アフリカ エチオピアの朝ごはん屋さん。

MarkWiensさんの動画、「migrationology」より。

アフリカのエチオピア。

車が通っている朝の街中の道路の端で、堂々とお店を広げている。

火を使う場所と、まな板を置くスペースがちゃんと取られていて、お店のお母さんはたぶん低い椅子かなにかに座っている。

アウトドアクッキング状態。

すごく簡易的なお店で、なんだか逆に無駄が無くて潔い感じがしてしまう。

使っているのはペコペコにゆがんだ薄っぺらい鍋。

だけどそれで何品もつくっているからすごい。

出来上がった朝食プレートは、ジャガイモと卵を炒めたものと、トマトソースの料理。

コッペパンにはさみながら食べるようになっている。とてもおいしそうだ。

 

おそらくこのお母さんの子供だろう、かわいい男の子がウロウロしていて、カメラに向かって笑っているのが素敵だった。

とてもエネルギッシュで明るく、また、ほほえましいシーンだったので、この回は何度も観てしまった。

 

 

MarkWiensさんの動画、「migrationology」