メキシコの定番惣菜「チレス・レジェーノス」

「トウガラシ讃歌」(山本紀夫 著)より。

メキシコのお惣菜「チレス・レジェーノス」。

超ジャンボ唐辛子の中にお肉や野菜、チーズなどを詰めてフリッターにしたお惣菜。

 

世界のトウガラシを使った食文化について書かれた本「トウガラシ讃歌」

この本の中で、「チレス・レジェーノス」を知った。

トウガラシはメキシコが原産。

そのためメキシコにはトウガラシの料理が多いという。

確かに。なんだか辛そうな料理が多い感じがする。

 

私はメキシコの食文化が好きで、いろいろ調べてみているつもりだったけど、この料理は本を読むまで知らなかった。

メキシコでは定番のお惣菜らしい。

カラーの画像が欲しくて、ネットで調べてみたらたくさんあった。

サルサソースとの色合いもあって、どの画像を見てもとてもおいしそう。

 

しかし、ジャンボトウガラシを丸で使うなんて、辛くて私には食べられない。

さすがメキシコの人は違うな・・・

と思っていたら、

どうやらこの種の唐辛子は辛みが弱いもののようだ。

しし唐のようなものらしい。

そりゃあこのサイズの唐辛子を丸で食べるような料理は無いだろう。

いくらなんでも辛すぎる。

 

・・・だけど結局は、詰め物の中にトウガラシが入るし、辛いサルサソース浸しになるので、やっぱそこそこ辛いだろうと思うけど。