ロシアのサラダは角切りで食べやすそう。

「世界の食文化 ロシア (農文協)」より。

ゆでたまご、チキン、ジャガイモなどを角切りしてマヨネーズで和えた「オリヴィエサラダ」。

ビーツと角切り野菜の赤紫色サラダ「ヴィネグレット」。

ロシアの代表的なサラダなのだそうだ。

どちらも角切りで食べやすそうな感じ。

 

「オリヴィエサラダ」は、オリヴィエシェフの考案したもので、亡くなるまでレシピを公開しなかったから、本当のレシピはわからないんだとか。

みんなそれぞれで「こんな感じじゃない?」って作ったのがオリヴィエサラダなのだそう。

中には「私の作ったサラダこそオリヴィエサラダだ!」って言ったりしたのだろう。

謎があっておもしろい。