DMに貼る『 予告編ラベル 』というキッカケ

区切り線

このメールマガジンは、「ことのは塾」と名刺交換をさせていただいた皆さんにお送りしております。

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

企業やお店から日々送られてくるダイレクトメール・・・。

それらをすぐにゴミ箱に捨ててしまってはいませんか? (^_^;)

 

宣伝や広告について考える私たちにとって、ダイレクトメールは“生きた参考書”

参考になる知恵がいろんな所に詰まっているんです (≧∇≦)/

 

今日はDMの中でも“封筒に入れて送る”タイプのDMの知恵についてご紹介します。

 

封筒に入れて送るタイプの“弱点”、それは皆さんのご想像通り

 

「開封してもらいにくい」

 

ということ。

 

開けてもらわなければ何が書いてあるかがわかりません。

 

メッセージが伝わらなければ、その先の集客や購入には当然、つながりませんね (^_^;)

 

ポイントとなるのは、やはり“開封率”。

それを上げるために各社、様々な工夫をされています。

 

15年ほど前に流行ったのは「小さなプレゼントの同封」。

ボールペンなどを入れておくと、「お!何か入ってるぞ」と気になり、開封してもらえる、という仕組みです。

 

この手法、実際に開封率が上がることが多いです。

 

ただ・・・かなりコストがかかってしまう (^_^;)

 

大企業はともかく、中小企業や個人事業主さんにはコスト負担が大きなやり方です。

 

 

そこで小さな会社は考えました。

 

「あまりコストをかけないで開封率を上げる方法は無いだろうか?」

 

そこで考え出されたのが『 予告編ラベル 』

 

 

「 この封筒の中には、こんな内容の面白い手紙が入っていますよ! 」

 

と“中身”の予告編を書いたラベルを、封筒のオモテに貼るのです (*´ェ`*)

 

「ことのは塾」が手掛けた店舗・企業の例で言いますと・・・

 

☆ 電気屋さん 『 エアコンの買い替えをするなら来年ではなく“今年”がベスト! その“理由”は?! 』

 

☆ ケーキ通販 『 材料費にお金をかけすぎて販売中止になった“幻のチーズケーキ”。今月だけの復活です! 』

 

☆ 調理器具メーカー 『 お昼のTV番組で“1位”をとったキッチングッズがこちらです! 』

 

こんな風に書かれていたら、封筒を開けて中身を見てみたいと思いませんか? (*´ェ`*)

 

 

企業向けのDMでもオモテに“予告編”を描くのは効果的でした。

 

☆ カーテン販売 『“残業が少なくなるカーテン”をご存知ですか? 』

 

☆ 手作り小物作家 → ショッピングモール宛『 子供連れのファミリーをお店に呼ぶ時の“3つのポイント” 』

 

☆ 展示会案内DM 『 “新規客に会える展示会”にするために、こんな工夫をしてみました 』

 

 

面白い例では、部品メーカーさんが展示会で名刺交換をした方に送る封筒DMのオモテに

 

『 先日の展示会で言い忘れたことがありました 』 

 

“手書き”で書いたものは反応が良かったと聞いています (*´ェ`*)

 

 

展示会などで名刺交換をすると、その後、資料が送られてくることはよくあることです。

 

ということは、お客様のところにはたくさんのDMが届くはず。

 

その中で目立つように、開封してもらえるようにするには、他社と少し違ったことをするのが大事。

 

そこで、封筒のオモテに「言い忘れたことがありました」と書くことで、「ん? 何だろう?」と思ってもらおうとしたわけですね。

 

展示会での立ち話では、言いたいことの100%を伝えるなんてできません。

 

だから“言い忘れたこと”があるのは事実。

 

それを少しオモテに書くだけでも、反響は違ってくるのです  (*´ェ`*)

 

・・・

 

( DMは読んでもらえないんじゃないだろうか・・・ )

 

そんな風に思って、結局、出さずに終わってしまってはチャンスはゼロのまま。

 

悩むくらいなら、ぜひ一度“予告編ラベル”を貼って出してみて下さい!

 

新たな“出会い”が生まれますよ!(≧∇≦)/

 

--- 「ことのは塾」 山梨 栄司 
区切り線

【 予告編ラベルの内容、私が一緒に考えます! 】

「 ラベルを貼れば良いのはわかった。でも、どんなことを書けばいい? 」

と思った方、私があなたと一緒に考えます!

「もっと売り上げを伸ばしたい」、「新たな販路を開拓したい」

そんな相談をするための“補助金”が実はございます。

中小企業庁が行っている『 ミラサポ 』という制度を使うと、日本全国どこからでも「ことのは塾」の講師を呼ぶことができます。

( 利用費は“無料”で、1年度 3回まで利用可能 )

今年度も4月~6月の間に、18社の方にご利用いただいております。

健康器具のメーカーさん、レストランチェーン、音楽教室の先生、ネイルサロンさん、農家さん・・・と様々な企業・店舗の方に呼んでいただいております。

「 ダイレクトメールの“言葉”を考えてもらいたい 」

「 ホームページのリニューアルを考えているのだけれど、内容を一緒に考えて欲しい 」

「 チラシやSNS、新聞折り込み・・・色々あるけど、我が社は何をしたらいい? 」

といった相談を受けております。

使わなければ、ただ消滅してしまう“金券”のようなもの。

御社も活用しませんか?

お申込みはこちらのページからお願いします。

一緒にお客さんをいっぱい呼びましょう!

お申込みはこちらのページからお願いいたします! ↓

販促物の制作

「ホームページをリニューアルしたけれど、何を書いたらいい?」 「新規客を集めるチラシには、何を書いたらいいだろう?」 「 そもそもこの商品、どんな言葉でアピールし…

区切り線

 

check “想い”の伝え方ノウハウは、こちらにも載っています。

twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

ブログ twitter 

 

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

--- 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

 

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください