自社商品をほめ倒そう!
【自社ほめ】~ 男性/女性、“限定”しません!

「男女差別をなくしていこう」 そう言われるようになった昨今、商品やサービスも「男性向け」、「女性向け」という“くくり”が取り払われているように感じます。 ・ 女性がひとりで入りやすいような工夫をしている居酒屋 ・ 男性客が入りやすいネイルサロン ・ 男性用の「化粧品」 ・ 女性用の「トランクス」 のように、男女の垣根はだんだん取り払われてきています。

自社商品をほめ倒そう!
【自社ほめ】~ “初心者”にやさしい○○です

世の中には日々、新しいものが生まれています。 新しい仕事、新しい趣味、新しいスポーツ、新しいアプリ、新しい言葉・・・ 新しいモノ・コトが次々に生まれている…ということは、それだけ“初心者”も生まれている…ということになります。 “初心者対応”がしっかりしているということは、他社に比べて、大きな アドバンテージ。

自社商品をほめ倒そう!
【自社ほめ】~ “シニア”にやさしい○○です

2025年には、3人に1人がシニア(65歳以上)となる、わが日本。 お店や商品、サービスにも「シニアにやさしい」ことが求められるようになってきています。 「朝が早くて、夜も早い」、「目がよく見えない」、「人生経験が豊富」・・・ そんな特徴を持つシニアのお客様・・・あなたの商品・サービスはどんな風に 対応していきますか?

自社商品をほめ倒そう!
【自社ほめ】~ オーダーメイド、できます。

あなたがもし“オーダーメイドできるモノ”を扱っているのなら、ぜひそれを大きくアピールしていきましょう。 ポイントになるのは、「 お客様は、なぜオーダーしたいと思うのか?」 「“どこを”オーダーメイドできるのか?」を伝えるだけでなく、 オーダーメイドだからこそ実現できるコト、解決できる悩みを描くのが大切です!

自社商品をほめ倒そう!
【自社ほめ】~ “シンプル”なのがいいんです!

iPhoneのような“シンプルさ”がウリの商品も出てきて、「あ、シンプルなのもいいな」と多くの人が思うようになりました。 もちろん多くの機能がついていることでメリットを受けられる人も多くいるでしょう。 でも、シニアの皆さんや、初心者の皆さんは、“シンプルでわかりやすい”方がありがたいことが多いでしょう。 その他にも・・・

自社商品をほめ倒そう!
【自社ほめ】~ こんな“夢”を持っています。

「 みんなが木の家を建てることで、地域の森を豊かにしたい 」 そんな“夢”を持っている、建築設計士さんがいらっしゃいます。 ただ木の家を多く販売したい、というだけでなく・・・

自社商品をほめ倒そう!
【自社ほめ】~ これが“リピートされる理由”。

一人のお客様が何度も買ってくれる・・・ 同じ取引先から、何度も発注がかかる・・・ そんなあなたの商品・サービスは、“リピートされる理由”があるからこそ、もう一度買ってもらえるのでしょう。 その“理由”は、取りも直さず、あなたの商品の“ほめポイント”。

自社商品をほめ倒そう!
【自社ほめ】~ W(ダブル)です!

商品名や商品特長に「W(ダブル)」がつくモノは少なくありません。 私たちも ・ ダブルの効果! ・ ○○が2倍! といった言葉に弱いですよね (^_^;) あなたの商品・サービスで、 「 ○○が2倍入っています! 」 「 △△がこれまでの2倍です! 」 といった要素はありませんか?

自社商品をほめ倒そう!
【自社ほめ】~ 長い時間、かかります。

「 園内には小さなお子さんが遊べる遊具がいっぱい! 1日では遊び尽くせないほどのレジャーランドです 」 といったように、全部遊ぶには“時間がかかります”ということをアピールすることもできます!