「想い」を伝えることが「売り上げアップ」につながる時代です ~ チラシ・HP、社内会議、社外とのコミュニケーション

社内・店内研修 / ワークショップ / 講演・セミナー

  • HOME »
  • 社内・店内研修 / ワークショップ / 講演・セミナー

Line-Brown

seminar-top

「ことのは塾」は、熱い“想い”を持って仕事をする会社を応援します

「こういうモノが良いと思うんだ」、「この良さをもっと知ってもらいたい!」というメーカーや生産者・・・

「こういうことで困っている人たちを救いたい!」、「みんなで楽しさを分かち合いたい」という企業やサービスの提供者・・・

「スタッフ全員の気持ちを一つにがんばりたい!」という店長や「私も貢献したい!」というスタッフさん・・・

モノ余り、情報過多の時代と言われる現代、機能や性能だけではなく、そのような“想い”がその商品に魅力を感じるお客様を集める「鍵」、あるいはその企業で働く人を集める「鍵」になっていると私たちは考えます。

~ すでに多くの企業が“想い”を主軸にした仕事を展開しています

・ キリンビール

・ 三菱鉛筆

・ オートバックス

・・・etc.

【 参考事例 ~ キリンビール株式会社『 一番搾り~#シェアクッキング 』 】

   

「一緒に料理をする夫婦は、料理中に会話が増え、お互いの思いやりを感じるなど、楽しい時間を過ごせている」

 

そんな夫婦を増やしたい!という“想い”でキリンビールさんが展開しているキャンペーンです。

ただビールの売り上げを伸ばしたいためのキャンペーンではなく、「仲のよい夫婦を世の中に増やしたい」という“想い”が裏側にあるキャンペーン。

そのため、ビールとは関係の無い「お片付けグッズ」などもプレゼントとして贈られます。
( 最後の片付けがケンカの原因となってしまうことも少なくないとのことで、それを無くしたいと考えてのことだそうです )

このような“想い”がちゃんと込められているものは、一般のお客様も共感しやすく、企業側も楽しんで取り組むことができるでしょう。

  【 参考 】こちらの「ことのは塾」のブログでは、「 “想い”のこもった仕事 」をしている企業や商品 / サービスの事例紹介をしております。

・・・

企業の“想い” = 価値観に

お客様が共感して

購入やシェアを行う

そんな新しい時代に、御社ならどのようにお客様と接していけば良いのか?

それを私たちと一緒に考えていきませんか?

Line-Brown

— 「我が社はどのような“想い”をもって仕事をしているのか?」

「この商品は、どのような“想い”をもって作られたか?」

それらを明らかにし、お客様の心に届ける・・・

そのように“想い”を伝えていくことで、本当の意味でのファンがつく「ブランド」となっていくのではないでしょうか。

日本企業は、とても強い“想い”を持って働いています。

お客様のために何年も、何年もかけて開発していった製品・・・

お客様の笑顔を守るために、とても細かいところにまで気を配られた接客・・・

日本企業の“想い”は、それはそれは強いものだと私は感じています。

しかしながら、それをアピールするのがあまり上手ではないように思います。

私たちは職業柄、「良いモノ、良いサービスを提供しているのに、その“想い”がお客様に伝わっていない」という場面をたくさん見てきました。

良いモノの良さが伝わらないのは、企業にとっても、そしてお客様にとっても幸せなことではありません。

だからこそ、“想い”は伝えていく必要があるのだと、私たちは考えます。

とはいえ、様々な価値観を持つお客様に伝えていくのは容易なことではありません。

お客様の“共感”が得られるのは、どのような話題なのか?

どのような“伝え方”をすれば、お客様の心に届くのか?

良いモノ、良いサービスを提供している企業にこそ、知っていただきたい内容がたくさんございます。

商品づくりにかけた“想い”・・・

お客様と接する時に一番大事にしている“想い”・・・

この仕事を続けていく原動力となっている“想い”・・・

そのような尊い“想い”をちゃんと伝えていきましょう。

— インターネット、特にSNSが発達してから生まれた、新たな“動き”・・・それが「企業や商品を中心とした“ファン”の活動」です。

と言っても、従来のような「企業が主催・協賛するイベントやお祭り」のようなものではありません。

・ 特定のブランド服のファンが集まって、その魅力を語り合うパーティー

・ ある茶園のファンが、その魅力を他の人にも伝える「お茶会」

・ インターネットでつながったファンが同時刻から飲み始める「ネット飲み会」

・ あるブランドのベビー用品を愛用するお母さんが互いの子育てをサポートする「ママ友会」

・ 新生姜好きがメーカーの作った“博物館”に集まって、撮った写真をインスタグラムにアップする

これらの“集まり”に共通するのは、「みんな同じ“価値観”を共有している」ということ。

「○○が好き!」

「こういうのってステキだと思う。Coolだと思う」

「私は助けてもらって嬉しかった。その気持ちや経験を“他の誰か”にも分けてあげたい」

企業が大事にしている“想い”がお客様と共有され、それがさらに他のお客様にも広がっていく・・・

そんな“祝祭”の作り方・育て方を一緒に学んでいきましょう。

— “想い”を伝える「相手」は、“お客様”に限りません。

むしろ、一緒に働く仲間にこそ、経営者やリーダーの“想い”は熱く伝えられるべきでしょう。

「世の中をこうしたい」、「質の良いモノをみなさんに届けたい」・・・そんな“想い”が創始者やリーダーにはあったでしょう。

しかし、その“想い”が型にはめられた表現になってしまい、うまく伝わっていないことがよく見られます。

例えば「経営理念」。

『 お客様の豊かな生活のために 』・・・このような経営理念がよく見られますが、その言葉が表す“本当の意味”が現在のスタッフにちゃんと引き継がれているでしょうか。

次世代の若者や女性スタッフ、就職を希望する学生たちにもわかるように伝えられているでしょうか?

創業者の熱い“想い”が伝われば、社員一人ひとりの熱意は間違いなく上がります。

「このために私は頑張っているんだ」、「こんな世の中を作るために、私たちは一致団結しているんだ」

皆がそう思える組織を作るためには、“想い”を伝えることが大切です。

また、経営者やリーダーは「スタッフ一人ひとりの“想い”」をうまく聞けているでしょうか?

ある店舗では、スタッフのやりたいこと、得意なことをちゃんと聞いていくことでお店全体のレベルアップに成功しました。

社員や従業員スタッフは“機械”ではありません。一人ひとりが意思のある存在です。

そして、熱意をもって接してこられたら、熱意をもって返そうとする生き物です。

「熱意のある組織」は、毎朝、経営理念を唱和するだけでは実現できません。

ではどうすれば良いでしょうか?

お互いの“想い”を、お互いに伝わるような言葉で伝えていくしかないのです。

互いがどんなことを考え、どんなことを大切にし、どんな風に仕事の中で表現をしていきたいと思っているのか?

人手不足が大きな経営課題となっている今こそ、そんな“想い”のやり取りを実現していきましょう。

Line-Brown

「ことのは塾」の講演には、“3種類”のスタイルがございます。

1) 社内勉強会

2) ワークショップ

3) 講演 / セミナー

の3種です。それぞれを詳しく説明して参ります。

 

 

御社の商品やサービスを題材にして

・ この商品をつくる時、どのような“想い”で開発されたのか?

・ 店頭ではどのように伝えているのか?

・ 一番伝えたいポイントは何なのか? それは伝わっているのか?

といったことを一つひとつ確認していきながら、「 我が社の“想い”とはどういうものなのか?」を出席者全員で共有していく時間をつくります。

・・・

御社の業種や業態に合わせて話の内容をアレンジいたしますので、

・ 同業他社はどのような“想い”をもって仕事をしているのか?

・ 同じような顧客層を相手にしている異業種では、どのような“想い”の伝え方をしているか?

・ 応用が効きそうな広告の事例

などを紹介することができます。

『 一般論ではなく、自社の場合はどうしたら良いのか?を知りたい 』

『 社内の“想い”を一つにしたい! 』

そのような時には、ぜひ社内勉強会を開催しましょう。

Line-Brown

nougyo-tenjikai-01  nougyo-tenjikai-02

chirashi-02  chirashi-04

以前、講演を聞いて下さった企業様から、

「 ビジネスの中で、“想い”を伝えていくことの大切さがわかった。次は少し長い時間をかけて、実際にチラシやホームページに載せる“言葉”を考えたり、店頭に置くPOPを実際に作るようなワークショップを行いたい」

というご要望が多く寄せられました。

そのため、実際に何かの成果物をつくることを目的とした、『ワークショップ』の開催も承っております。

これまで

・ 実際に展示会で使うチラシやパンフレットに載せる内容を考える

・ 他部署の人やお客様と協力し、ホームページの内容をリニューアルする

・ 創業時の熱い“想い”を、どのようにお客様に伝えていくか? のアイデアをテーブルごとに出して競い合う

といったテーマで開催して参りました。

全社員が参加するワークショップから、広報部だけが参加するワークショップ、お客様も含めたワークショップなど、規模やスタイルも様々にございますので、ご要望に合わせて設計をさせていただきます。

・・・

— 社内・店内のスタッフ全員と心を一つにして、販売促進に向かっていく雰囲気をつくるワークショップが人気です。

くわしくはこちらのページをご覧下さい

・・・

□ 勉強会・講演とワークショップの“違い”

勉強会・講演 : 基本的に“座学”で知識を学びます。ビジネスで“想い”を伝えることがどのような効果をもたらすかや、実際に企業や店舗が行っている手法などを知ることを目的とします。

所要時間:60分~120分。ご要望に合わせて長さや内容を調整することが可能です

ワークショップ : 実際に手やアタマを動かし、“想い”を伝えるためのチラシやPOP、お客様に想いを伝えるためのプロジェクトの企画書などを実際に作ることをゴールとします。

所要時間:120分以上の時間があると、参加される皆さんにも余裕をもって製作に取り掛かっていただくことができます。

複数日に渡って行うワークショップや、丸一日(6時間ほど)で多くの成果物をつくるワークショップ等も多数開催して参りました。

【 作って、人に見せることで“気づき”を得ることができます 】

ワークショップでは、実際に「商品紹介文」や「キャッチコピー」、チラシや店頭POPを作って、それを他の参加者に見せて互いに評価をする、という時間を取ります。

「 私はこう考えたけれど、他部署の人はそう考えるんだと感心した 」

「 これまでは、仕事だからと私情を挟まないようにしていたけれど、自分の本心が伝わる方が相手の心も動かすことがわかった」

「 一緒のテーブルになった人のちょっとした質問で、「この商品は、そういうトコロが注目されているのか」 と新たな発見があった」

といった“声”をいただいております。

組合での総会や、他店との合同ワークショップを行った企業様からは、

「 他社に勤める方の意見を聞く機会はあまり無いから新鮮だった 」

「 自分がいかに固まった視点でしか商品を見れていなかったことに気がついた 」

といったような“声”をいただきました。

普段、仕事で接するメンバーとはまた違う人に見せることで、新たな視点からの評価をもらうことができます。

◆動画でもご覧いただくことができます。

Line-Brown

 

 

「“想い”を伝える」を学ぶ「講演 / セミナー 」は、同業種組合の“総会”や、 異業種の方が集まる “交流会”、金融機関の“ビジネスクラブ”などで多く開催されています。

・ 様々な企業が、すでに取り組んでいる「 “想い”のこもった仕事の事例」紹介

・ 自社で実践していく時に気をつけたい“ポイント”

・ 従業員やお客様を巻き込んでいく時のコツ

などをご紹介して参ります。

・・・

同業者組合の総会など、業種が決まっている場合は、皆様の業種に合わせて事例や話の内容をアレンジして持って参ります。

( 業種がバラバラの場合でも、参加者名簿を事前にいただければ、参加される方の業種に合わせたお話を用意させていただきます )

一般論になりすぎない、自社に持ち帰ってすぐに使える内容を心がけております。

・・・

“聞くだけのセミナー”ではなく、参加者一人ひとりが考え、別の参加者と語り合う時間を設けています。

「企業としてどのような“想い”を持って活動しているか?」

「どのようなやり方でお客様とコミュニケーションを取っているか?」

などを、他の参加者と話し合う時間を積極的に設けるようにしております。

自分の考えを整理することができ、また他社や他部署の考え方に触れることで新たな“学び”を得ることができるため、とても好評な時間です。

・・・

SNS全盛の時代だからこそ、もう一度見直されている“想い”のチカラ。

古くて新しいテーマのセミナーを開催してみてはいかがでしょうか。

Line-Brown

「ことのは塾」は、ビジネスにおける“言葉”の専門家として、これまで100を超える企業・自治体・商工会議所様などからの依頼を受け、のべ400回以上の講演・セミナーを行って参りました。

木-3

 

≪ これまでのセミナー開催実績(一部)≫

 

フジッコ株式会社 定期講習会 (兵庫県)

株式会社 やずや 社員研修会 (福岡県)

株式会社 ジーエス・ユアサ バッテリー 協力企業向けセミナー (東京都)

伊藤忠ファッションシステム (東京都)

味の素KK 社員研修 「お客様に届くことば 研修会」 (東京都)

アスワン株式会社 (カーテン・カーペットメーカー)小売店向け総会(東京会場・大阪会場・広島会場・福岡会場)

イーコマース事業協会 (旧 e塾) 定例会 (大阪府)

九州ECミーティング 勉強会 (福岡県)

e商人養成塾 e商人養成セミナー (高知県)

日本JC石材部会 文章力・販売力アップセミナー(京都府)

PIPI-NET(ホームページ作成) 顧客企業向けセミナー(東京都)

協同組合カラコロチェーン(靴小売業)勉強会 (滋賀県)

静岡県 化粧品小売協同組合 文章力アップセミナー × 2回開催(静岡県)

・ Life as Art Beautyしばはら & LabCosme ( 化粧品店 ) : ニュースレター研修会(のべ5回)

株式会社 エス・アイ・ピー 文章力アップセミナー(東京都)

株式会社アットリッチ 美容院 社員合同セミナー(東京都)

独立系FP あんしん設計 顧客向け勉強会(長野県)

株式会社 アベ経営 顧客向けセミナー (兵庫県)

株式会社ティーライフ 社員研修 (静岡県)

有限会社川本商店 社員教育セミナー (埼玉県)

美容室Green Park  スタッフ向け 店舗PRセミナー(愛知県)

株式会社 オレンジハウス 社内勉強会チラシ力アップセミナー(静岡県)

サンプラス共栄会 講演会 (富山県)

長岡京市 長岡中央商店街振興組合  チラシ・DM・ホームページセミナー(京都府)

しずおか私塾会 ~ 学習塾のチラシのための「言葉」勉強会 (静岡県)

静岡商工会議所 EC実践塾 セミナー × 3回開催 (静岡県)

静岡商工会議所 起業塾(起業者向けセミナー) (静岡県)

島田商工会議所 文章力アップセミナー 【5回連続シリーズ】(静岡県)

秋田県鹿角市役所(観光商工課) インターネット起業セミナー(秋田県)

岐阜県可児市商工会議所 青年部(YEG) 定例会 (岐阜県)

藤枝エコノミック・ガーデニング 公開講座~ “新”開発に情報をどう活用する? (静岡県)

~ ビジネスモデル・キャンバス講座 ~ 「儲けのしくみ研究会」(全10回)

東京都立産業技術研究センター ものづくり企業のための販売促進セミナー (2010年度~2014年度) (東京都)

長野県農業会議 ~ 農産物ブランディング講座 (長野県)

福井県農業会議 農業法人向け「米と野菜を売る」セミナー (福井県)

宮城県農業会議 ~ 高くても売れる米・野菜は“伝え方” が違う!

青森県農業会議 ~ 高くても売れる米・野菜は“伝え方” が違う!

静岡県農林技術研究所 発酵茶研究会 ~ 静岡産紅茶のPR勉強会 (静岡県)

・ 「ことのは塾」主催セミナー (札幌・仙台・東京・埼玉・大阪・京都・静岡・愛知・福岡 etc.)

(※順不同 敬称略 )

Line-Brown

講師紹介

山梨栄司(やまなし えいじ)

1972年 8月 2日 生まれ 静岡県静岡市清水区在住

有限会社ビーサイド・ライブ ( 「ことのは塾」 )代表

横浜国立大学 教育学部卒業後、マーケティング企業勤務を経て、2003年に独立。

「好き」、「楽しい」、「熱くなる」などの“想い”を大事にしたマーケティングで、数多くの企業・店舗のビジネス目標の達成をサポートしている。

得意分野は「顧客コミュニケーション」。

商品や仕事に込めた“想い”を伝え、お客様と対話することで「応援される商品」を作り出していく手法に定評がある

☆ 直通メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

asset.facebook.logo.lg : https://www.facebook.com/yamanashi3

より詳しいプロフィールは、こちらのページにございます。

山梨若菜 (やまなし わかな)

1981年 1月 29日 生まれ  神奈川県 横須賀市出身 静岡県静岡市清水区在住

・幸せなお店をつくる 販売促進アドバイザー

・2級販売士(日本商工会議所リテールマーケティング)

・著書:「飲食店・ネットショップのための ”おいしさを伝えることば塾”」同文館出版

2006年より、食品店向けの商品紹介のしかたを書いたメールマガジン「おいしさがグッ!と伝わるアピール方法」を発行。

2008年にその内容が本になり出版後、日本各地の食品メーカーや小売店、農産物直売所などにてセミナーを行う。

マーケティングや販売促進の知識が浅い方にもわかりやすい商品紹介の考え方や、お客さんへのおすすめトークのしかた、チラシ・POPのつくりかたなどを教える。

難しいことはなるべくナシに、まず売り手側が楽しむことでお客さんを巻き込む、エンターテイメント型の販促を伝えている。

☆ 直通メールアドレス : wakana@kotonoha-juku.co.jp

asset.facebook.logo.lg : https://www.facebook.com/wakana.yamanashi.3

より詳しいプロフィールは、こちらのページにございます。

Line-Brown

 「ことのは塾」の本 『 “おいしさ”を伝えることば塾 (同文舘出版)』好評発売中!

— 『 どのように伝えたら、その商品 / サービスの魅力が伝わるのか? 』 32の“伝え方テクニック”を紹介しております。

「食べ物」が題材になっておりますが、これは“誰もが身近に感じられるモノの代表”として挙げているものであり、飲食店や食品販売以外の方にも十分、応用していただける内容となっております。

( 実際、弊社のお客様でこの本を買われている方は、飲食店以外の方が多いです (^_^;) )

宣伝部門の方や営業担当の方はもちろん、アルバイトさんにもわかりやすく、実践できる内容を目指しました。

ぜひ、皆さんで読んで、実践に取り組んでみて下さい!

読者レビューを読む ( Amazonレビュー )

本を購入する ( Amazon )

本を購入する ( Yahoo!ブックス )

Line-Brown

☆ 講演会 標準プラン (※ご要望に合わせたアレンジ込)(約90分~150分):12万円 (税別)

☆ ワークショップ 標準プラン(約3時間~7時間): 18万円(税別)

☆ 社内 / 店内研修 標準プラン(※ご要望に合わせたアレンジ込)(約90分~150分):12万円 (税別)

※ ワークショップは複数日に分けて開催することも可能です。詳細はご相談下さい

別途、交通費実費をご負担下さい ( JR 清水駅より新幹線 指定席利用 )

宿泊を伴う場合、宿泊費 1万円をご負担下さい

◆ 予算のご相談に柔軟に対応いたします。

— 「ことのは塾」はこれまで多くの講演会や企業研修を行なって参りました。

標準プランのみならず、予算に合わせた講演や研修会の設計が可能ですので、安心してご依頼下さい。

Line-Brown

kensyukai_seminar-05

“売れる言葉”の研修会に興味を持っていただけましたでしょうか?

「自社でも“想い”を伝えるマーケティングの社内研修会をやってみたい」

「組合の総会で“想い”を伝える仕事の仕方の研修をしてみたい」

そう思っていただけましたら、まずはお気軽にご連絡下さい。

line01

【「ことのは塾」サービス 申し込み方法】

下記フォームからお申込み(お問い合わせ)下さい。折り返し、担当者から連絡差し上げます。

◆ お名前 (必須)

◆ メールアドレス (必須)

◆ 企業・店舗名

◆ 郵便番号

◆ 住所

◆ 電話番号

◆ ホームページアドレス

◆ 申し込みメニュー(必須)

(1):社内勉強会を開催したい(2):ワークショップを開催したい(3):セミナー/講演の依頼をしたい(4):講演などについての問い合わせをしたい

※お問い合わせの内容をこちらにお書き下さい

☆ フォームが使えない時は、こちらのメールでも受け付けております。

◆ メール宛先 : start@kotonoha-juku.co.jp

※ メールに上記フォームの内容を記入しお送りください。

Line-Brown

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP