その『プレゼント企画』、売り上げアップにつながりますか?

区切り線

このメールマガジンは、「ことのは塾」と名刺交換をさせていただいた皆さんにお送りしております。

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

皆さんはこんな広告を見たことがありませんか?

「あの極上ワインをプレゼント!」

「腕時計を3名様にプレゼント」

「高級旅館 宿泊券 さしあげます」

このような「プレゼント広告」、きっとあなたも見たことがありますよね?

誰もが必ず一度は目にしている、このような『プレゼント広告』。

賞品目当てに集まった人から住所や名前、メールアドレスなどを聞き出し、後日、彼らにダイレクトメールを送る・・・そんな使われ方で販売促進に一役買っています。

あなたのお店や会社でも、そのようなプレゼント企画を行ったことがあるのではないでしょうか?

でも・・・プレゼント企画って思ったほど売り上げアップにつながらないんですよね(涙)。

うんうんと大きくうなずいたあなた、ぜひこの続きをご覧下さい!!

  プレゼント企画がなぜ売り上げアップにつながらないのか?

その原因の一つに、『 プレゼントをもらった人が、実際の顧客にならないから 』ということが挙げられるでしょう。  

プレゼントに応募してくる方たちは、私たちが思うより256倍したたかです(笑)。

プレゼントをもらうためにネコの名前まで使って応募ハガキを書く、プレゼント応募のためだけに無料のメールアドレスを作る、なんてことはもう”当たり前”。

にわかには信じられないかも知れませんが、1日30枚応募ハガキを書くという主婦も珍しくないのです。

彼らは、自分がどのプレゼントに応募したかなど覚えてはいません。

当然、何と言う会社が主催したプレゼント企画かなど、覚えているはずもありません・・・。

あなたが必死に予算を捻出して用意したプレゼントの多くは、そんな”プレゼント・ハンター”によって狩られ、本当にそれを求める人の手に渡ることは無いのです・・・。  

大企業は、それを百も承知でプレゼント企画を行っています。

その理由は「プレゼント企画はマスコミに載りやすいから」。

タウン情報誌などは、「何かしらの読者プレゼントを用意してくれたら載せてあげる枠」というものが存在するところが少なくありません。

そのようにマスコミを有効活用するため、プレゼント企画をあえて行うわけですね。

プレゼント企画にかかるコストを“宣伝広告費”と割り切って考えるなら、それも良いでしょう。

・・・

では、マスコミ活用をしない会社やお店が「プレゼント企画」を実施する意味はあるのでしょうか?

何人かの「ことのは塾」会員さんに聞いてみたところ、「プレゼント当選者が、その後、定期的に商品を買ってくれる優良顧客になった」という例は数パーセントしかなく、かかったコストに見合う”結果”が出ていないお店がほとんどだったのです。

ある寝具店ではメールマガジンの創刊に際して、プレゼント企画でメールアドレスを集めようとしました。

大型テレビなどのスゴい賞品を用意して応募者を募った結果、集まったのは、なんと1万人!

(・・・この内、5%が注文してくれたとしても500人からの注文が来るわけだ)

という店長の見込みは大きく外れ、寄せられた注文はわずか2件だけでした。

このお店で扱っている寝具が1万円以上のものばかりだったからということもありますが、ヒジョーにさみしい結果です。

「大型テレビを当てた人は、その後、何か買ってくれたんですか?」

迂闊にもそんな質問をしてしまったワタシは、その後の店長さんの沈黙に耐えることができませんでしたヨ、えぇ (-_-)

でも先ほどもお伝えしたように、実はそのような結果に終わることは珍しくないのです。

プレゼント企画をやればやるほど赤字が増える・・・

つまりプレゼントにかかる『コスト』に見合うだけの『売り上げアップ』を得ることができないケースは非常に多いのです。

だから「プレゼント企画」なんか、やめましょう!

・・・な~んて結論で終わるほど、「ことのは塾」は安易ではゴザイマセン。

プレゼント企画で「優良顧客」が得られないのであれば、別のものを得るようにすれば良いのです。

「ことのは塾」会員の『お漬け物屋さん』に、とてもユニークなプレゼントキャンペーンを行っているお店があります。

当選者がもらえるのは『豪華お漬け物セット』。

賞品自体はさほど変わったものではありません。

このプレゼントのユニークなところは、応募をする際に、お店が用意したある”質問”に答えなくてはならないという点にあります。

その”質問”とは、次のようなものでした。

——————————————–

『Q.あなたが賞品の漬け物セットに名前をつけるとしたら、どんな名前にしますか?』

——————————————–

プレゼントの応募用紙には、「セットにどんな漬け物が入っているのか」、「一つ一つの漬け物はどんな特長を持っているのか」が書かれています。

あなたがプレゼントに応募しようとしたら、つまり”そのセットの名前を考えなくてはならないとしたら”、その商品説明文をじっくり読むことから始めると思いませんか?

まずここに一つ目の工夫が隠されています。

プレゼントの名前をつけてもらうという名目で、お客様に漬け物の商品説明をじっくり読んでもらうことができるのです。

もちろん、届けられる「名前のアイデア」もバカにしたものではありません。

この時は非常に良い名前案がたくさん届けられ、実際の商品名もその中から選んだそうです。

また、別のプレゼントキャンペーンの時は、こんな質問をしたことがありました。

——————————————–

『Q. ○○屋では女子高生に漬け物ブームを起こさせたいと思っております。ちょっと本気で思っております。・・・さて、どうしたら良いでしょうか? 』

——————————————–

なんともバカバカしい質問ですが、それを面白がってくれたお客様からアイデアがたくさん届けられたそうです。

他のお客さんがどんなアイデアを出したのか、あなたは気になりませんか?

その”結果”が次のメルマガに載っていると言われたら、メルマガが届くのが楽しみになってきませんか?

このようにプレゼント企画を「メルマガのネタづくりに活用する」ということだってできるのです。

プレゼントに応募する際の条件にこのような質問を一つ加えることで、お客様から”知恵”をいただくことができるようになります。

マジメな答えに冗談めいた答えと回答の”質”は様々ですが、実に面白い結果が得られるのです。

プレゼントは「見知らぬ誰かさん」にただ差し上げるためだけにあるのではありません。

このように「既存のお客様とのコミュニケーションのためにプレゼントを活用する」ということもできるのです。

・・・

マスコミの取材を受けるため・・・

商品紹介文をじっくり読んでもらうため・・・

既存のお客様とのコミュニケーション手段として・・・

そのようにちゃんと「目的」をもって実行する時、はじめてプレゼント企画はその真のチカラを発揮することができ、その結果として売り上げアップが実現されるのです。

せっかく用意するプレゼント・・・あなたはどう活用しますか?

— 「ことのは塾」 山梨 栄司

8月、9月にかけて、様々な講演のご依頼をいただいております(*´ェ`*)

ご依頼いただいたテーマは実に様々。

「商品の紹介文の書き方」といった基本的なものもあれば

「記憶に残る“自己紹介”の仕方」、「お金を出してもいい“情報”の作り方」といった変化球、

「観光農園に外国人観光客を呼ぶためのSNSの使い方」といった業界ピンポイントなテーマも(*´ェ`*)

どれも“言葉の使い方”なので、私たちの経験(成功例や失敗例)や、言葉のノウハウをお話してこようと思っています(*´ェ`*)

言葉ひとつで商品の売れ行きは変わり、来客数も変わります。

お客様にもっと喜んでもらうため、その結果として売り上げや利益をアップするため、今、“言葉”を学んでみませんか?

日本全国、どこへでも伺いますし、公共の制度を使って、受講後の“個別 アフターフォロー(無料)”も可能です(*´ェ`*)

「参加者の満足度が高い講演」、「話を聞くだけで終わらないセミナー」をお探しなら、ぜひ「ことのは塾」のセミナーをご検討下さい!

↓ こちらのページに「開催の様子」や「これまでの講演実績」などが載っております。

「ことのは塾」のセミナー

区切り線
check

“想い”の伝え方ノウハウは、こちらにも載っています。

twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

ブログ
twitter
区切り線

「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

— 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

Amazonでのお求めはこちらかどうぞ

区切り線
「ことのは塾」フッター
pin

発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin

住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin

編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin

お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin

メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin

「ことのは塾」プライバシーポリシー

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

--- 「ことのは塾」のこれまでの経験やノウハウを駆使して、あなたの商品、ブランドを魅力的に見せる言葉”を一緒に考えていくサービスです。

今年はコロナ禍”によって売り上げが大きく変わった企業やお店、個人事業主さんからのご相談をたくさんいただいております。

「 コロナ時期だからこその新しい商品をホームページに載せたいのですが、どのような紹介文を書いたら良いでしょうか? 」

「 今まで対面でやってきた教室をオンライン教室にしたいと思っています。どんな内容にしたら良いでしょうか? 」

「 オンライン営業に効果的な資料を作りたいと思っています。どんな書き方が良いでしょうか?」

といったご相談をいただいております。

“変化”は見方を変えれば“チャンス”でもあります。

実際、「ことのは塾」のお客様でコロナ時期にファン客を増やした企業やお店もたくさんございます。

この時期を一緒に超えていきませんか?

【 実は今、“相談しやすい時期”なんです! 】

☆ 実は、国や都道府県でも、コロナ対応の政策として「専門家への相談」に対する補助を出しているケースがございます。

ひとりで悩んでいるのなら、ぜひ「ことのは塾」へご相談下さいね (*^^*)

「相談してみようかな…」と思ってくれた方は、こちらのページも合わせてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください