【よくある質問でつくる商品紹介文】~ 女性や子供でも扱えますか?


商品紹介文を書く時に使える「よくある質問」。今日の“質問”はこちら!

『女性や子供でも扱えますか?』

近年、女性のファンが多くなっているDIYの世界。

DIYをする女性の動画がたくさん配信されるなど、女性や若い人にもとても身近なものになってきています。

元々は“技術を持っている、限られた男性”がメインだったDIYの世界。
それを女性や子供にも広げたことでDIYの世界は客層を大きく拡げることに成功しました。

あなたの商品・サービスでも、「元は女性向けの商品だったけれど、男性にも対象を広げた」、「最初は大人のお客さんだけを想定していたけど、お子さんが来ても良いようなサービスに改良した」といったように、客層を拡げた商品・サービスはないでしょうか?

もしあるのなら、ぜひこの質問で商品アピールをしていきましょう!

Q. この電動ドリルは女性でも扱えますか?

A.はい、女性のご愛用者様もたくさんいらっしゃいます。

女性人気が高い理由は3つ。

1)270gと軽く、コードレスタイプなので、女性でも取り回しがラクラク。

2)電動工具は怖い・危険と思っている女性ユーザーのため、「速度切り替えレバー」をつけました。

3)デザインは女性スタッフが担当。ピンクや蛍光色ではなく、落ち着いたモノトーン。

このように書かれていたら、「女性向けの製品なんだな」、「女性のワタシに合っているんだな」ということが伝わりますね。

・・・

「我が家でも使えるのかな?」と心配になるようなモノも、このQ&Aを書いておくことで安心して買っていただくことができます。

たとえば…

Q.ランニングマシンをマンションで使いたいと思っています。下の階に音が響くことはありますか?

A.室内や夜間に使うことを想定し、スプリングを強化したモデルですので、使用時の音が響きにくい構造になっています。

もしご心配でしたらオプションの「静音マット」を併用下さい。より静かにご使用いただくことができます。

※ 実際に使用している様子の動画がございますので、こちらも参考になさって下さい

・・・

使用するのに何かしらの“条件”がある商品の場合、それを購入前に知っておいていただかないと、“返品”や“クレーム”につながってしまうということもあるでしょう。

しかし、お客さんは意外とそういう説明を読まないことも少なくありません(^_^;)

「そんな条件があるとは知らなかった」と返品や解約をされてしまうのは、売上的にも精神的にもダメージ…。

そこで、説明文をあえて「よくある質問」のカタチにして、ちゃんとわかっていただくようにしていきましょう。

Q. この動画配信サービスは、1つの契約で何人が同時に視聴することができますか?

A. 1契約で同時に視聴できる(パソコン・スマホ)のは「2台」までです。

また同じ作品を同時に2台以上で見ることはできません(※別作品を同時に見るのは可能)

サービスの説明文にも書いておき、さらに「よくある質問」でも書いておく…“条件”をちゃんと理解してから購入・契約していただけるようにするためには、そのような工夫も大切です。

『女性や子供でも扱うことができますか?』

新たな客層に向けて改良した商品・サービスなら、ちゃんと「その人たちに向けた商品」であることをアピールしていきましょう。

使用するのに“条件”がある場合も、明示しておくのが大切です

— 「ことのは塾」 山梨 栄司


あなたの商品の魅力、言葉にします

今、新たにホームページやネットショップを持つ会社やお店が増えています。

「ことのは塾」にもホームページ制作のご依頼が多く寄せられておりまして、この春のスタートに向けて準備を進めています (*^^*)

コロナをキッカケに生活が変わり、欲しいモノ、買うモノ、買うトコロも変わってきています。

今までホームページやネットショップを必要としていなかった飲食店や農家さんなども、自前のHPを持ち、自分のネットショップで“販売”をするようになってきました。

ここで一つ、確認しておいていただきたいことがあります。

『 あなたの商品は、写真がキレイなら売れますか? 』

インスタグラムで売れているモノ = 写真が良ければ買ってもらえるモノは、実はごく限られたモノでしかありません。

ファッション、アクセサリー、見栄えの良い食べ物・・・そういった商品は、写真の映りが命。

美しい写真だけで売れることがある商品です。

でも・・・

あなたの商品は「見栄えが良ければ売れるモノ」でしょうか?

「写真に写らないトコロにこそ、魅力がある商品」ではないでしょうか?

写真が良ければ売れるモノは、確かにあります。

そういった商品の方が画面や紙面に映えるので、マスコミにもよく取り上げられます。

でも、世の中の大半の商品やサービスは、「その魅力が写真には写らない」ものですよね?

写真だけでは魅力が伝えられない場合、その写真に添える“言葉”が大切になってきます。
( 今、流行りの「動画」や「ライブコマース」だって、“言葉”がなければ、100%の魅力は伝わりません )

でも、いざホームページに「魅力的な商品紹介文」、「お客様の気をひくキャッチコピー」を書こうとすると、なかなかスムーズにいかないことも多いです (^_^;)

そんな時は、ぜひ「ことのは塾」を呼んで下さい!

「 どんな人が作っていますか? 」

「 他より高い(安い)のは、何か理由があるのですか? 」

「 どんなところが他の商品と違いますか? 」

といった“質問”をしながら、あなたのお店や会社、あなたの商品の「魅力」を一緒に見つけ出して、“言葉”にしていきます。

・ ホームページ
・ チラシ
・ 看板 / のぼり
・ パッケージ
などを作ることができます。

興味を持っていただけましたら、こちらのページに詳しい内容が載っております。
ぜひ参考にしてみて下さい (*^^*)

--- この冬、“オンライン講演”のご依頼を銀行や商工会議所、県庁や市役所などからいただいております。

「ことのは塾」はオンラインでの「商品紹介の“言葉”」「“想い”を伝える言葉選び」の講演や研修、ワークショップに数年前から取り組んでおります。

オンラインセミナーのご依頼が増えていくにあたって、カメラやマイクなどを強化し、参加される方に「見やすく、聞き取りやすい」オンラインセミナーをお届けできるように努力しております。

何度かオンラインセミナーを開催していく中で、たくさんの“失敗”も経験してきました (^_^;)

(参加者がなかなかライブ会場に入れなかったり、音声が聞こえづらかったり、スマホで参加する方が画面が小さくて見づらかったり・・・)

その経験を活かしながら、より良いオンラインセミナーができるように日々、バージョンアップをつづけております。

【 よくある質問 & ご要望 】

Q.弊社でオンラインセミナーを開催するのは初めてなのですが、準備段階から参加してもらうことはできますか?

A.多くの企業や役所の方が「はじめての開催」という状況です。ぜひ、安心して下さい (*^^*)

ZOOMの使い方の講習や、事前の接続テストもすることができます。お気軽にご相談下さい。

Q.基本的には対面でやる研修だけれども、直前になってオンラインに変更になるかも知れません。そのような場合でも対応してもらえますか?

A. はい、このような状況下ですので、「対面での構成」、「オンラインでの構成」の二段構えでセミナーの内容を用意することもできます。

直前になってオンラインに変更になっても、こちらのオフィスから配信することができますので、どうぞご安心下さい

「ことのは塾」の講演(講師派遣)について詳しくお知りになりたい方は、こちらのページをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください