「想い」を伝えることが「売り上げアップ」につながる時代です ~ チラシ・HP、社内会議、社外とのコミュニケーション

専門家派遣の使い方

  • HOME »
  • 専門家派遣の使い方

「ホームページに何を書いたらいい? 内容について誰かに相談したい」

「この商品、どういう言葉でアピールしたらいいだろう? 自分だけで考えているとアイデアが浮かばない・・・」

「社員がチャレンジするような雰囲気を作りたい! チームワークについてわかっている人に相談したい」

「自分の得意分野をいかして起業したい! でも、何から始めたら良いのか・・・誰か道案内をしてほしい」

仕事をしていると、そのような様々な“悩み”や“相談したいこと”が出てきます。

こんな時、「他の会社では、こうやってうまくいきましたよ」、「御社の場合、このように考えるとアピールポイントがいくつも出てきます」といった“事例”や“ノウハウ”を教えてもらえると嬉しいですよね。

すぐに散らかってしまう部屋も、整理収納アドバイザーさんに診てもらうと、驚くほどキレイに整理整頓できるようになるのと同じです。

逆に一人で考えていると、堂々巡りになってしまい、時間ばかりが経ってしまう・・・結局、行動に移せずに終わってしまう・・・ということもよくある話です。

「 “悩み”は他人から見るとたいしたことではない 」

という言葉もあるように、あなたがずっと困っていることでも、他の人から見たら「それはこうすれば解決するよ」、「似たような手紙のサンプルをあげるよ」、「それができる人を紹介してあげるよ」と、あっという間に解決してしまうことであったりします。

「ことのは塾」には、 『 何から手を付けたら良いのか、迷っています 』というご相談が多く寄せられます。

そのような、具体的に困っているコトが無い(=明確にわかっていない)場合も、第三者に話してみると、「迷っているのはこういうトコロではないですか?」、「こういう風に整理してみましょう」とスッキリ整理できることが少なくありません。

「時間をムダに使いたい」、「悩む時間を伸ばして、イライラしたい」というのでなければ、「わかっている人に話を聞いてもらう」のは最良の手です。

Line-Brown

でも・・・専門家に相談する時には、もちろん「相談料」が必要になってきます。

専門家はあなたの悩みを解決するため、調べ物をしたり、経験者にインタビューをしたり、わかりやすい資料にまとめたり、と様々な作業をする必要がありますので、社員を一人雇うのと同じように“人件費”がかかります。

「ことのは塾」の個別相談も1回あたり2万~3万の相談料がかかります。

実際に体験された方からは、「相談して良かった。それだけの価値があった」と言っていただけるのですが( 参考:お客様の声 )、最初はちょっと不安ですよね (^_^;)

そこで、ご紹介したいのが「公的な専門家派遣の制度」です。

Line-Brown

◆「専門家派遣制度」とは?

— 国や県などの公的機関が、あなたの仕事のお悩みを解決する専門家を派遣する・・・それが「専門家派遣」の制度です。

利用できるのは多くの場合、中小企業、個人事業主、場合によっては起業を考えている段階の方でも利用が可能です。

「ビジネスには悩みがつきものだが、中小企業などは資金的に、専門家への相談ができないケースがある」ということで、公的機関などが資金的なバックアップをしてくれるのです。

・ 一部補助 : 専門家に支払う日当(相談料+交通費)の50%~66%を肩代わりしてくれる。あなたが負担する金額はおおよそ1万円程度(※交通費実費の金額によって異なります)

・ 全額補助 : 日当の100%を肩代わりしてくれる。あなたが負担する金額はゼロ。

の2種類があり、どちらであっても金銭的負担は軽くなります。

Line-Brown

◆ 何を相談できるの?

— 各派遣機関には、様々な経験やスキルを持った専門家が在籍しています。

その専門家が対応できる内容であれば、専門家派遣が可能だと言って良いでしょう。

「ことのは塾」は「仕事を楽しくする言葉のプロ」ですので、ビジネスにおける「言葉 / 文字の使い方」や「コミュニケーション」に強いです。

(具体的には「商品をどう売るか?」、「起業を成功させるためにお客様とどうコミュニケーションを取っていくか?」、「ホームページやブログに何を書くか?(内容)」、「社員とどうコミュニケーションを取っていくか?」といったテーマを得意としています)

他にも多くの専門家が在籍されていて「申告の仕方」や「労務管理の仕方」、「輸出業務の方法」やなど、様々なテーマについてあなたに助言をして下さるでしょう。

※ この制度では、基本的に「相談すること」に補助が下ります。「ホームページの作成」、「アンケート調査の依頼」など、別に費用がかかるものについては、別途支払いをする必要があります

Line-Brown

◆ メリット・注意点

☆ メリット

— 無料もしくは安価で経験豊富な専門家に相談ができます

: 経験豊富な相手に相談をすることで

例えば、「ことのは塾」に相談をした場合は、このような“成果”が得られます。

・ 同業他社や異業種の「成功例」・「失敗例」をたくさん教えてもらえる

・ 自分の商品の具体的なアピール方法がわかる

・ どこに営業をかけていったら良いかが決まる

・ 自分を引き上げてくれるキーマンに会うことができる

・ これまでやってこなかった「企業への営業」ができるようになる

・ キャッチコピーなどを一緒につくってもらえる

・ ロゴマークの作成などデザイナーへ依頼したい時、紹介をしてもらえる

・ 仕事に活かしていくべき「自分の強み」が見いだせる

・ 社内の風通しが良くなるような会議の仕方がわかる

・ 社員が積極的にチャレンジしてくれるような面談の仕方がわかる

ひとりで考えていたら発見できないコトも、相談していく中でどんどん見えるカタチになっていきます。

★ 注意点

— 使える回数が決まっています : 1年間(4月~来年3月)の間に「3回まで」、「5回まで」と回数が決められています。
(制度によって異なります)

3回で相談が終わる場合はそれで良いのですが、ビジネス相談の場合、もっと長いおつきあいになることが多いです。

ムリに3回で全て解決しようとせず、「3回の“お試し相談”」と考えていただく方が良いでしょう。

Line-Brown

◆ どんな人が相談に乗ってくれるの?

— 「ことのは塾」の山梨 栄司があなたとお話しをさせていただきます。

私のプロフィールはこちらのページをご覧になってみて下さい。

また、話し方などはこちらのページの動画を見ていただけると、雰囲気がつかめると思います。

Webセミナー ページ

※ 緊張しているので、いつもよりカタい表情になってはいますが (^_^;)

これまで相談に乗らせていただいた方の「お客様の声」は、こちらのページに掲載してございます

 

Line-Brown

◆ あなたが使える「専門家派遣」

— 「こんなに便利なら、みんな使ってるでしょ?」

そうです、使っていないのはこの制度を知らない人だけ。

知っている人は皆、何かしらの形で活用をしています。

では、あなたが使える「専門家派遣」制度をご紹介していきましょう。

Line-Brown

ミラサポ

・ ミラサポ(経済産業省): https://www.mirasapo.jp/

— 年度内に3回まで無料で専門家を呼ぶことができます。

最寄りの信用金庫、商工会などでの申込み手続きが必要ですが、中小企業はもちろん、個人事業主や、起業前の相談も可能な制度です。

多くの事業者の皆様にすでにご利用いただいております。

☆ これまでミラサポの制度を利用された方の感想がこちらのページに載っております。こちらもご覧下さい

ミラサポ利用者 「お客様の声」

☆ その他、最寄りの商工会、商工会議所、自治体などでも「専門家派遣」の制度を持っているところがございます。

「◯◯県 専門家派遣」などのキーワードで検索してみて下さい。お近くの支援機関の制度がきっと見つかります。

◆ ミラサポ 申し込みから相談までの流れ

1) 「ことのは塾」までご連絡下さい。今後の手続きなどについて詳しく紹介させていただきます

2) 「どのようなことを相談したいか?」のメモを一緒に作ります (あとで必要になります)

3) 支援機関 = 地域の商工会や信用金庫などに申し込みをします(メール・電話)※ 支援機関の連絡先もこちらで紹介いたします

4) 支援機関の担当者と面談をします: ここでは「専門家に聞きたいこと」、「なぜその専門家を選ぶのか?」などが聞かれます。※2)で作ったメモを元にお話し下さい

5) 相談をしたい日時の候補をいくつか挙げます。また、相談場所を指定します( あなたが指定してくれた場所にこちらが伺う形になります)

6) 支援機関から、「ことのは塾」へ依頼がかかります

7) あなたのところに伺う日程を調整します

8) 当日、あなたの指定された場所で相談を行います

Line-Brown

◆ さいごに

それでも「人に相談する」のって、ちょっとコワいですよね (^_^;)

これまで私に相談をしてくれた方に後から聞いたのですが、実は最初、

・ あまり儲かっていないから、バカにされるのではないか・・・

・ 自分の中で何を相談したら良いかがまとまっていないから迷惑かも・・・

・ 初めての起業なので「なぜ、そんなことをしてるんですか?」なんて言われたらヘコんでしまう・・・

って思っていたそうです。

確かにそんな風に対応されたらイヤになってしまいますよね (^_^;)

私も別の人に相談することがあるのですが、やはりそういったことは不安です。

そして、イヤな相談者に当たってしまったこともあります (TдT)

だからこそ、自分の相談では

・ 相談される方の過去を否定しない → 「これからどうしていきましょうか?」と未来志向の相談にする

・ 目標金額は聞きますが、現在の収益などは言いたくなければ内緒で結構です

・ 女性や学生さんからの相談も多いので、どのような方からの相談でも対等に温かく対応する

といったことに気をつけています。

・・・

こちらのページに私への「メールフォーム」がございます。

お名前とメールアドレスを入力して、「(4):ミラサポ等 専門家派遣の問い合わせをしたい」にチェックを入れて送信して下さい。

折り返し、どのような手続きをしていったら良いかをご案内させていただきます。

ほんのちょっとの勇気で、これからの仕事がどんどん楽しくなりますよ!

あなたとお話しできる日を楽しみにしております。

Line-Brown

ワークショップ開催、セミナー講演依頼など、お気軽にご連絡下さい

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Facebook

  • facebook
PAGETOP