区切り線

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

このメールマガジンの読者から、よくこんな質問をいただきます。

・・・

・・・・・・

・・・今、「どんな質問なんだろう?」って、気になりませんでしたか?

今日はそんな(?)お話です!

とっても意味不明な始まり方でスミマセン (^_^;)

こうすることであなたに実感して欲しかったのです。

「こんなご質問をいただいております」という言葉が持つ不思議なチカラを。

チラシやダイレクトメール、メールマガジンなどを書く時、「この商品(サービス)は、こういうものです」という”主張”を展開していくのが普通ですよね。

お客様も、チラシやDMには”企業やお店の言いたいコト”が書いてあると思っているでしょう。

しかし、そのような書き方があまりにも”フツー”であるため、お客様も「あぁ、また広告か」と読み飛ばしてしまうことが往々にしてあるのです。

そのため主張をしたい時には、まず相手を”聞く気にさせる”ことが大切になってくるんですね。

そこで活躍するのが、先ほどのような「こんな質問をいただいています」という言葉。

「他の人からもらった質問」という形を取ることで、読者の興味を惹くことができるのです。

例えば、ビジネスセミナーなどに行かれたことのある方は、こんなことを感じたことがありませんか?

「一方的な話で眠くなってしまったけれど、質疑応答の時間になったら眠気が飛んだ」

どんな質問が出るんだろう?

他の人はどんなことを考えているんだろう?

というような興味が湧いてくるため、話に耳を傾けたくなるのでしょう。

そのような心の動きを文章に活かす方法が、『FAQ』を使うという文章作法です。

ネットショップのウェブサイトなどで、『 FAQ ~ よくある質問』というページがあるのを見たことがありませんでしょうか?

お客様からよくいただく質問を一覧表にまとめてあるというものですね。

自分が気が付かなかった点についての質問などが寄せられていて、買い物をする際に非常に参考になるものです。

この「FAQ」というもの、別にウェブサイトの専売特許ではありません。

「FAQ」をチラシやダイレクトメールに活かすことだって可能なのです。

先日、「ことのは塾」会員の学習塾で『夏期講習』の参加募集のチラシを作りました。

この塾では、去年も夏期講習のチラシを配布したのですが、正直、あまり良い結果には結びつかなかったそうなのです・・・。

そこで今年は「夏期講習を開きます!」、「こんな夏期講習です!」という、いつもの主張中心のチラシではなく、「夏期講習に対するFAQ」をチラシに載せることにしました。

Q — 夏期講習ってホントに成績が上がるの?

Q — ウチの子は学校の勉強についていけてないみたいなんだけど、それでも大丈夫?

Q — 大手の学習塾の夏期講習に行った方が良いと思うのですが・・・

というような「お母さんたちからの質問」に対する塾からの回答を中心に紙面を作りこんでいったのです。

この「FAQチラシ」を作ったところ、夏期講習への参加申し込み者数が何と去年の2倍!

参加できる人数が決まっているため、すぐに募集を締め切らなくてはならなかったほどなのです!

同時期に他の塾から配布されているチラシを見たところ、やはり今までと同じ、

「夏期講習を開きます!」、「こんな夏期講習です!」

という主張だけが載っているオーソドックスなものでした。

そのような文章の場合、「ホントに成績が上がるの?」、「ウチの子でも大丈夫?」といったことは読者が読み取らなくてはなりません。

それが意外と面倒なコトなんですね。

その点、「FAQチラシ」は知りたかったコトが直球勝負で書いてあります。

いわば、「わかりやすいチラシ」であったのでしょう。

この地域は近隣に学習塾が6つもある”激戦区”。

当然、チラシもたくさん入ります。

情報過多になってしまっていたお母さんたちに、「わかりやすいチラシ」はとっても目新しく映ったのかも知れません。

「FAQチラシ」や「FAQ DM」は、あなたの商品、サービスでも必ず作ることができるはずです。

チラシの冒頭に大きく「FAQコーナー」を作る・・・

ダイレクトメールの最初の話題に「FAQ」を持ってくる・・・

「お客様からの質問」と、それに対する「回答」を載せるだけで、お客様の興味をひくことのできる文章になりますよ!

ぜひ、お試しを!!

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 山梨栄司

区切り線

— 「良いモノを作っているのだけど、売れない・・・」

「 良いサービスを提供していると思うのだけど、お客さんが少ない・・・ 」

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

あなたの商品が良いモノであったとしても・・・

あなたのサービスが上質であったとしても・・・

それがお客様に伝わらなくては、売れることはありません。

「良いモノなら黙っていても売れる」という時代は、残念ながら10年以上前に終わっています。

そして今、「広告を打てば知ってもらえる」という時代も終わろうとしています。

テレビ離れ、新聞離れと言われて久しい現在・・・チラシやDMは昔ほどの元気がありません・・・。

じゃあ、「スマホ向けに広告を打とう!」、「イマドキはFacebook広告だ!」と、広告の手段を変えたらうまくいくでしょうか?

あなたがスマホの広告を読み飛ばすのと同じように、お客様は「いらない広告」を読んでくれません。

そんな時代ですが・・・私たち「ことのは塾」と一緒に考えることで業績を伸ばしている企業はたくさんいます。

私たちがサポートしているのは、商品やサービスの“言える化”

実は、多くの企業が、自社商品の魅力を“言える”ようになっていないのです。

せっかくのアピールポイントを、業界用語で難しく表現してしまっていたり・・・

同業他社と同じような“よくある表現”をしてしまって、埋もれてしまっていたり・・・

お客様がせっかく見てくれているのに、印象に残らない言葉を使ってしまっていたり・・・

インターネットで多くの情報に触れる現代・・・商品の魅力を“言える”ということは、とっても大事な能力です。

あなたの商品・サービスが本当に伝えるべき“魅力”は、どんな言葉で言い表せるだろうか?

それを誰に伝えたらいいだろうか?

その時、どんな手段を使ったら良いだろうか?

私たち「ことのは塾」は、ほぼ毎日、そのようなお悩みを持つ企業に出向いて、あるいはオンラインで「言葉のサポート」を行っています。

最近のお客様は、

・ リラクゼーションサロン

・ 茶生産者

・ 化粧品輸出企業

・ ハーブ園

・ 建築事務所

・ 牧場

・ 静岡県庁

・ ベビーマッサージサロン

と多種多様。

皆さん、“言える化”を重要だと考え、サポートを依頼して下さっています。

「 商品には自信があるんですが、それをどう伝えたらいいのかわからなくて・・・(^_^;) 」

という方と一緒に「良い言い方」を日々、考えています。

・・・

あなたは自社商品の“伝え方”に自信がありますか?

もし、「もっと良い言い方は無いかな」と考えているのなら、私たちにも一緒に考えさせて下さい (*´ェ`*)

お申込み方法や、これまでのお客様の“感想”などがこちらのページに載っております。

ぜひ、ご覧になってみて下さい!

https://kotonoha-juku.co.jp/kobetsu/

区切り線

check “想い”の伝え方ノウハウは、こちらにも載っています。

twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

ブログ twitter 

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

— 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー