区切り線

このメールマガジンは、「ことのは塾」と名刺交換をさせていただいた皆さんにお送りしております。

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

「ことのは塾」の会員さんには有名な大企業の方も多いのですが、小さな会社、小さなお店で頑張っている方も多くいらっしゃいます。

このメルマガを読んでいる方の中にも、そんな方が多いのではないでしょうか。

今日はそんな皆さんのための文章作法です!!

例えば、あなたが家を建てるとしましょう。

大きなローンを組みますので、まさに「一生モノの我が家」としたいものです。

あなたが家を建てるなら、

A) 社員数 500名のハウスメーカー

B)社員数 3名の工務店

のどちらが「信用できる」と思いますか?

おそらく、多くの方が、「A) 社員数 500人のハウスメーカー」の方が信用できそうと答えるのではないでしょうか。

もちろん、信用できる小さな工務店、信用できない大手メーカーも存在します。

ですが、『 大企業 = 信用できる 』と考える人は、実際少なくありません。

では、小さな工務店の方が

『 当社は社員3名の小さな会社ですが、一所懸命がんばります! 』

と言ったらどうでしょう?

今度は信じられる?そんなことはないですよね。

そこで売っているものがケーキのような小額のモノなら良いのですが、いかんせん、買いたいものは”一生モノの我が家”です。

「がんばります!」という言葉だけで、お客様を信用させるのは難しいかも知れません。

では、こんな言葉だったらどうでしょうか?

『当社は社員3名の小さな会社です。

  だからお客様の家づくりを、最初から最後まで同じ3人が担当します』

今度はどうでしょう?この言葉だったら、まぁ納得できるのではないでしょうか。

「3人しかいないから、3人でやる」と、ごく当たり前のことを言っているだけです。

きっとそこに反論は生まれないでしょう。

実は、それがとても大切なんです。

『 当社は社員3名の小さな会社ですが、いっしょうけんめいがんばります! 』

という言葉は、「小さな会社ですが・・・」と”逆接”になっています。

そのため、反論が生まれやすいんですね。

「そんなに小さな会社で大丈夫なの?」とお客様が思うのも仕方ないでしょう。

一方、「小さな会社です。だから○○です」という言葉は”順接”になっています。

そのため、お客様の反論は生まれにくく、こちらの主張を素直に聞いてもらいやすいんですね。

ですから、この言葉の後に、

———————

家作りの全てを同じ人間が担当するというのは、実は非常に大切なことなんです。

ずっと同じ人間が担当すれば、お客様もだんだんワガママが言いやすくなるでしょう。

せっかくの家作りですから、こちらもワガママを言ってもらった方がありがたいんです。

また、「営業マンと言ってることが違う」、「あの人に伝えたことが設計に反映されてない」というようなミスがなくなります。

小さな工務店に依頼するメリット、実はそんなところにもあるんです

———————

というような言葉が続いたらどうでしょう。

「小さな工務店に頼むのもいいかな」って思えてきませんか?

・・・

文章での説得は、この「まず、素直に聞いてもらえる」ということがとても重要です。

その後に続く、『信用を得るための言葉』を聞いてもらうためには、お客様に「ホントかな?」と思わせてはいけません。

お客様が「疑わしいな。何とかアラを見つけてやろう」と思って読むのと、そうでないのとでは、説得の成功率が大きく変わってきます。

相手に素直に受け取ってもらいやすいようなことを言う、それも”売り上げがアップする文章”を書く時の大切なポイントです。

規模の小さな会社や、歴史の浅い会社が”文章”を書く時、どうしても「当社は○○ですが・・・」と”逆接”の文章を書いてしまいがちです。

書いている本人は謙遜しているつもりなのですが、それが「何だか頼りない・・・」というイメージを与えてしまっているとしたら・・・あまり良いことではないですよね。

規模の小さいことや、歴史の浅いことを”負い目”に感じることはありません。

規模が小さい、だからこそ!

歴史が浅い、だからこそ!

というアピールをしていけば良いのです!

「規模が小さい。だからこそ、スタッフ全員があなたの担当をします」

「歴史が浅い。だからこそ、最新の技術を持っています」

と”弱点”もアピールポイントにしていくことができますからね。

小さい会社は、見方によってはそれが”強み”にもなります。

「小さいですが、がんばります」といった逆接表現はやめて、

「小さいからこそ、○○です!」という表現に変えてみてはいかがでしょうか。

きっとお客様の見る目が変わりますよ!— 「ことのは塾」 山梨 栄司

8月、9月にかけて、様々な講演のご依頼をいただいております(*´ェ`*)

ご依頼いただいたテーマは実に様々。

「商品の紹介文の書き方」といった基本的なものもあれば

「記憶に残る“自己紹介”の仕方」、「お金を出してもいい“情報”の作り方」といった変化球、

「観光農園に外国人観光客を呼ぶためのSNSの使い方」といった業界ピンポイントなテーマも(*´ェ`*)

どれも“言葉の使い方”なので、私たちの経験(成功例や失敗例)や、言葉のノウハウをお話してこようと思っています(*´ェ`*)

言葉ひとつで商品の売れ行きは変わり、来客数も変わります。

お客様にもっと喜んでもらうため、その結果として売り上げや利益をアップするため、今、“言葉”を学んでみませんか?

日本全国、どこへでも伺いますし、公共の制度を使って、受講後の“個別 アフターフォロー(無料)”も可能です(*´ェ`*)

「参加者の満足度が高い講演」、「話を聞くだけで終わらないセミナー」をお探しなら、ぜひ「ことのは塾」のセミナーをご検討下さい!

↓ こちらのページに「開催の様子」や「これまでの講演実績」などが載っております。

「ことのは塾」のセミナー

区切り線

check

 “想い”の伝え方ノウハウは、こちらにも載っています。

twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

ブログ

twitter

区切り線

「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

 — 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

 “どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

 誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

 「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

 「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

 「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

 などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

 お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin

 発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin

 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin

 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin

 お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin

 メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin

「ことのは塾」プライバシーポリシー