【価値観に共感!】: 「従業員が幸せになること以外に経営の目的はない」JAL 稲盛社長(当時)

 ダイヤモンド・オンラインにこんな記事がありました。

タグ・ホイヤー イブニング・ビジネスサロン

従業員が幸せになること以外に経営の目的はない


http://diamond.jp/articles/-/33740

この中で特に印象に残ったのは、当時、JALの社長だった稲盛和夫さんが『 従業員が本当に幸せになってくれること以外に目的はないんだ 』と言い切ったというエピソード。

当時のJALと言えば、経営が行き詰まり、企業再生支援機構から出資を受けているという時期。

普通の経営者なら、息を潜めて、世論から攻撃されないようにじっとガマンしているような頃です。

しかし稲森さんは違いました。

「社員の“幸せ”が大切だ」ということを言い切って、JALに残った社員の士気を上げました。

今、“過剰に”「お客様主義」になっている企業や店舗は少なくありません。

お客様のため、と言えば聞こえは良いのですが、「お客様からクレームがこないように」、「できたら、何も起こらないように・・・」と、“ ことなかれ主義 ”になってしまっている企業も・・・(TдT)

会社は、そこで働く人のためにあり、

事業は、お客様を含めた“仲間”のためにある。

会社のやりたいことを実現できるよう、社員は自分の持つチカラを十分に発揮して、

一方で社員が自分のやりたいことを叶えられるよう、会社は持っている“資源”を惜しみなく投入する・・・

お客様も、単なる「消費者」、「お金を払って利益を得る人」という存在ではなく、会社や社員と一緒に何かの“価値”を生み出すための「仲間」となって動く。

会社 – 社員 – お客様

その三者が互いに助け合い、支え合い、幸せになっていく・・・それが“理想”ではないでしょうか。

記事の中では『 楽しく働く 』ということについても言及されています。

楽しく働く、ということは何も「面白おかしく」ということじゃない。「厳しい試練や、挑戦も楽しもう」という意味です

この言葉も私は非常に感銘を受けました。

ともすると、仕事 = つらく苦しいコトをやること と思われています。

楽しく働く、と言うと、手を抜いてラクに働くこと、と思われてしまいます。

でも、本当に楽しいのは「シリアス・ファン」。

真剣に楽しむことではないでしょうか。

幸い、現代は「厳しい試練」や「挑戦しなくてはならないシチュエーション」には事欠かない時代です (^_^;)

真剣に楽しんで、社員もお客様も、みんなが幸せな世界を創っていきましょう!

 

— “想い”を伝えるマーケティング ~ ことのは塾

山梨栄司

社内で想いをひとつにしたい…

お客様と上手にコミュニケーションを取っていきたい…

みんなで積極的に動けるチームをつくりたい…

そんな方が社内で開催しています。

「ことのは塾」想いを伝えるマーケティングセミナー


あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください