「あなたの会社は何する所?」・・・会社案内には『事例』を載せよう!

区切り線

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

 

「名刺交換」って日常的にされますよね?

 

その時、「御社はどういったことをされる会社ですか?」って相手に聞いたことはありませんか?

 

口に出して聞かずとも、(・・・どんなことをする会社なんだろう?)と思ったことはどなたにでもあるのではないでしょうか (^_^;)

 

今回のメルマガのアイデアを下さった、吉富さんは『人事のコンサルタント』。

 

名刺を出すと、たいてい「人事コンサルタントってどんなことをなさるんですか?」と聞かれるそうです。

 

実はそうやって聞いてきてくれる方はまだありがたく、わからないけど聞かないという方も多くいるらしいのです。

 

それでは名刺を渡した意味が半減してしまいますよね・・・(-_-)

 

そこで吉冨さんは、ある「作戦」を考え、実行しました。

 

人事コンサルタントという、すぐにはピンとこない仕事をされている吉冨さんは名刺にあるコトを書き加えたのです。

 

吉富さんが書き添えたコトとは何なのでしょうか?

 

吉冨さんが名刺に書き加えたのは、『事例』

 

つまり、「自分がやってきたこと」を書いていったのです。

 

——————————————-

 

中小企業向け人事コンサルタントをしています!

 

こんな実績があります

 

☆ 長らく年功序列でやってきた会社に「能力給制度」を導入しました

 

☆ 次代の社長・役員の早期選抜・育成を手がけました

 

☆ 女性社員の意見が出やすい環境を整えるプログラムを実施しています

 

——————————————-

 

「人事コンサルタント」という肩書きだけではわかってもらえなかった吉冨さんの仕事の内容がこれならわかってもらえますよね (*´ェ`*)

 

・・・

 

この『事例』を書き込むという手法、あなたのお仕事でもすぐに応用できますよね (*^^*)

 

 

吉冨さんと同じように「名刺」に『事例』を書き込むのは王道。

 

例えば「リフォーム屋さん」のように、同業者であっても“得意分野”がそれぞれ違う業種などには効果てきめん。

 

——————————————-

 

『トマトリフォーム』は、“水”に関わるリフォームをしています!

 

【 こんな実績があります 】

 

☆ 古いお風呂を、明るい、テレビのついたお風呂にリフォームしました

 

☆ 台所と和室をつなげて、広いLDKをつくりました

 

☆ トイレの位置を変え、車いすでも使いやすいトイレにリフォームしました

 

——————————————-

 

こんな風に書けば、水回りのリフォームが得意なことが伝わりますね。

 

リフォーム業者さんは「お家のリフォーム、なんでもできます。」とアピールする業者さんが多いのですが、「何でもできるリフォーム業者を探そう!」と思っているお客様は実はあまりいません (^_^;)

 

「トイレのリフォームをしたい」、「壁の塗り替えをしなくちゃならない」など、“具体的なコト”がアタマの中にある場合が多いので、「うちはこんなことができますよ」と伝えていった方が、お客様もピン!とくるんです (*´ェ`*)

 

・・・

 

会社全体の事例でなく、「あなた個人の実績」を書くのも良いでしょう。

 

あるカーディーラーでは、顔写真が入った名刺(の裏面)にこんな『事例』を載せています。

 

——————————————-

 

☆ 2017年 私はこのような仕事をしてきました

 

・ 製薬会社に営業車としてN-BOXを5台導入していただきました

 

— N-BOXを営業車としてご利用いただくメリットを詳しく説明できます

 

・ 小さなお子さんのいるご家庭にフィット、フリードをオススメしてきました

 

— フィットやフリードがお母さんにとってどう便利なのかをご紹介できます

 

——————————————-

 

このように「このコトについては自信があります!」と宣言することで、相手に安心感を与えることができるのです。

 

 

実はこの方・・・数種類の名刺を用意していて、相手によって出す名刺を変えているという強者です ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

相手のニーズや状況を聞いた後で、「そうですか。それでしたらちょうど私が得意としているところです」と、いくつかの名刺の中から相手のニーズに最も合ったモノを渡す、というわけです。

 

実績自体にウソはありませんので、これは「相手に信用してもらうためのテクニック」と言っていいでしょう。

 

・・・

 

『事例』を載せると良いのは、なにも名刺だけに限りません。

 

「会社案内」などのパンフレットにも『事例』を載せるのは有効です。

 

 

会社案内に書かれた「事業内容」は、

 

——————————————-

 

ブルーソフトウェアは、最先端技術を結集したITサイクルマネジメントにより、お客様に信頼されるパートナーを目指します

 

——————————————-

 

 

というような、一見、何ができる会社なのか全くわからないものが多いですよね。

 

これでは、「どんなことをされる会社なんですか?」という質問が来ても仕方ありません・・・(^_^;)

 

 

パンフレットに「ウチはこんな会社です!」と語らせるためには、やはり『事例』を載せるのが一番です。

 

例えば、

 

——————————————-

 

ブルーソフトウェアは、このような仕事を手がけてきました

 

・ ネットショップへの「広告効果測定システム」の導入

 

      ~ ワイン販売店にて月の売上を120万円から260万円にアップ

 

・ ネットショップでの「メール一斉配信システム」の導入

 

      ~ 家具販売店にて平均客単価を4万円から6万円にアップ

 

——————————————-

 

とこのような『事例』が載っていれば、「あぁ、このソフト会社はネットショップへのシステム導入に強いんだな」ということがわかりますね。

 

ダイレクトメールを送る相手がネットショップならば、この『事例』に興味を持ってくれるでしょう (*´ェ`*)

 

パンフレットを刷り直すとなるとコストがかかってしまう・・・(-_-) という場合には、別紙に『事例』を印刷し、それを挟み込むようにするのもいいですね。

 

実際、多くの会社がどのような対応をしています!(≧∇≦)/

 

・・・

 

『事例』を載せることで、名刺や会社案内は非常に”雄弁”になります。

 

「そういう案件だったら、あの会社に事例があったなぁ。あそこに相談してみようか」

 

とお客様に思わせるようになります。

 

あなたの会社案内、「どんなことをする会社なんだろう?」とお客様に思わせたりしていませんか?

 

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 山梨栄司

 

区切り線

 

会社案内に具体的な『事例』を書き加える・・・

たったそれだけのコトなのですが、それを実行した、あるオフィス清掃会社さんは以前より30%も仕事が増えました。

 

この会社、「深夜、社員の帰宅後にオフィスの清掃を行う」という会社なのですが、営業担当である社長さんが口下手だったため、飛び込み営業があまり仕事に結びついていませんでした・・・。

 

そこで、営業先ではあまり多くを語らず、「具体的な事例を載せたパンフレット」を配るようにしたところ、先方から連絡をしてきて契約をしてくれるという、とても嬉しいことがたくさん起きたのです。

 

やったことと言えば、これまで使っていたパンフレットに「事例を書いた紙を挟み込んだだけ」

 

当の社長さんが、「ホントにこれだけで、売り上げって変わるんですね。面白いもんだ」と驚いていらっしゃいました。

 

御社でもこんな“うれしい変化”を味わってみませんか?

ぜひ一度、御社に私たちを呼んでいただけたら嬉しいです (*´ェ`*)

 

https://kotonoha-juku.co.jp/kobetsu/

 

( お申込み方法や、これまでのお客様の“感想”などがこちらのページに載っております )

 

あなたの商品 / サービスをぜひ多くの方に喜んでもらいましょう!(≧∇≦)/

 

区切り線

 

check “想い”の伝え方ノウハウは、こちらにも載っています。

twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

ブログ twitter 

 

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

— 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

 

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー


あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください