区切り線

eizi

こんにちは!「ことのは塾」のやまなしです。

お歳暮商戦の真っ只中、とある有名デパートで販売主任をしている大久保さんから「成功報告のメール」が届きました!

 

大久保さん、実は昨年のお歳暮商戦ではとっても苦戦したそうなのです・・・。

どうしたら売れ行きが良くなるだろうと研究をしているうちに、「ことのは塾」のメルマガにたどり着いたとのこと。

大久保さんの部署は、チラシやDMを製作するところ。

今年は「ことのは塾」のある文章作法を取り入れて『新聞折り込みチラシ』と『店内でお客様に直接配布するチラシ』を大幅に変更してみました。

そうしたところ・・・去年に比べて売り上げが大幅にアップしているのだそうです!

 

彼女が使った文章作法は、『一押し商品を決める』というもの。

今日はそのオハナシです!

去年のお歳暮商戦では”品揃え”の豊富さをアピールするため、チラシには“ほぼ全て”の商品を載せていました。

 

定番の「洗剤」や「ビール」はもちろんたくさん載せました。

ちょっと変わった「”地元の食材”セット」もチラシに載せました。

高級なセットもあれば、お手軽なセットも全部載せています。

 

だから、お客様は選びたい放題!

・・・と思ったのですが、実はそれが逆効果であったことが後になってわかりました。

 

お客様は迷っていたのです。

どの商品にしようか、あまりに”候補”が多すぎて迷ってしまっていたのです。

 

大久保さんの勤めるデパートの周りには、同格のデパートがあと2つありました。

迷ったお客様は、「じゃあ、あっちのデパートも見ていこうか」と売り場から去ってしまうことが多かったのだそうです。

確かに、コレと言った”決め手”が無ければ、他のデパートも見てみようかという気になりますよね。

 

そこで大久保さんは、このデパートで決めてもらえるような”工夫”をしたのです。

 

その一つが、『”一押し商品”を前面に出したチラシ』

 

去年までのように、どの商品も同列に並べたチラシではありません。

ビールなら、「ビールの中で一番にオススメしたいセット」を大きく表示し、その他のビールは小さく載せるようにしたのです。

 

去年までのチラシは、

A=10  B=10  C=10

と、どの商品も同じ大きさで紹介していたところを、

A=20  B=5  C=5

と”差”をつけるようにしたのです。

 

洗剤の中でも「一番にオススメしたいセット」を大きく載せました。

定番品は避けたいという人も多いので、デパートには「非定番品」も置いてあります。

 

そのような商品群の中でも“一押しの商品”を選び出して、それを大きく扱っていったのです。

 

店内で配るチラシも、店員さんの接客も「一押し商品」を意識したものに変化させました。

 

「どれでもお好きなモノをお選び下さい」

という接客から、

「ビールでしたら、こちらのセットが一番のオススメです」

「もし定番以外のモノがよろしければ、コレなどはいかがでしょうか?」

「ご予算ごとの”一押し商品”がこちらに載っておりますので、参考になさって下さい」

という“オススメ接客”に変えていったのです。

 

この接客は、「どれにしようか迷っていたお客様」にとってはとても良いアドバイスとなりました。

 

お客様は選択肢が少ないことを嫌います。

だから、品揃えが多そうなお店に行きます。

 

しかし、「多すぎる選択肢」を前にすると、今度は困ってしまいます。

「どれが一番良いのかな?」と迷ってしまいます。

 

なんだか矛盾しているように思えますが、それはとっても”普通”のコト。

 

皆さんもそうではないでしょうか?

「お歳暮は何にしようかな?」と決めかねているのなら、わざわざ品揃えが少なそうなお店に行くことはないでしょう。

品揃えが豊富そうなお店を選んで行くのではないでしょうか。

 

でも、実際デパートなどでたくさんの”候補”が並んでいると・・・今度は目移りしてしまいます。

そして、たくさん見ていく内に・・・「もうどれでもいいや・・・」と疲れてしまったりして。

そんな経験はございませんか?

 

あなたがもう選び疲れているという時・・・

 

「どうぞご自由にお選び下さい」

と言われるのと、

「迷われているなら、こちらのセットをまずご覧になってみませんか?」

と言われるのと、どちらがありがたいでしょう。

 

たくさんの”候補”を目の前にして立ちすくんでしまっていたお客様に、「一押しチラシ」はまさに救いの手だったのです。

 

もちろん、その「一押し商品」を全ての人が買っていくわけではありません。

 

しかし、

「ソレよりもうちょっと豪華なのがいいな」

「もうちょっと安くないと予算に収まらないよ」

「それは去年も贈ったから別のモノがいいな」

と、商品を選ぶ”基準”になったのです。

 

選ぶ”基準”が明確になると、その基準をちゃんとクリアーしている商品を見つけた時、「お!コレはいいな」と思うようになります。

そのような商品が見つかったら、それを買って行く確率は当然、高いですよね。

他のデパートで選び疲れた方が、大久保さんの所で買っていったことも多いのでしょう。

大久保さんの売り場では、期間半ばにして前年の売り上げをクリアする勢いなのだそうです。

 

・・・

 

あなたのお店、あなたの会社では、チラシやホームページに商品やサービスをずらずらっと並べてしまってはいませんか?

それでいて「お客様が自由に選べるから、これで良いのダ!」と思ってしまっていませんか?

 

ただ並べただけでは、お客様は選びにくいもの。

多すぎる選択肢は、お客様を他のお店に向かわせているようなものだったのです。

 

たくさんの商品やサービスを持っているのなら、ぜひ「一押し商品」を決めてみて下さい。

それはきっと売り上げアップにつながります!!

— 「ことのは塾」 山梨 栄司 山梨栄司

区切り線

— 「良いモノを作っているのにお客様にわかってもらえない・・・」

「良いモノを売っているのに、気づいてもらえない・・・」

 

そんな“お悩み”を持っている方は少なくありません。

 

その道のプロである“職人気質”の方ほど、そういった“袋小路”にはまってしまうことが多いようです。

あなたもそんな“プロの一人”ではないでしょうか?

 

良いモノを作っているのに、それを言葉に出すのに照れてしまう・・・

良いモノを仕入れているのに、それを言葉にしようとすると迷ってしまう・・・

 

もしそのような状態になるのなら、ぜひ「言える化」するチカラを身に着けていきましょう!

 

あなたが良いモノを良いと伝えるチカラが持つことは、お客様にとっても嬉しいこと

だって、良いモノに出会える確率がぐんと上がるわけですから。

 

会社のスタッフや、店員さんが“言える化”するチカラを身につければ、お客様にも喜ばれ、経営はぐっと安定します。

「ことのは塾」では、そんな“言える化”するチカラを身につけるためのノウハウの講演をさせていただいております。

 

御社や皆様の組合などで「勉強会」を開く予定はございませんか?

2018年に必要になる能力として、“言える化”するチカラは今、注目を浴びています。

 

1月・2月の講師依頼も承っておりますので、ぜひこちらのページをご覧になってみて下さい。

◆「ことのは塾」のセミナー・社内勉強会

https://kotonoha-juku.co.jp/seminar-ws/

良いモノをたくさんのお客様に知ってもらえるよう、がんばりましょう!

 

区切り線

check “想い”の伝え方ノウハウは、こちらにも載っています。

twitterのフォロー、Facebookの友達申請も大歓迎です!

ブログ twitter 

区切り線

「ことのは塾」の本「ことのは塾」の本、絶賛発売中!

— 「ことのは塾」の“伝えるノウハウ”をぎゅっと詰め込んだ一冊です。

“どう言ったら伝わる?”をテーマに、すぐにでもチラシやDM、ホームページに活用できそうな「文章例」をたくさん掲載しております。

誰にとっても身近な存在である『食べ物』をテーマにしていますので飲食店や食品メーカーさんはもちろん、学習塾、リフォーム会社、家事代行サービス、旅行代理店など、様々な業種の方にご活用いただいております。

「販促物に何を書いたら良いか迷った時、参考にしています」

「新人にホームページの仕事を任せようと思った時、参考書として渡しました」

「この本をみんなで見ながら、来月のチラシの内容を考えるようにしています」

などなど。活用して下さる方が今でも増えています (*´ェ`*)

お求めはお近くの書店、またはネット書店でどうぞ!

区切り線

「ことのは塾」フッター

pin 発行:「ことのは塾」(有限会社ビーサイド・ライブ)

pin 住所: 〒424-0862 静岡県静岡市清水区船越東町200-5

pin 編集:「ことのは塾」メールマガジン編集部

pin お問い合わせ先メールアドレス : start@kotonoha-juku.co.jp

pin メルマガ配信の解除 ・ メルマガの読者登録

pin「ことのは塾」プライバシーポリシー