【価値観に共感!】: 「従業員が幸せになること以外に経営の目的はない」JAL 稲盛社長(当時)

 ダイヤモンド・オンラインにこんな記事がありました。

タグ・ホイヤー イブニング・ビジネスサロン

従業員が幸せになること以外に経営の目的はない


http://diamond.jp/articles/-/33740

この中で特に印象に残ったのは、当時、JALの社長だった稲盛和夫さんが『 従業員が本当に幸せになってくれること以外に目的はないんだ 』と言い切ったというエピソード。

当時のJALと言えば、経営が行き詰まり、企業再生支援機構から出資を受けているという時期。

普通の経営者なら、息を潜めて、世論から攻撃されないようにじっとガマンしているような頃です。

しかし稲森さんは違いました。

「社員の“幸せ”が大切だ」ということを言い切って、JALに残った社員の士気を上げました。

今、“過剰に”「お客様主義」になっている企業や店舗は少なくありません。

お客様のため、と言えば聞こえは良いのですが、「お客様からクレームがこないように」、「できたら、何も起こらないように・・・」と、“ ことなかれ主義 ”になってしまっている企業も・・・(TдT)

会社は、そこで働く人のためにあり、

事業は、お客様を含めた“仲間”のためにある。

会社のやりたいことを実現できるよう、社員は自分の持つチカラを十分に発揮して、

一方で社員が自分のやりたいことを叶えられるよう、会社は持っている“資源”を惜しみなく投入する・・・

お客様も、単なる「消費者」、「お金を払って利益を得る人」という存在ではなく、会社や社員と一緒に何かの“価値”を生み出すための「仲間」となって動く。

会社 - 社員 - お客様

その三者が互いに助け合い、支え合い、幸せになっていく・・・それが“理想”ではないでしょうか。

記事の中では『 楽しく働く 』ということについても言及されています。

--- 楽しく働く、ということは何も「面白おかしく」ということじゃない。「厳しい試練や、挑戦も楽しもう」という意味です

この言葉も私は非常に感銘を受けました。

ともすると、仕事 = つらく苦しいコトをやること と思われています。

楽しく働く、と言うと、手を抜いてラクに働くこと、と思われてしまいます。

でも、本当に楽しいのは「シリアス・ファン」。

真剣に楽しむことではないでしょうか。

幸い、現代は「厳しい試練」や「挑戦しなくてはならないシチュエーション」には事欠かない時代です (^_^;)

真剣に楽しんで、社員もお客様も、みんなが幸せな世界を創っていきましょう!

 

--- “想い”を伝えるマーケティング ~ ことのは塾

山梨栄司

社内で想いをひとつにしたい…

お客様と上手にコミュニケーションを取っていきたい…

みんなで積極的に動けるチームをつくりたい…

そんな方が社内で開催しています。

「ことのは塾」想いを伝えるマーケティングセミナー

「ウチの新入社員にSNSやメルマガの担当を任せたい」

「だから、文章のコツを教えてあげてもらえませんか?」

そのようなご要望で、「ことのは塾」に勉強会を依頼される企業やお店が春は多くなります。

・・・

「若い人ならSNSに慣れているだろう」ということで、新人さんが抜擢されることも多いのですが…

残念ながら、「書くこと」に慣れている人ばかりではありません…。

それに個人のSNSと、会社のSNSでは勝手が違いますし、かかるプレッシャーも大きく違います。

そして、一番の“問題”は・・・

「社内に教えてくれる人がいないこと」

多くの企業では、SNSやメルマガの文章をつくる時のマニュアルなどは無く、担当者個人のセンスに任されているところが少なくありません。

若い人の感性で、自由にやってよ」

なんて言ってしまっては、新人さんは萎縮してしまいます…。

「ことのは塾」は、こうした新人さんを『商品紹介の即戦力』にするのが得意です!

・ どのような内容を書けばいいのか?

・ 目にとまるキャッチコピーはどう書けばいいのか?

・ “わかりやすい文章”にするために気をつけたいコト

・ 実際に購入につなげるためにはどんな“仕掛け”をすればいいのか?

そのような『商品紹介文のキホン』を20年間、お伝えしてまいりました。

最近では、オンラインで全国各地のスタッフを集めて、一斉に研修会を行う、というスタイルも定番になっています。

「自社商品のキャッチコピーをつくる」という作業を共同でやることで、新人さん同士が仲良くなる、という効果を狙っている、という人事部の方もいらっしゃいました。

・・・

必要なのに、なかなか教えてもらう機会の無い、「商品紹介文の作り方」。

この春、みなさんで学んでみるのはいかがでしょうか?

「ことのは塾」の研修会の詳細&お申し込みはこちらのページからお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください