストランのメニューには、伝統的な日本料理に新しいエッセンスを加えた「ネオ和食」や、地元の食材を活かした創作料理があります。
例えば、東京のレストランでは、和食の基本に東南アジアのスパイスを加えた…

上田:わー、こんなことまで教えてくれるんですね。

やまなし:有料版のChatGPT-4や、GoogleのGeminiなんかは、インターネットで情報を集めてくれるので、こういうことも調べてもらえますね。

その回答をもらってから、“本当の質問”をします。

『それを踏まえて和食レストランの新しいメニューを考えて』

すると…

ChatGPT:はい、最近の流行を踏まえて、いくつか創造的な和食メニューを提案します。

・     まぐろの刺身タコス:メキシコ料理のタコスを日本風にアレンジ。タコスの具として、しょうゆベースに味付けしたマグロの刺し身を入れ…

・     紅しょうがのテリーヌ:紅しょうがを主役にした、見た目にも美しいテリーヌ。紅しょうがを中心に…

・・・(後略))

小林:わー、何かヘンなのがいっぱい出てきた(笑)

上田:でも、こういうメニューが人気なんだもんね。ある種の“お墨つき”があって斬新なアイデアは理想的かも。

やまなし:他にも『最近の若者に人気の食材は何ですか?』とか、『外国人観光客に人気の和食は、どんな“見た目”をしていますか?』といった質問をして“カンニング”させるのもいいですね。

小林:先に“答え”を知ってからアイデアを出すって、まさに“カンニング”ね。

上田:子供向けの和食メニューも作りたいって言ってたから、『子供が好きな和食はなに?』って聞いてみるといいかもな…。

小林:『和食が苦手な子供は、何が苦手なの?』って聞いて、『そうじゃない新メニューを考えて』ってするのはどう?

やまなし:いいですね! 逆からのアプローチは面白いアイデアが出そうです。

上田:二人ともありがとね。お店のスタッフも交えてアイデア会議をしてみるよ。

小林:いよいよ困ったら、「小林家のおしょうゆかけごはん」をメニューに加えることを許してあげてもいいわよ。

上田:それが「お店の一番人気」なったらビミョーだから遠慮するよ(笑)

【やまなし先生の解説】

ChatGPTくんに「◯◯についてアイデアを出して」とお願いしたい時、先に“カンニング”させる、という手法は、実にさまざまな場面で応用がききます。

あなたも何かについてアイデアを出す時、“下調べ”をしますよね?

ChatGPTがアイデアを出す時も、同じように“下調べ”をさせてあげる方が、より良いアイデアを出しやすくなるんです。

ある会社では、新製品のアイデアを出す時、

「リモートワークをサポートする製品を考えてください」

と質問する前に、

「コロナウイルスの流行以降、仕事の仕方にどのような変化がありましたか?」

と聞いてからから、

「その変化を支えるリモートワークをサポートする製品を考えてください」

とアイデア出しをしてもらったそうです。

“アイデアのヒント”になりそうな質問を先に考えさせる…それもChatGPTくんを上手に働かせるコツの一つですね。

【今日のまとめ】

☆ ChatGPTも人間と同じで、アイデアを出す前に“下調べ”をしたい

☆「アイデアを出して」とお願いする“前”に、「ヒントになりそうな質問」をしてみよう

--- 山梨 栄司 

『売れる言葉 セミナー 講師派遣』のページをわかりやすくリニューアルいたしました (≧∇≦)/

「良いモノをちゃんと作っている」

「それをちゃんと認めてもらいたい」

そんな企業や地域から、セミナー開催のご依頼をいただいております。

こちらのページに「開催実績」も載っております

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください