区切り線

eiziこんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

 

「ことのは塾」に個別相談をご依頼いただいている企業さんに、”冷凍食品”を販売しているお店があります。

 

そのお店の”売り文句”にこんなものがありました。

 

『 冷凍食品ってマズいもの 』

 

「冷凍食品を売ってるのになんで?!」 と思うような言葉ですが、その先にまだ”続き”があったのです。

 

冷凍食品を売っているのに、

 

『 冷凍食品ってマズいもの 』

 

と言ってしまっているこのお店。

 

実はこのフレーズには“続き”がありました。

 

この言葉はこのようにつながるのです。

 

———————————————

 

『 冷凍食品ってマズいもの・・・でした 』

 

あなたがまだ小さい頃・・・冷凍食品ってマズいものでしたよね。

 

でも、今は全然違います。おいしいんです。

 

一口だけでも食べてみて下さい。その”違い”にあなたはきっと驚きます

 

———————————————

 

正直、昔、冷凍食品ってお世辞にもおいしいモノではなかったですよね (^_^;)

 

「そのままでは売り物にならない素材を、何とかして加工食品に仕立てたモノ」という感じで、それほど食べたいものではありませんでした。

 

でも・・・ホントに“今の冷凍食品”っておいしいんです。

最近の冷凍食品を食べたことが無い方は、ぜひ試してみて下さい (^^)

昔のモノとは雲泥の差がありますから。

 

 

実は、この冷凍食品のように「昔とは大違い」という商品って少なくありません。

 

あなたの扱っている商品やサービスも、10年前と比べたら大きく進歩していませんか?

 

そんな商品やサービスをアピールする時、あえてダメダメだった“過去”を見せるアピールというものがあります。

 

『 昔はこうでした 』

 

ということをわざと見せるわけですね。

 

 

モチロン、ねらいは

 

『 今はとっても良いものになっています! 』

 

ということのアピールです。

 

 

ただ、それをストレートに言ったとしても、お客様にちゃんと受け取ってもらえない可能性は高いでしょう。

 

 

先ほどの冷凍食品の場合なら、

 

『 冷凍食品はとてもおいしくなりました 』

 

というアピールになるでしょうか。

 

 

チラシにこう書かれていたとして、あなたなら注目するでしょうか?

 

きっとこれでは注目してくれませんよね・・・(^_^;)

 

 

そこで、ちょっと変化球にして、

 

『 昔はこうでした(昔はダメでした) 』

 

ということを書いていくわけです。

 

・・・

 

とある印刷所のホームページには、

 

『 昔は、納品までに”15日”もいただいていました 』

 

というキャッチコピーが載っています。

 

 

この後には、

 

「 でも、今はわずか4日で納品が可能です 」

 

というアピールがつながるんですね。

 

 

ストレートに『 納期は4日です 』と書いても、うまくアピールはできません。

 

そこであえて「昔はこうだった」を書いているわけですね。

 

・・・

 

逆に、

 

『 昔と変わりません 』

 

をアピールできる商品やサービスもあるでしょう。

 

 

とある定食屋さんでは、

 

『 豚汁 一杯 40円 ~ 昭和の頃から変わらないお値段です 』

 

ということをウリにしています。

 

このような”変わらない良さ”というのもありますよね。

 

「昔、こうでした。・・・今も変わりません」というアピールです。

 

・・・

 

では、あなたの商品やサービスで考えてみましょう。

 

あなたの商品やサービスを『 10年前 』と比べてみて下さい。

 

10年前と比べて進歩したところが、きっとあるのではないでしょうか?

 

 

そのような商品なら、

 

『 昔はこうでした。今はこうです 』

 

というアピールをしてみましょう。

 

 

そもそも10年前には存在していなかった、新しい商品かも知れませんね。

 

それならば、

 

『昔はこんな時、こうするしかありませんでした。でも、今はこんな商品があります!』

 

というアピールはどうでしょう?

 

 

10年前と変わらぬ良さを持ち続けているのなら、

 

『 昔は良かった・・・実は今も・・・ 』

 

というアピールができますね。

 

 

比べるのは「10年前」でなくても構いません。

 

歩みが早い業種なら、「1年前」と比べても進歩を見せられるでしょう。

 

逆に伝統のある業種なら、「50年前」と比べて、変わらぬ良さを持ち続けているとアピールしても良いでしょう。

 

「昔はこうでした」を上手に活用してみて下さい!

 

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 山梨栄司

 

区切り線

 

広告に「商品の良いところ」が書いてあるのは当たり前。

 

“当たり前”すぎて、お客様はもう注目してくれないのかも知れません。

 

そんな時はぜひ、今回ご紹介したような「昔はこうでした」の書き方を使ってみて下さい!

きっとお客様の注目を集められますよ (*´ェ`*)

 

・・・実はこのように「わかりやすい文章」を書くのって、そんなに難しいことではないんです。

 

センスが無ければ書けないなんてことはありません!

 

大切なのは、”書き方”を知っているか知らないかだけ。

 

“書き方”を知っていれば、それを参考にしていけば良いだけですからね。

 

TOPページの「メニュー」や、店頭の「POP」の書き方を替えるだけで、”注目度”は大きく変わります。

 

商品がこれまでと変わらなくても・・・

 

値段をムリに下げなくても・・・

 

“魅力”をちゃんと伝えることで、お客様が増え、購入率も高まることがよくあります。

 

 

『 ホームページを書き直したいけど、どんなことを書いたら良いんだろう?』

 

『DMの反応率を上げたいけれど、どんな風にしたら良いだろう?』

もし、あなたが文章を書くのにお困りなら、私たちが一緒に考えます。

 

もう一人で悩むことはありません!

 

ぜひこちらのページをご覧になって下さい。

 

https://kotonoha-juku.co.jp/kobetsu/

 

( お申込み方法や、これまでのお客様の“感想”などがこちらのページに載っております )

 

あなたの商品 / サービスをぜひ多くの方に喜んでもらいましょう!(≧∇≦)/

 

区切り線

 

こんにちは!ことのは塾の山梨若菜です。

たべものの話をイラストで描いています。ぜひこちらもご覧ください!

◆ 3月26日更新

スイスの伝統朝食「ロスティ」はビールにも合いそう

https://kotonoha-juku.co.jp/rosti/

区切り線

 

check “想い”の伝え方ノウハウは、こちらにも載っています。

twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

ブログ twitter 

 

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

— 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

 

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー