お客様は”実現”したい! ~ 『 ○○できた! 』を書こう!

区切り線

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

 

「ことのは塾」のお客様からよく相談されることの一つに、

 

『どういうキャッチコピーをつけたら良いでしょうか?』

 

というものがあります。

 

商品やサービスの良さを伝えるために、とても大切なキャッチコピー・・・。

 

でも、一言で商品の”良さ”を伝えるのは意外と難しいんですよね。

 

 

キャッチコピーづくりでお悩みの方、たとえばこんな書き方はいかがですか?

 

「ことのは塾」は、キャッチコピーづくりに悩むお客様たちにこんなアドバイスをしています。

 

『 お客様が「○○できた!」と喜んでいる様子を描きましょう! 』

 

例えば、ある美容院では、コースごとにこんなキャッチコピーをつけています。

 

『 ◆「彼氏が「かわいい」って誉めてくれた!」 ~ フェミニン・コース \4,200~ 』

 

『 ◆「自信を持ってプレゼン会議に臨むことができました」~ BIZ・コース \7,350~』

 

このキャッチコピーの下には、それぞれのコースの説明文が続きます。

 

でも、その説明文を読まなくても、どのような目的のコースなのかが何となくわかりますよね?

 

「○○できた!」という表現は、その商品の”良さ”をストレートに表すのにとても向いているのです!

 

・・・

 

それでは、あなたの商品で考えてみましょう。

 

あなたの商品で、お客様はどんな風に喜ぶでしょうか?

 

 

考える時のポイントは、『○○できた!』と“過去形”にすること。

 

『○○できます』というのは、どうしても”売り文句”に聞こえてしまいがちです。

 

なので、『○○できた!』と過去形になるようにしましょう。

 

 

 

考えるヒントになるように、他の例も挙げてみましょう。

※( )の中は、該当する商品やサービスです

 

『 お買い物がとってもラクになりました (軽自動車)』

 

『 20年ぶりに走ることができました (関節痛に効くお薬)』

 

『 ほんとに結婚、できました (結婚相談所)』

 

『 体重が5kg減りました!!  (通勤用の自転車)』

 

『 昔、ファッションに凝っていた頃を思い出しました (紳士服) 』

 

『 家に帰ってくるのが寂しくなくなりました (ペット販売)』

 

「○○できた」という、単純なフレーズなのですが、チラシやダイレクトメール、ホームページなどに大きな文字で書くと・・・意外とコレが良いキャッチコピーになるんです。

 

さぁ、あなたの商品でお客様が「できたこと」が思い浮かびましたか?

 

「思い浮かばないよー」という方は、まず『どんなお客様が使う?』というところから考えてみましょう。

 

あなたの商品やサービスを購入してくれる人は、どんな人が多いでしょうか?

 

まず、その人物像を思い浮かべてみましょう。

 

 

男性が多いでしょうか? 女性が多いでしょうか?

 

どんな時に使う人が多いでしょうか?

 

どこで使う人が多いでしょうか?

 

 

・・・と、お客様の人物像を具体的にイメージしていくと、「どんなことに役立ったか?」、つまり『何ができたか?』が次第に見えてきます。

 

 

さぁ、あなたの商品でお客様は何ができましたか?

 

 

それを『○○できました!』というパターンに当てはめて、キャッチコピーにしていきましょう!

 

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 山梨栄司

 

区切り線

 

あなたはキャッチコピーを考えるのに、悩んだことはございませんか?

 

ダイレクトメールを作る時やチラシを作る時、「どう書いたらいいかな?」と悩んだことはございませんか?

 

「ことのは塾」に相談をすれば、もう文章で悩むことはありません!

 

経験豊富な「ことのは塾」スタッフが、あなたと一緒に文章を考えるからです!

 

私たちは

 

『 こんなチラシを作っているのですが、どう改善したら、もっと売れるようになるでしょうか? 他のお店の成功例などを教えてくれませんか?』

 

『 ホームページをリニューアルしようと思うのですが、どんな内容にしたら良いでしょうか?  一緒に考えてくれませんか?』

 

というようなご相談を受けています。

 

 

もし、あなたが文章を書くのにお困りなら、私たちが一緒に考えます。

 

もう一人で悩むことはありません!

 

ぜひこちらのページをご覧になって下さい。

 

https://kotonoha-juku.co.jp/kobetsu/

 

( お申込み方法や、これまでのお客様の“感想”などがこちらのページに載っております )

 

一緒に「売れる文章」を作りましょう!!

 

区切り線

こんにちは!ことのは塾の山梨若菜です。

 

たべものの話をイラストで描いています。ぜひこちらもご覧ください!

 

◆3月19日更新

 

スパイシーなインド風チャイがつくれる「ティーマサラ」

 

https://kotonoha-juku.co.jp/chai/

 

◆3月17日更新

 

「ベーコンブロックのワイルド調理例 ~スーパーのお肉売り場にて」

 

https://kotonoha-juku.co.jp/baconblock/

 

区切り線

check “想い”の伝え方ノウハウは、こちらにも載っています。

twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

ブログ twitter 

 

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

— 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

 

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

--- 「ことのは塾」のこれまでの経験やノウハウを駆使して、あなたの商品、ブランドを魅力的に見せる言葉”を一緒に考えていくサービスです。

今年はコロナ禍”によって売り上げが大きく変わった企業やお店、個人事業主さんからのご相談をたくさんいただいております。

「 コロナ時期だからこその新しい商品をホームページに載せたいのですが、どのような紹介文を書いたら良いでしょうか? 」

「 今まで対面でやってきた教室をオンライン教室にしたいと思っています。どんな内容にしたら良いでしょうか? 」

「 オンライン営業に効果的な資料を作りたいと思っています。どんな書き方が良いでしょうか?」

といったご相談をいただいております。

“変化”は見方を変えれば“チャンス”でもあります。

実際、「ことのは塾」のお客様でコロナ時期にファン客を増やした企業やお店もたくさんございます。

この時期を一緒に超えていきませんか?

【 実は今、“相談しやすい時期”なんです! 】

☆ 実は、国や都道府県でも、コロナ対応の政策として「専門家への相談」に対する補助を出しているケースがございます。

ひとりで悩んでいるのなら、ぜひ「ことのは塾」へご相談下さいね (*^^*)

「相談してみようかな…」と思ってくれた方は、こちらのページも合わせてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください